JEFSPIRIT News

ジェフユナイテッド市原・千葉とサッカーに関するニュースと雑感記



2016年J2第6節 ●1-2 セレッソ大阪

image

U-18観戦を終えて、びしょ濡れでユナパから戻ると、前半5分くらい。
にもかかわらず、嫁さんからは「ずいぶんシュート撃たれてるよ」と。
ホントだ、もう3本くらいカウントされてる。

メモ帳が、ユナパで浸水してしまったので、今日はメモとってませんが、前半はなんだかバラバラでセレッソペース。セレッソのボールの出しどころに全然プレスがかかっておらず、アランダと山本のところを飛ばされてしまって、元々スピード対応に難のあるディフェンス陣が、セレッソの外国人勢と、柿谷、杉本の餌食になっている。

跳ね返すのが精一杯で、波状攻撃を喰らっているうちに、新外国人のソウザにセットプレー絡みで2点を奪われてしまう。年に何度かある、誰がどうこうと言うよりも、全員が悪いタイプの前半。
しかも、終了間際には、山本が足を傷めて自分からピッチを出てしまう、これは参った。

後半、その山本に代えて富澤。
さらに、やや相手の攻撃陣に狙われていた感もある、小池に代えて吉田。
ビハインドを奪い返すべく交代で打開を図ると、ものの1分。右からのボールをアランダがペナルティエリア深くまで持ち込んで、中のエウトンに合わせて、早々に1点を返す。セレッソが若干引いてきたせいもあってか、後半は五分五分以上にジェフが押し込み、チャンスを作る。

中でも、船山がGKと1対1になって、アウトにかけて放ったシュートや、サインプレーのCKからエウトンがドンピシャで放ったシュートはいずれも決定的。ただ、いずれもキーパーにセーブされて、得点が奪えなかった。

前節の群馬戦もそうだが、悪くないけれど、決めきれない。
そして、結果的にほとんど複数得点が無いのは、もう一段階このチームに成長が必要と言うことだろう。

興味深かったのは、負けている状況で、関塚監督が切ったカード。
スーパーサブになり得る井出ではなく、北爪を入れる事で、システムを3-5-2へシフトチェンジしたこと。
富澤が、近藤とイと3人でディフェンスを組み、左に阿部、右に北爪。
ボランチにアランダと長澤が入るような形だった。

正直、あまり機能したとは言えなかったが、今後のオプションとしては面白い。
ただ、今日のセレッソを見ている限り、井出を入れてかき回したほうが、同点のチャンスは高たったように思う。
中は、シンプルに固められていたので、エウトンと吉田のパワープレーでは、一つ外すのが難しかった。
そこはちょっと残念だったし、井出も消化不良感あったろう。
でも、怪我人が無ければ、また交代も違ったかも知れない。

これでセレッソと勝ち点で6離されてしまった。
厳しい敗戦だ。

個人的には、今季単体と言うよりも、大きな変革を行ったジェフが、2〜3年のスパンで、高橋GMの語る方向性にブレずに進んでいるのかを注視している。だから、敗戦がどうこうよりも、少し流れが悪くなったときに、どう改善を図るのかが楽しみであったりする。

敗戦の中にも、エウトンの初ゴールや、新しいシステムオプションのテストもあった。
ポジティブに考えて、次の試合で良いところを見せて欲しい。
まず見たいのは、久々の複数得点。
惜しい、ではなく、決めて、サポを楽しませて欲しい。 
JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

高円宮杯U-18サッカーリーグ2016千葉・第1節 ○2-1 東京学館高校

image

昨年悔しい思いをした、U-18。
早いもので、今年も県リーグの開幕となりました。

トップのセレッソ戦と日程が重なっていたので、応援は少なかったですが、
少数精鋭のメンバーの末席に混ぜて頂いて、久々のユース観戦となりました。
メンバーはこんな按配。

image

基本的にはオーソドックスな4-4-2。
主将の菊池選手がセンターバックに入り、柳田健太郎選手とセンターバックを組みます。
中盤のキーマンは、左の中村選手。ドリブルも、キープも、シュートも出来、ゲームを組み立て、
前線には、サイズのある小澤選手と、スピードのある、榎本選手。

image
 
昨年のリベンジを期して、選手・スタッフ全員で円陣。
また長いようで短い1年のスタートです。

さて、前半の入りは東京学館ペース。
積極的に前に出てくるので、そこまで決定的なピンチはないものの、ゴールキックの本数が増えます。
7分までに既に5本。どうも、局地戦で後手を踏んでしまい、まあ仕方ないっちゃ、仕方ないんですが、ナヨっとした当たりでボールを奪われてしまったり、クリアすることに焦ってしまって、ラインを割ってしまったり、相手に渡ってしまうような、危なっかしいパスが続きます。

新チームなんだから、と言う思い半分、佐藤兄弟や阿部ら、歴代の先輩選手たちの姿を思うと、ああもうガツンと行けよと言う思いが喉元まで出てきます。

ベンチもしばらくは様子見で静かでしたが。
20分と持たずに、エジさんから激が。
「慌てることはない!」
「○○!顔出してやれ!」
「奪ったボールは、逆サイドをみよう!」
いつものように、ピッチに声が響きます。
ほんとに、選手達が、これっくらい声を出してくれたら、エジさんも安心なんでしょうが。。。

その声に、徐々に落ち着きを取り戻したか、
20分には、右からのクロスボールを9榎本がヘディングシュート。
25分にも 、9榎本が中でボールを受けて、反転しながらシュートも相手のブロックに。

36分、11中村から、9榎本に左クロスも届かず。
37分も、11中村の突破から、9榎本に合わせようとするも上手く合わず。
一進一退と言う感じでしたが、前半はそのまま45分が終了。

東京学館のフィジカルと出足に結構戸惑ってる感じでしたが、上手く乗り切った感じかなと。

image

後半に入る前、おゆみ野方面に真っ黒い雲が。
これは、一雨来るかなと思ったら、案の定にわか雨が来てしまいました。
結構、大粒の。

image

後半開始と共に降り始めた雨で、ユナパは真っ暗に。
前半途中までは、陽も差したりしてたんですが。

後半の開始、19越後から大きな声が飛びます。その意気やよし。
そして、4分、待望の先制点が決まります。
5深川選手のコーナーキックを、18古川選手が頭で合わせてゴール。
歓喜の輪が広がります。

けれど、東京学館も負けずに、15分、FKをゴール前に蹴りこむと、キーパーと相手選手が交錯しながら、ボールはゴールに収まってしまい、すぐさま同点とされます。

ベンチからは、相変わらずエジさんから大きな声。
ボールを奪ったら、逆サイドに展開するよう、指示が飛びます。
雨はますます酷くなりますが、逆にこう言う重馬場の方がジェフには合っているのか、むしろ攻勢に火がつきます。面白いのは、試合中にも関わらず、ワンタッチのパスの精度、スピードが段々に合い始めているように感じること。そんな目に見えて成長するわけも無いんですが、気持ちがノってくると、徐々に本来の力が沸いて来るんでしょうか。
足を吊る選手を出しながらも、ジェフが攻勢を続けます。 

image

左でボールをためて、右を走らせ、それと同時にFWもDF裏を狙うような展開。
エジさんのアドバイスが、形になりだしている感じで、何度かチャンスを作ると、
27分、タテパスに抜け出した9榎本が、スピードを上げてキーパーと1対1に。これを沈めて、再びリード。
ファインゴールでした。

その後は、反撃に出る東京学館を、交代で時間も使いながらいなす展開。
36分には、また5深川のFKから、4柳田が頭で合わせる惜しいシーン。
41分には、11中村が、左から巻いたシュートで狙うも枠外。

逆に残り5分と言うところで、東京学館に際どいミドルを撃たれたり、セットプレーから押し込まれそうになったりと、危なっかしいシーンも幾つかありましたが。大脱走を歌い上げつつ、何とか逃げ切りに成功。
辛勝でしたが、リベンジに向けて、貴重な勝ち点を得ることが出来ました。

image

勝利のでんぐり。
試合が終わる頃には、雨も上がっていました。

さて、今年はどんな一年になるか。
どんな選手が出てくるか。
いい意味で、予想外な一年になるよう願っています。 
JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

2016年J2第5節 ▲0-0 ザスパクサツ群馬

ドローの時、「△」とするか「▲」とするか。
一年並べてみると、戦績表の印象も随分変わりますが、昨日は「▲」のゲームでしたかね。
勝ち点2を失ったゲームと言うことで、厳しく行きましょうか。

image
さて、前節松本にアウェイで勝利しての一戦。
メンバーは変わらずで、だいぶ固定して来ました。

サブには、GKにぐぴおさんが今季初めてのベンチ入り。
スタジアムからは一際大きな声援。自分も、大声出しました。
また、阿道がU-23遠征中の為、菅嶋(スガジマ)が初のベンチ入り。
一方、ヤマトはベンチ外に。一層の奮起が必要と言うことでしょうか。

対する群馬は、非常に若いメンバーが揃い、シーズン前は苦戦が予想されたものの、ここまで粘り強い戦いで勝ち点を積み重ねている厄介なチーム。去年は2敗していることもあり、今季はリベンジを果たせるか。

試合は、群馬のコートチェンジへのブーイングからのスタート。
このあたり、群馬から「何としても負けない」と言う執念が伝わって来ます。
ジェフサポからすれば、小憎たらしいですがね。


試合の記録は、8分、GK佐藤優 がバックパスをコントロールし損なって、あわやゴールと言う危なっかしいシーンからメモがスタート。いや、これが入っていたら、決勝点と言う笑えないシーンでした。

それから先は、基本的にジェフが圧倒的に主導権を握って、群馬を攻め立てる展開。
ただし、決定的と言えるシーンは、攻めている時間のワリにはそう多くなく、群馬はガチガチに引いていると言うよりは、よくジェフの攻撃を上手く受け止めている感じ。こう言う展開、彼らは予想してたんでしょう。

手元の集計でジェフの前半のシュートは7本。
一番惜しかったのは、26分の多々良のクロスを、船山がヘッドで捉えたシーン。
キーパーに腕一本で弾かれてしまったけど、あと一歩。

逆に、一番危なかったのは、39分の草津の20番石川のミドル。
ディフェンスが上がってきて、ミドルを撃ってくるあたり、油断が出来ない。

ジェフは、アランダ&山本のドイスボランチが、よくボールを拾えていて、波状攻撃を仕掛けられていたので、全体として出来は悪くないと思います。けど、奪って、サイドに展開したところで、渋滞してしまって、なかなか崩し切れないか、早めのクロスが相手のディフェンス網に引っかかって弾かれてしまい、なかなか糸口が掴めない。

0-0のまま前半が終了。
消化不良感の強い前半。

後半に入っても大きな展開は変わらず。
両軍とも、1点を奪いに来ていたので、CKやオフサイドの記録が増えてゆきます。

先に動いたのはジェフ。
13分、吉田に代えてエウトンを投入。
前節松本で、すっかり不貞腐れていたので、大丈夫かなとも思いましたが、お灸を据えられたか、今日のエウトンはまあまあでした、前線で基点となって、周囲にボールを散らすプレーのほか、決定的なシュートも撃っていましたし。

そして、この試合最大のチャンスは、21分。
アランダが奪ったボールをドリブルで持ち込み、エウトンが、左でフリーの船山にパス。
キーパーも完全に交わして、合わすだけでしたが・・・ミートせずに、ノーゴール。

派手なボレーを決めることもあれば、イージーなシュートを決められない。
斑っ気があるストライカーって意味じゃ、タイプは全然違うけど、ハースを思い出しました。
しかしまあ、これが決められていれば。残念。

決定的なチャンスを逃したジェフは、27分に井出を投入。
相当、ストレス溜まってたんでしょう。
スタンドの声援にも押されて、井出、キレキレ。 

35分には、カットインから右足でファーのポストを巻くようなミドルシュート。
僅かに外れ。
36分には、船山からのパスを、エウトンに合わせて、決定的なヘッドを引き出し。 
41分にも、井出からエウトンでヘディングシュート。
さらにロスタイムにも、左で抜け出してシュートも、キーパーに弾かれる。

もう少し、井出の投入が早くても良かったかも。
交代した小池の出来も悪くなかったけれど、群馬のディフェンスを崩すには、井出のようなより意外性のある選手が有効だったようにも思います。

群馬は、若い選手が多いのに、焦りもあまり感じられず、時間が少なくなってからは、ドロー狙いに切り替えて時間を消化。「アウェイで勝ち点1なら悪くない」と言う考え方で、チームが統一されていたようで、なかなかにしたたかでした。まんまと、彼らの策通りのドローになってしまいました。

image

試合全体としては、ジェフは、悪くない攻撃を仕掛けていました。
左からのタイスケのクロスくらいしか手立ての無い去年と比べれば、手数もバリエーションも多いと感じましたし、勝利まであと一歩までは迫れていたと思います。

ただ、ホームで勝ち点2を落としたのは、「精度不足」。
特に今日は、連携よりも、個人のと言う感じでした。
自我の強いストライカーだけに、敢えて期待をかけていうならば、今日は船山が決めていれば勝っていた試合。
今日を糧にして、多くの歓喜を呼び込んでくれれば、と思います。

他の選手たちも、もっと彼のように我を出して、シュートを撃って欲しいですね。
そろそろ、2点、3点と入るゲームも見てみたいものです。 続きを読む
JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

2016年J2第4節 ○1-0 松本山雅

image

アルウィンは、ジェフの準ホーム時代から何度か行ってますが、さっぱり勝てない事ばかりが記憶に残る場所。
御大時代にも勝てなかったっけなあ。
山雅が、というより、アルウィンが難攻不落でしたが、ようやく勝ちが観れました。
やれやれ。

image

さて、スタメンです。前節と変わりなし。
サブには、北爪と阿道が復帰。

対する松本は、オビナがまだ負傷から戻る事が出来ず、浩平がトップ下に構える4-5-1の布陣。
戦力的には苦しい状況であったと思うのですが、そこは反町監督。
ジェフ対策十分で、ゲームに臨んで来ていました。
(修正できずに、まんまとハメられたジェフも、正直無策とも感じましたが。。。)

さて。

ゲームはのっけから、まず松本がシュートを放って、景気付け。
対するジェフも、2分と4分にコーナーキックを得て、松本ゴールに迫るものの、得点には至らず。
前線では、古巣相手に気合十分の船山が、序盤から相手DFを積極的にチェイスして、緑色の壁のような松本サポに向けてゴールを奪わんと、隙を窺い続けています。

しかし、時間と共に、展開はやや劣勢に。
その要因になったのが、ジェフの左サイド。

前節から、井出に代わってスタメンで出ている長澤は、正直真ん中に向けて絞りすぎ。
ほとんど、トップ下のような位置取りをしていて、たまに左に戻る感じ。
そうなると、左SBの阿部翔が、一人で何役もこなさなければならないようになって、田中ハユマや、浩平、さらに厄介な動きを見せる宮阪らにトライアングルを作られるような感じで劣勢を強いられ、それのカバーにCBの近藤が釣り出される悪循環。

10分には、その阿部翔のミスパスから、ワントップの山本に抜け出され、決定的なピンチを迎えるも相手の精度不足に事なきを得、さらに21分にも浩平に阿部翔のウラのスペースにパスを通されるなど、この前半の10〜30分くらいまでの20分間ほどは、同じパターンの攻撃を喰らい続け、松本ペース。

29分に、ようやく吉田がシュート、こぼれ球に船山が詰めるチャンスを得て、やや盛り返すも、
44分には、前半最大のピンチ。コーナーキック。浩平から宮阪へ細かいパス。その宮阪が上げたクロスを、ヘディングで完璧に合わされるも、辛くもバーに当たって、ここも失点には至らず。

チャンスが無いわけではないものの、やや敵の術中に嵌められた前半を何とか凌ぎます。

迎えた後半は、交代無し。
松本は、あと一歩を埋めるために、スタートから攻勢。
0分にコーナーキックを奪ってシュートまで持ち込み、4分・5分に立て続けに20番石原が素晴らしいスピードでジェフの左翼を突破して、ゴールに迫ります。

対するジェフは、若干長澤の位置が左寄りに修正されたか?
左で、長澤と船山がボールに絡むシーンが増えて、じわりじわりと、松本ゴールに迫ります。
この二人、何と言うか、敵にすると嫌な感じ。二人とも、なんだか相手を値定めするような、小馬鹿にするような、見下すような・・・何と言うか、笑いながら人を刺すような・・・とにかく、嫌なボールタッチで、相手を崩す、波長が合ってるように感じます。

そして、6分には、その長澤のクロスから、中央へ駆け込んで来た小池が決定的なヘッド。
真後ろで見てましたが、ほんとに僅か。
ゴールの角にかすめるぐらいのところをボールが過ぎてゆきました。

攻勢の中で反撃を仕掛けられ、にわかに松本の腰がひけたところに、ジェフのさらなる攻撃が加えられます。
10分、先制点。中盤深く、山本からのタテパスを、長澤が右の小池にはたき、小池のクロスに船山が詰めようとしたところを相手がブロック。こぼれたボールに、パスを出した山本自身が、長い距離を走って詰めて、ボレーで叩きつけるファインゴール。

山本は、そのままゴール裏に向かって喜びを爆発させ、サポも大勢雪崩れ込んで、ゴールを祝福していました。
あとでサポ仲間とも話をしましたが、こうして一つずつ、喜びを共有することで、山本もまた、「ジェフの山本」になっていくんだろうなぁと、そのごちゃごちゃっとした喜びの輪を見ていました。

先制したジェフは、そこから攻勢をさらに強め、12分にはアランダのパスから長澤がペナルティエリアまで侵入。
13分には阿部翔のふんわりしたクロスに吉田が上手く合わせてシュートを放つも、力なくキーパーに。
決まっていたら、ファインゴールと言う展開でした。
16分には、長澤のパスから、小池がクロス、21分にも小池のクロスに中に2人と言うシーンを作るも、追加点ならず。なかなかシュートまで至らないので、記録上はかなり劣勢に見える試合ですが、時間帯ごとで切り取ると、だいぶん印象が異なります。

ただ、20分過ぎからは、待ちに待ったホーム開幕で勝利を目指す松本が、意地の反撃に。
それをジェフも受けてしまって、ひたすらに、松本のシュートと、CK、クロスの記録が手元のメモに並んでます。

ジェフは、29分に山本を勇人に代えて守備のバランス取りと、運動量を補いにかかります。
攻めさせて、カウンター狙いと言った構え。
しかしながら、コントロール出来ていると言う感じではなく、何とか凌いでいる感じ。
相手の精度の無さに助けられるシーンも多く、この試合でも守備陣のスピード不足は感じました。
夏になったら、ちょっと厳しいかな、この面子は。

時間は流れ、終盤の逃げ切りモードに。
40分には、船山から井出に交代。
さらに、44分にエウトンを投入したのですが・・・かなり問題ありでした。
スタメン落ちして、気持ち切れちゃってるでしょ、エウトン。

帰り仕度でもしてたか、ベンチから呼ばれてもなかなか姿を現さず。
ベンチ前でも、もそもそとなかなか着替えず。
終盤の逃げ切りの大事なシーンで投入されたのに、ロクのチェイスもせず。
最後の最後の1対1のシーンも、時間稼ぎでゆっくり行ったと言うよりは、気を抜いて追いつかれたようにしか見えず。。。間違いなく良い選手だと思うけど、ちょっと、かなりメンタル面が。。。監督、スタッフは、よく彼のことケアしておいてください。正直、こう言うプレーは見たくないです。最後でケチが付いてしまった。

まあ、エウトンが入って10人で最後戦ったようなもんでしたが、何とか逃げ切ってアルウィン初勝利。
昔々、鹿島とのPSMで勝った事があったくらいで、松本さんからも「今年もヨロシク」コールされちゃうぐらいでしたが。ようやく、今年は千葉銀行にならなくてよかったですわ。ほんとにやれやれ。

試合内容的には、前述の通り左に開いた大穴をはじめ、課題はアリアリでしたが、なんとか勝ててよかった。
オビナが居たら、逆に僅差で負けてたかも知れないですね。
松本は、相変わらずサイドからの突破に決断力のある、良いチームでした。
そして、全周囲を囲んで17,284人を記録したサポーターも。

image

お互い、難しいシーズンになると思いますが、次のフクアリでの対戦時には、試合内容も声援も負けないようにしたいものです。

そうそう、浩平が元気そうで良かった。
相変わらず、シュートはあんまし撃って来なかったので、あの位置で使われてるんだから、もっとガンガン撃って来いよって思いました。そんなもんじゃないだろ?姉崎のマラドーナ。 続きを読む
JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

2016年J2第3節 ○1-0 横浜FC

寒い。跳ねずに、座って観るのってこんなに寒かったっけと再認識。

さて、今日は横浜とのゲーム。
前節は、岡山に1-2 の敗戦、多くのチャンスを作りながらも決めきることが出来ず、初黒星となりました。
そして迎えたこのゲームは、少ないチャンスを点に繋げて、守りきって勝つと言う、ここ2試合とはまた別の展開となりました。

image

スタメンです。
前節からの変更は、エウトンと井出がベンチに下がり、代わりに吉田と長澤が先発。
北爪や、阿道はベンチにも入れず、ヤマトが初めてのベンチ入りとなりました。

対する横浜は、FWに大久保や津田と言った嫌な選手が並び、
ディフェンスは、長身のデニスを中心としたフラットな4バック。
前節よりは、フォーメーションの噛み合わせの良い相手でした。

試合は静かな立ち上がり。
と言うか、試合を通じて、なんだか静かな展開でした。
ジェフは、先発した長澤が左でボールをキープしつつ、周囲の選手を使って、細かいパスの連続で崩そうと言う意思や、そうやって左でキープしたボールを右のスペースに出して、相手のディフェンスを揺さぶろう、などの意思は見えるものの、なかなか意図した形からシュートにいけません。

思うのは、前節まで前線で基点になっていたエウトン がサブに回ったことで、なかなかボールが収まらないと言うこと。吉田が悪いわけじゃなく、タイプが違うから仕方が無い。
エウトンにはあった、周囲が攻撃にスイッチするときの時間的なタメ、余裕が無い。その分、奪われる前に細かくパスだけ回してしまおうとしているように映りました。

手元の集計で前半のジェフのシュートは、五本。
その中で、可能性がありそうに感じたのは、33分に船山がゴール前で細かいパス交換から、DFを交わしてシュートを放ったシーン。これはキーパーの真正面でゴールならず。

それと、36分にCKのこぼれ球を阿部翔がダイレクトシュートで狙ったシーン。
枠に行っていたものの、南の好セーブに遭い、やはり決めきれず。

もう一発は、40分に阿部のクロスを小池が押し込んだシーン。
惜しくもオフサイドとなり、得点にはなりません。

この、30分以降の時間帯は、そこそこジェフがチャンスを作っていました。
けれど、同じくらい横浜も攻めており、そして決められないのもまた同じ。
消化不良感の大きい前半でした。 

サイドでボールを持った時、良い連携もあるんですが、それ以上に3人・4人に囲まれるシーンが多くて。 
早くもサイド封じがジェフ対策として施されているようにも感じました。

そんな中で目立っていたのがアランダ。
この試合でも、何度と無く相手のパスを読みきってカット。
奪ったボールを素早く周囲に展開してリズムを作る、大事な役割を全うしていました。
やっぱり、ちょっと格が違う。


後半開始と共に、まず攻勢を仕掛けたのは横浜。
右からのクロスで危ないシーンを2つ作られ、それを凌ぐと、そこからは逆にジェフが反転攻勢に。

5分、6分と立て続けにコーナーキック。
8分には、山本がループシュートを放ち、
9分にはペナルティエリアで長澤が倒されるも笛は無し。

15分、カウンターから、船山→長澤とボールが渡るも、シュートを打ち切れず。
16、17分には、右からのクロスで揺さぶりを仕掛け、
18分にはFKでトリックプレーを仕掛け、阿部翔が撃つかに見せかけて、逸らしたボールを船山がシュートも、狙い通りに壁をすり抜けたものの、GK南の正面。

ただ、流れは来ていました。
直後の19分、右の多々良のクロスを、逆で待ち構えていた船山が、ダイレクトで振り抜くと、これが見事に逆サイドネットに吸い込まれて、先制点。流れの中から、ようやくチャンスを掴んだゴール。

この流れが続けられて、追加点も取れれば良かったのですが、今日はとにかく慎重な試合運び。

先制の後は、とにかく追いつきたい横浜が、選手交代を矢継ぎ早に行って、攻める意思が薄れたジェフを押し込みます。特に、交代で入ったFWのイバ選手が、身体が大きい上に活きが良くて、スピードに難のあるジェフのDF陣は難儀していたよう。

ジェフも、交代で流れを代えれば良いところ、ベンチはとにかく、安全策。
一切選手交代をせずに、試合は終盤へ。
35分、横浜は、交代で入ったイバ選手が、GK佐藤優と1対1に。GKも交わすものの、シュートを撃てる角度が無くなってしまい、ディフェンスの戻りもあって事なきを得、41分、43分にも、同じような右からのクロスに、中で2人3人が飛び込むと言う、絶体絶命のピンチを作られながらも、相手もシュートを打ち切れず。

相手の詰めの弱さにも助けられ、何とかそのまま逃げ切って、1-0の勝利。
厳しいゲームでした。


やっぱり、プレシーズンマッチはプレシーズンマッチですね。
この3試合、自分たちのペースでゲームの主導権を握って、勝利できたと言う試合は無い。

選手たちも、相手が前に出て来てくれるなら戦いやすいけれどと話していましたが、やっぱり、様子伺いの戦いをしてくる相手は厄介だし、こちらもリズムを作りにくい。
これから先、愛媛や長崎あたりには、今年も苦労させられそう。

メンバー選びで気になったのは、前述のエウトン。
得点は奪えていないし、イエローも2枚出てしまったけれど、前線の基点としての貢献度の高さは、主導権をジェフが握る上で、重要な存在だと思います。早くフィットさせるためにも、使い続けたほうが良いと思えてならないのですが。

今のところ、サンプルとなる試合数が少ないですけど、吉田選手は、途中出場で攻撃を仕掛けたいときの、シンプルに「縦へ」の展開のときの方が、ボールが上手く彼に集まっている感じ。
先発だったこの試合では、真ん中に居て欲しい時にサイドに流れていたり、頑張ってディフェンスをしていた結果、少し後ろのポジションに取り残されて、前線が手薄になっていたりと、ちょっとミスマッチを感じました。

なので、エウトン先発、吉田サブのほうが、活きそうに思えるんですが、どうでしょうか。

長澤の先発については評価が難しいところ。
でも、左MFと言うようりは、やっぱりセンターなのかな、彼の動きは。
難しいですね、使いどころ。


そして、最後にもう一つ。
サブにも入らなかった、阿道、北爪、京雅、岡野ら。
この全取替えのシーズンを、自分たち自身がどう捉えるか。

やっぱり、チャンスと考えて、先発を奪いに行かなければ行けないと思う。
ベンチにも入れないなんてあり得ない、監督やコーチは、俺の何を見ているんだ!ぐらいのアピールを見せて欲しい。そして、試合に出ることが出来たら、ぶっ壊れるぐらいのアピールを見せて欲しい。

昔、高卒や大卒、二種登録でトップのポジションを掴みとった選手たちは、そう言う気概があった。
監督が使いたくなるようなアピールを練習から見せて欲しい。
まだ3節じゃない。もう3節なんだ。 
JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

2016年J2第2節 ●1-2 ファジアーノ岡山

スカパーTV観戦です。

力の似通ったチーム同士の対戦で、攻守の入れ替わりが激しい中、
GKの中林を中心とした、例年通りの堅い守備を披露した岡山が、ジェフの攻撃を凌ぎ切り、
逆にジェフは、急造の守備陣の穴を岡山に衝かれてしまったゲームでした。 

とは言え負けはしましたが、攻撃に関しては、前節よりもやりたいことをやれて居たんじゃないでしょうか。 

image

スタメンです。
前節からは、富澤に代えて、山本がスタメンに。
守備よりは攻撃に重きを置いたメンバー選定だと思います。
アウェイなら守備に重きを、とも思いますが、前節の交代後のプレーが印象的だったからでしょうか。
この富澤⇔山本のさじ加減が、今季のジェフのキーになっていると思います。

さて、試合は前述の通り、一進一退。
特に前半の立ち上がりは、セットプレーもありつつ、双方がやや遠目からでもシュートを撃ちつつ、互いに流れを掴もうとする様相でした。そうそう、2分に押谷が、両チーム最初のシュートを撃ってるんですよね。
その積極性にやられてしまったのは、後から考えるとちょっと残念。早めに、彼をケアできていれば、また結果も違ったでしょう。

ゲームの最初のターニングポイントは、24分のセットプレーからの一連の流れ。
ジェフから見て、左のペナルテエリアの外側から、山本が放ったFKが大介に当たって弾かれ、そこから右に流れて、今度は右からのクロスを、残っていた近藤がヘディングシュート。しかし、これがポストに阻まれてしまいます。

ここを決められ無かったのが痛かった。
ここからの時間帯、ジェフが主導権を握って攻め立て、38分には井出がカットインしながら、ミドルシュートを放つも、わずかに枠外。いずれも、精度を欠いて、得点には繋げられず。

逆に、前半終了間際の44分と45分には、赤嶺と加地に立て続けにシュートを許し、やや岡山にペースを戻されて前半を終えます。

後半に入り、メンバー交代はなし。
3分には、エウトンが、前節に続いて、イエローを貰ってしまい、早くも累積2枚目。
いやな空気が漂ったかと思うと、6分には、鮮やかな岡山の攻撃から失点をしてしまいます。

岡山の右サイドから、左へ大きなサイドチェンジ。
ペナルティエリア深いところで、大介が倒れながらボールを、後ろから進入してくる片山にパスして、シュートと見せかけたGKと、DFラインの密集地帯への速いボールが、押谷の頭にピタリ。完全にDFを崩されて、失点してしまいます。

岡山は、3-1-4-2に近い布陣で、お互いに陣形が噛み合っていないだけに、そこかしこに穴が出来る。
その穴を、サイドチェンジで上手く衝かれて、失点してしまいました。

先制を許したことで、ジェフはさらに攻勢に。
10分には、小池の右の突破から、中には船山、エウトン、井出と3人居たものの、
井出のシュートは枠を捉えられず。

さらに12分には、阿部翔の鋭い弾道のCKから、イ・ジュヨンが強烈なヘディングを見舞うも、僅かに枠外。

その直後には、逆に岡山の押谷が、GK佐藤優の位置を見て、意表を突いたロングシュートを放ってヒヤリとさえるなど、互いにめまぐるしく攻守が入れ替わります。

そして、16分には、決勝点となった追加点。
ジェフのペナルティエリアひ深々と攻め込まれ、左から折り返したボールを、またも押谷がゴール。
0-2と厳しい状況に。

ジェフにもチャンスはあったものの、ここからは決められたか、決められなかったかの差。
17分には、エウトンが左クロスをやや遠目の位置から、ヘディングシュート、これを中林が腕一本で止め、18分にも、CKからの流れで、中林と1対1 の状況が生まれるも、これも体全体でセーブされてしまいます。
ああ、良いキーパーだ。市船なんですよね、彼も。
どうせならオフに獲っておけば良かったのに(苦笑)

関塚監督は、状況を打開するため、19分に井出とエウトンを下げて、前節殊勲の長澤と吉田を投入。
20分には、その2人のコンビで、吉田がシュートするも、中林の守備範囲。

21分には、その押谷に代えて、U23代表の豊川が投入され、スタジアムは一層の盛り上がりに。

24分、ジェフはようやく中林の牙城を崩します。
船山がドリブルで併走する長澤にボールを出し、冷静にGKの位置を見極めてゴール。
長澤は、2試合連続ゴール。前節の逆転もあって、ジェフは勢いづきますが、岡山はそうはさせなかった。

しっかりと守備を固めつつ、前線の豊川の突破力、キープ力を、時間稼ぎの武器として、ジェフを追い込んでゆきます。

終盤、岡山は、久保を投入してさらに前線の運動量、チェイスを強化。
ジェフは船山が傷んでしまい、アドを投入。しかし、この試合に限って言えば、アドはほとんど効果的な動きが出来ず。なんだか、身体が重たそうな感じでした。豊川が良かっただけに、観戦した手倉森監督には、その差が悪い意味で鮮やかに映ってしまったかも。 

ジェフも、最後まで同点・逆転を目指し攻め込んでいましたが、前節のような劇的な展開がそうそうある訳も無く。
岡山が、しっかりと守りきって、1-2で敗戦となってしまいました。残念。


最初に書いたとおり、決めきる事は出来なかったものの、 攻撃は前節よりよくなっていると思います。

特に前半の28分に、阿部翔が、左サイドで、前方のスペースに出したパスなんかは、ポジションを代えて中央に居た井出が、そこに走りこんでくることを予測して出した、意思疎通を強く感じるパスでしたし、 

後半10分、小池のクロスに、船山、エウトン、井出が中であわせようとしたシーン、

後半24分、船山が併走しながら長澤にパスを出し、それを決めたシーンなどは、

その周囲に居た選手が、相手選手を引き付けたり、スペースを作り出したプレー、また、カウンターがカウンターと言えるほどに、スピードを持って攻守の切り替えが出来ていることの証左でもあったので、とても良かったと思います。

反面、失点をしたシーンでは、完全に後手を踏んで、相手に自由にさせていた。
ディフェンスは、連携がまだまだな事もありますが、ジェフがカウンターを仕掛けている事で、守備陣は手薄になっていることもある。そうした時に、各々の選手に対人でのスピードが足りないように感じ、相手のドリブルの上手い選手に振り切られたり、寄せる前に、撃たれたり、クロスを上げられているシーンが見受けられます。

そうしたシーンを、どう作らせないかが、今後の課題でしょう。
今日は、富澤が先発で無かった分、もしかしたら、そのあたり守備が緩くなってしまっていたのかも知れない。
山本の展開力、攻撃力とトレードオフなので、仕方の無い面はありますが。


とにかく残念ながら1つ目の敗戦です。
前節の浮かれ上がった気持ちは無かったけれど、勝ち続けるのは難しいもの。
まして、岡山は、かつての岡山ではなく、メンバーも中林、岩政、加地、大介、押谷、赤嶺、豊川、矢島と、素晴らしい面子が揃っているチーム。その岡山相手に、互角にやれていたことは、急造チームとしてはポジティブに捉えるべきでは。

課題をしっかりこの一週間で見据え、次の横浜とのホームのゲームでは、しっかりと「先制点」を奪って、自分たちの流れで、一試合をコントロールするゲームを見せてもらいたいものです。 
JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

2016年J2第1節 ○2-1 徳島ヴォルティス

image

あのまま負けていたら、監督も、GMも大きな批判に晒されていたかも知れない。
けれど、ロスタイム2分が過ぎてからの逆転劇。
長くジェフの試合を観ているけれど、そうそうお目にかかれるものじゃない。
最後まで諦めず、同点を、勝利を掴む為に戦って得た勝ち点3は、きっと大きな意味を持つだろう。


しかし、劇的な展開を喜んでばかりもいられない、厳しい試合だった。
試合を通じてみると、ジェフ対策をしっかりと施した徳島の守備に苦しみ、敗戦一歩手前まで追い込まれた。

image
 
スタメンは、ちばぎんからボランチの山本が富澤に、センターバックが若狭から近藤に代わった以外は同じメンバー。1年前、このチームに居たのは井出のみ。サブも含めても、彼と勇人だけと言う凄まじい変わりよう。
正直、まだ相変わらず顔と名前が一致しない。

試合は、静かな入りだった。
お互い、出方を伺うような展開で、チャンスの一歩手前までは行っても、シュートまでは撃つ事が出来ない。ちばぎんの時は、もっとタテにシンプルに、速かったのだが、右の小池も、左の井出も、ボールを持つと二人で対応されて、なかなかスペースに抜け出ることが出来ない。

徳島は、しっかりとジェフのサイドをケアしつつ、シンプルに前にボールを運ぶ戦術を徹底していた。
手元の記録では、両チームのファーストシュートは、17分の徳島の攻撃。FKを25番の冨田が頭で合わせたもの。

ジェフも19分に阿部翔のクロスをエウトンが落として、アランダがミドルシュートと言うシーンを作る。試合を通じてだが、エウトンはポストプレーが非常に巧み。足でもしっかり繋ぐし、ヘディングでもスペースを狙ってパスが出来る。必ず、「次」に繋げてくれる安定感がある。

その後も展開は一進一退。
ややシュートシーンはセットプレーから徳島の方が多い。
ジェフは、28分に船山のブレ球のミドルシュートがGKを強襲するも、弾かれてしまい得点ならず。結局、シュートは、アランダと船山の2本のみ。
消化不良な展開で前半は終わっていってしまった。


後半に入り、まず仕掛けたのはジェフ。
右の小池と、左の井出を後半頭から逆にしてきた。
このポジション変更で相手の虚を衝いて、まず1分にエウトンのクロスから、小池がヘディングシュート。さらに、2分にも、今度は井出のクロスから、エウトンが頭で合わせるも決める事ができない。

二つとも、惜しいシーンだった。
そうして、チャンスを逃してしまうと、流れは相手に移るもの。

迎えた11分、エウトンがややアフター気味に相手を倒してしまい、イエロー。
このプレーで徳島が得たFK。ジェフから見て、左サイドから放り込まれたクロスは弾き返すものの、そのボールが相手の冨田の前に。冨田が放ったシュートは当たり損ねのような感じだったが、運悪くディフェンスの体に当たってふわりと浮いてしまい、そのままゴールへ。先制を許してしまう。

流れを変えたいジェフは、17分に一枚目の選手交代。
16小池に代えて、10長澤を投入。ポジションはそのまま。

25分には、この日一番のチャンスを迎える。
阿部翔のクロスから、中央で船山が合わせてネットを揺らすも、オフサイドの判定。
正直、微妙な判定だったが、同点に追いつくことは出来ない。

直後に、9エウトンに代えて、18吉田を投入。
より、シンプルにパワープレーで点を奪いに行くと言うメッセージを送る。
だが、なかなか展開は変わらない。
徳島は、福元を中心に粘り強い守備でジェフの攻撃を潰していく。

31分には、キーポイントになりそうなシーンがあった。
阿部翔のコーナーから、捻じ込もうと、三連続でシュートを打ち込んで行ったプレー。
最後は、井出が当てて浮かしてしまい、ギリギリのところで点が入らない。
これも、入らないとなると、今日はゴールの運が無いんじゃないか、そうも思いもした。

37分、最後のカードとして、15富澤に代えて6山本が投入される。
しかし、流れは変わらない。徳島からすれば、アウェイで40分過ぎまでリード。徐々に時間稼ぎ的なプレーも出始めて、逃げ切りモード。そうやって、J2を勝ち抜いてJ1に上がった事のあるチームだ。至極妥当。時間的にも、逃げ切られてしまうかって状況だった。

それが。

まさか、こう言う展開が待っているとは。
ロスタイムは4分と表示され、それも2分が過ぎた頃。
右サイドのややインに流れたボールを、交代出場の山本が軽く叩くようにボールをペナルティエリアに放り込むと、待っていた吉田が頭でドンピシャのヘディングシュート。あの叩き付け方、背番号も相まって、巻を彷彿とさせる、そんなシュートだ。

これで、フクアリが一気に沸き立った。
12,000人のサポーターの声援が、うねりとなる劇場の空気。
その空気に飲み込まれたように、最後の攻勢が仕掛けられる。いつ、笛を吹かれてもおかしくない状況だったが、吉田のゴールの後に多々良がイエローを貰ったプレーで少し時間が延びたのか、その時間が生まれた。

左を駆け上がった阿部翔のクロスから、山本がボレーでシュートを撃ち込み、弾かれたシュートを、さらにもう一度山本がシュートする。一度目はキーパーに、二度目はディフェンスに阻まれたが、こぼれたボールを、船山、長澤と繋いで、倒れ込みながら、長澤が押し込んだ。主審はセンターサークルを指し、ゴールを認める。

image 

選手達が折り重なって歓喜し、スタンドは二階まで総立ちでハイタッチをしている。
いやいや。滅多に無い、こんなシーンを、ホーム開幕で観る事になるとは。
びっくりした。

大脱走をする間もなく。
センターサークルに置かれたボールが動いてすぐ、試合終了となった。

わずか数分で、敗戦が勝ちに、勝ち点0が3に変わった。
まったく、なんてゲームだ。
得点を決めた吉田、長澤。これに絡んだ、山本、阿部翔、船山。彼らにとっては、最高の顔見世になっただろうし、ピッチに折り重なった彼らが作った歓喜の山は、新しいジェフが一番大切な勝利の部分で、これまでと違うと見せつけるものだった。

振り返れば、徳島が先制した事で、逃げ切りの為に徐々に相手が守りに入った事で、ジェフの攻撃の機会が増えて行ったことが、ジャブになって最後に効いたのだろう。
先制される、苦しい展開の中で、どう打開していくか。その為の武器がある事を見せてくれる戦いだった。


課題も多くある試合だった。
両翼を抑えられた前半や、前半の20分にイ・ジュヨンが中途半端に当たりに行って、簡単に交わされてしまったシーンなど、攻守共に改善すべき点は多い。

それもあった上で、後半の最後に、阿部翔がクロスを上げ、最後に泥臭く捻じ込むところまで、各選手がゴール前に殺到していた事は、運動量の面でも向上がみられた。
今日の試合を糧にして、また次に良いプレーを見せて欲しい。

最後に、期待と不安をごちゃまぜにされ、それでもフクアリに足を運んだファン・サポーターには、素晴らしい開幕戦となった。こうして試合を積み重ね、一年が終わった時に、これが俺たちのチームだと、また自分も言えるようになっていたいものだ。

JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

第21回ちばぎんカップ ○3-0 柏レイソル

image

2年ぶりの「ちばぎんカップ」。
朝から低気圧の通過に伴う風雨に見舞われたものの、予報通りにキックオフの頃には晴天に。

メンバーが大きく入れ替わったジェフ。
正直、自分自身、背番号と顔と名前が一致していない状態。
逆に、先入観無くフラットに観ようと、今日の試合に臨んでいました。

先に試合結果は、セットプレーからジェフが3点を奪って快勝。
得点は、船山、エウトン、イ。
これでPSMの成績を7勝1引き分けとし、新戦力がそれぞれに特徴を見せて順調な調整ぶりを披露しました。

image

さて、スタメンはこんな感じ。
オーソドックスな、4-4-2でスタート。
実に10人までが新加入選手。
にも関わらず、円陣ダッシュが綺麗に決まったのは、勇人か井出あたりが事前にジェフのお約束を伝えていたのでしょうか。

いまの時点でのコンディションは、若干ジェフの方が良かった様子。
ニューイヤーカップを経て、既に実戦で身体を慣らしているジェフに対して、レイソルはまだ調整段階の空気がありあり。キックオフと共に、早速、多々良の前へのボールに、小池が抜けてクロスを放つなど、「競争」をテーマにしているジェフが、攻勢をかけます。

前半15分くらいまでは、ジェフがやや押し気味の展開。
船山が相手バックパスをカットしてエウトンへ繋ごうとしたり、逆に阿部翔からのカウンターが、エウトンから船山に繋げられたシーンなど、シュートまではいかないものの、昨年よりも明らかにタテに早い展開でゲームを作っていきます。

その中で核になっていたのが、アランダとエウトンの両外国人選手。
アランダは正直、別格。ボランチとして、危険なスペースの読みがとても速くて、フィジカルも強い。そして、去年よりも前線がよく動いているので、スペースに対してとてもシンプルに正確なボールを出してくる。素晴らしい展開力。
一方、エウトンも前線で基点になれるシンプルさがある。足元でキープして、周りにつなぐ事も、ターゲットとしてボールを落とすことも出来る。FWとして、シュートへの強引さを見せるシーンはあまりなかったものの、チームプレーの中で機能していました。

この核になる二人の周囲で、各選手とも前へシンプルに攻め上がる。
13分には、船山から井出、阿部翔と繋いで左からクロスを上げたりと、小気味の良い展開で、エンジンのかかりきらないレイソルにプレッシャーをかけ、15分にはショートコーナーから井出がクロスを上げ、相手がクリアし損なったボールが船山の前に転がって、ラッキーなゴール。ジェフが先制します。

対する柏は、10分に大津が左サイドを抜け出して強烈なシュート。
ジェフに先制を許してからは、ようやく目が覚めて来たか、シュートを次々に放って反撃。
後ろでワイドにボールを回しながら、前へ楔を打ち込むように一気にスピードを上げて来る。

11番のディエゴ・オリベイラは、DF1人で対応するのが難しいスピードの持ち主。
さらに、アーリークロスからダイレクトシュートを放ってくるなど、やはりJ1そして、何年も気心知れたメンバーが多いだけあって連携は抜群。その圧力にジェフが押されて、耐えて反撃を伺う展開に。

危ないシーンが続く中、一番のピンチは32分。
ジェフの左を突破され、強烈なシュート、さらにもう一本シュートを連続で放たれるものの、DF陣が身体を張ってブロック。柏は、やっぱり攻撃に入ったときのオートマティズムが素晴らしい。前線の運動量もあるし、なかなか捕まえきれない。
そうした苦しい中でも、失点を防げていたのは、DFの一歩手前で、アランダが壁になっていたのが大きい。
これは、彼が居るか居ないかで、ずいぶんジェフは苦労することになりそうだ。

その後も、前半は、耐えるジェフがカウンターと言う展開。
なんとか、失点をせずに1-0で前半を終了。
手元の集計では、シュートはジェフが3に対して、レイソルが10。
やっぱり、かなり攻められていた。


後半に入り、山本に代わり富澤が投入される。
その他の変更はなし。6人まで交代が出来る。

その後半、早々に追加点が入る。
アランダから小池に通したボールから奪ったCK、小池の蹴ったボールがファーに流れて(これも相手に当たって)、フリーのエウトンが詰めて追加点。同じようなラッキーな形でゴールを奪うことが出来た。

直後、船山がバックチャージで削られ。
一度はプレーを再開するものの、結局交代に。
前半から、キレの良い動きを見せていただけに残念。船山のプレーをじっくり見たのは初めてだったが、自分でも仕掛けることが出来るし、周りを使い、使われる事が出来るマルチなプレーヤーと感じた。また、シュート意識は、一番強かったんじゃないだろうか。

彼に代わって交代出場は吉田。
18番と言う事もあるけれど、妙にボールの追い掛け回し方や、身体の入れ方が巻と被る選手だ。
挨拶代わりにと、投入直後の56分には、遠目からのミドルシュート。

そう言えば、ここまであまりハルヤが目立てて居ない。
絡んではいるが、彼自身が主役になるようなプレーは、ことごとく柏に停められてしまっている。
切り替えしてドリブル、という動作が読まれているようだった。
身体を寄せられると、肉付きはよくなってきたけれども、まだまだ強いとは言えない。
周囲との連携もこれからか。

柏は、前半に見せていたような攻撃が後半は出来なくなってしまった。
何人か選手交代しているが、その度に強度が落ちていったようで、テスト色が後半は強かった。

ジェフは、右で小池が伸び伸びプレーしていた。
スピードがあるし、クロスも速い。
昔のジェフで言えば、広山に近いかもしれない。

65分には、その小池に代えて長澤を投入。
68分には、アランダに代えて勇人。

71分には、柏がゴール右正面からのFK。
壁を超えた速いボールだったが、佐藤優が横っ飛びでセーブ。
佐藤優は、昔、対戦相手とそて観た印象とだいぶ違っていた。もう少し頼りない印象だったんだけれども。この試合に関しては、飛び出しも、キャッチもとても良くて安定していたと思う。これは、グッピーも相当な危機感が必要だろう。

75分、エウトンに代えて北爪。
どこに入るのかと思ったら、右のMFへ。これで、システムが4-5-1へチェンジする。

78分、柏のFKからのヘディングシュートが寸でのところで外れると、今度は80分に長澤?のFKからイ・ジュヨンが頭で綺麗に合せて、3-0として試合をほぼ決めてしまう。セットプレーで3発とは。

その後、残り5分というところで、井出に変えてアドを投入。 
最終的なフォーメーションは、こんな感じに。

image

後ろは全然いじらずに、前を色々テストした感じ。
DFは、インフルでダウンしてた近藤が、若狭と争ってくる感じだろうか。

この試合、若狭はちょっと不用意に熱くなるシーンが散見された。
前線では船山がそうだったが、今までのジェフにはあまり居なかった、いい意味でも、悪い意味でも、少しやんちゃな選手という感じがした。

同様にDFでは、阿部翔も、多々良も、この短期間のチーム作りにしては、とても安定していたと思う。 
ただ、どの選手も、相手にウラを取られる、取られそうになるシーンがあり、スピードやオフサイドトラップの統率という面では、まだまだかかりそうな感じだった。

全体としては、キャンプを通じてよく短い時間でチームにして来たと思う。
自分の応援するチームだと言う思い入れが沸くには時間がかかりそうだけれども、今日だけでもずいぶん選手を覚える事が出来たのは良かった。

今年はこんな感じでじっくりと、新しいチーム作りを観てゆきたいと思う。 
JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

【U-18】 千葉県クラブユース新人戦・FC MAKUHARI

千葉県クラブユース新人戦・FC MAKUHARIとのゲームを観戦。
場所は久し振りの稲毛海浜公園球技場。昔はよく、トップチームもここでTGや、サテライトの試合をこなしたもの。当時とは異なり、スタンドには入れず、外から金網越しに観戦。
11時からのゲームで、キックオフに10分ほど遅れて到着。
寒さはあるが、稲毛にしては珍しくあまり風もなく、穏やか。

昨年末、駒澤でU18の最終戦を観て以来、今年はなるだけU18も観たいと思っている。
監督はエジさん、GKコーチにクッシー。
それにU15の監督の坂本さんや、GKコーチのタテさんの姿も見える。
なんだか、トップより、こちらの方が馴染みがあるくらいだ(苦笑)

FC MAKUHARIもユニフォームはkappa。
Kappaダービー。

ジェフのメンバーも、まだイヤーブックも出ていないから全然分からない。
だから、むしろフラットに試合が観れる。

フォーメーションは、トップと同じ4-4-2。
GK17、DFが左から8、27(cap)、38、30、MFは、7と31がボランチを組み、左サイドに28、右に37、トップに19と10。

−−19−−10−−
28−−−−−−37
−−07−−31−−
08−−−−−−30
−−27−−38−−
−−−−17−−−−

立ち上がりは動きが固かったものの、徐々に身体が温まり、ペースを握ったのはジェフ。
特に、28番の選手が面白い。相手の意表を衝くドリブルで相手ディフェンスを混乱させている。

他の選手も、まだ連携に難を感じるシーンがありつつも、フィールドを大きく使って相手を揺さぶり、裏を常に狙ってシュートシーンを作っていく。

観始めてから最初の大きなチャンスは、左からの大きなサイドチェンジで、右の37番がDFウラに抜け出てフリーになり、DFが寄せて来る前に、強烈なシュートを放って、ポストを叩いたシーン。若者らしい、思い切りのよさが見えた良いシュート。

(たぶん)先制はジェフ。
詳しい展開は見逃してしまったけど、10番が中央でボールを流し込んでゴール。

28分頃には、28番が左サイドから切り込んでシュート。決定的なシーンを逃すものの、直後に再び28番が中央で身体を切り返してシュートを放ってゴール。

その後もジェフペースだったけれど、37分頃にバックパスに詰められて、GKがマゴつく間に押し込まれるという、要らない失点をする不用意な場面も。

ただ、40分には、ボランチの31番がクリアボールを拾って、ペナルティエリア外から叩き込んで3点目。前半は、これで終了。

後半、メンバー交代は無し。

そして、後半はゴールラッシュ。

まず、3分に、19番のシュートに28番が詰めてゴール。

9分には、38番から36番への交代。
その後すぐ、大きな展開から、裏にフリーで抜け出した37番がゴール。

13分、右からのクロスに攻め上がって来た、27番がドンピシャのヘディングも枠外。あまりにも完璧な展開を外した事で周りから冷やかされてたが、センターバックがこの位置まで上がってきてヘディングシュートとは。まるでイリアンのような豪快なプレーだ。

26分、キーパーを40番に交代。

相手も反撃を伺うものの、時間と共に実力の差が出て、散発的なミドルシュートくらいしか、攻め手が無い。

27分には、28番のスルーパスに10番が抜け出てシュートするもキーパーのブロックに遭う。同じようなシーンは、32分にもあり、フィニッシュの精度、思い切りに課題を残していた。こう言うシーンを決めきるようで無いと、やっぱり一段上には上がれない。

30分、恐らく予定通りの交代。
10番、8番から、26番と11番に。
この交代で19番がFWから左サイドバックに下がる。

−−26−−11−−
28−−−−−−37
−−07−−25−−
19−−−−−−30
−−27−−36−−
−−−−40−−−−

このくらいの時間になって来ると、運動量でジェフが圧倒。
特にサイドバックのオーバーラップが一向に衰えない。左サイドバックに下がった19番も、むしろこちらの方が本職であるかのように、力とスピードある突破を見せていた。

また、色々なシーンに顔を出している28番も、まだ相手をドリブルで千切る余力がある。

34分、中央でボールを受けた交代出場の11番が、ループシュートを沈めると、相手チームの集中も切れてしまったようだった。

36分、中盤の底で強さを見せていた31番から25番にチェンジ。この選手、上背がある。

38分には、左サイドで26番がキープしたボールのリターンを、入ったばかりの25番が、五輪予選イラン戦で中島が決めたシュートばりの、エリア外から反対側のサイドネットに突き刺さるゴラッソ。
本人も、入っちゃった感のあるゴールだったが、素晴らしい弾道。

41分には、26番が豪快に突き刺してゴール。

45分には、バックパスを奪った11番が、キーパーも交わしてゴール。

さらにロスタイムにも、28番がドリブルから加点。

最終的にスコアは、11-1。大量点のゲームとなりました。


個人的に興味をもったのは、28番の大川選手。
面白いドリブルのリズムがあり、個人で打開する力がある。
加えて、シュートへの意欲、スルーパスや、終盤まで走れるスタミナもあり、この試合に関しては悪いところが無かった。

もう1人は、31番のボランチの選手。
骨太そうで、体格がよく、身体を張ってボールをキープして、闘える選手と感じました。

この選手に限らず、ボールを失いかけると、倒れながらでも、少しでも足を出して、マイボールにしようとする粘り強さが各々に浸透しているのは、特筆すべきもの。

それに、前述の大きなサイドチェンジを駆使した展開、そうしたシーンや、中盤でボールをキープした際に、サイドバックが前の選手を追い越してどんどんオーバーラップを仕掛ける様は、ナビスコを取った頃のジェフのよう。

エジさん達、良いチームを作りつつあるなあと、見ていて楽しくなりました。

どんなレベルの相手でも、これだけやれるかは分かりませんが、やりたい事がはっきり見え、闘う姿勢の見えるチームは素晴らしい。
また見に行きたいと思わせるゲームでした。

今季のU-18の躍進を祈ります。

JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

熱狂は無く、ただ凍えるフクアリ。 最終節・讃岐戦

image

2015年シーズンが終わりました。
あっけなく。
今日まで可能性が残っていた事実の方が奇跡的でしたが、プレーオフ進出に対して「奇跡」なんて言葉を使って、逆転を祈る。そんなレベルの低い事に、いちいち奇跡なんて言葉、使うべきでしょうか。

今日の試合、果たして1年間、練習を重ねて来たのかと言いたくなるプレーがたくさんありました。
単純なミスパス、崩しながらシュートまで持ち込めないシーン、簡単に裏を取られる守備。
誰がどうではなく、誰もが反省すべき1年間だったのではないでしょうか。

昨年の悔しさを反骨の力に変えられず、J2の9位という過去最低の成績。
ここから立ち直るのは、簡単な話ではないでしょう。
J1復帰よりも、J3降格のほうが早いかも知れない。
何せ、過去10年の成績を並べてみれば、順調に右肩下がりなんですから。

そう言う立ち位置なんだと言う事を、ジェフに携わる人、一人ひとりが危機感を新たにして、来るべきシーズンに臨まなくてはならないと思います。

今日の試合、試合終了の笛が鳴って、10,000人のうち、6,000〜7,000人が早々にスタジアムを後にし、喧騒も無く、淡々とシーズン終了のセレモニーが終わって。ここがスタジアムなのかと思うくらいに、寒々しい空間にフクアリがなってしまっていました。

文句を言ううちは、まだ救いがある。
けれど、無関心になってしまったら、救いようがない。
もう、離れたファンや、スポンサーには、その声は届かないのですから。

クラブには、選手や指導陣には、熱狂を提供する義務がある。
3点を獲るチームを作ると言いながら、1点も奪えないチームになってしまった事を、関塚監督が、そして何よりプレーする選手達がどう受け止め、来季に臨むのか。どうすれば、再びフクアリにファンを、サポーターを呼ぶ事が出来るのか。しっかりと考えて、来季に臨んで欲しいと思います。

早々に、一年間を終えてしまい、残念でなりません。
2015年、ジェフサポの皆さん、お疲れ様でした。 
JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

ボスニア・ヘルツェゴビナの民族融和を目的としたスポーツアカデミー設立支援活動

先日、スポーツナビや、読売新聞のウェブ版でも紹介されてましたが、
元日本代表の宮本さんが、御大・オシム監督の故郷、ボスニア・ヘルツェゴビナで、スポーツアカデミーを設立しようと活動されています。御大の頃からのジェフサポの方なら、言わずもがなでしょうが、ボスニア・ヘルツェゴビナは旧ユーゴの内戦の影響が今も多く残っていて、とりわけ複雑に入り組んだ民族間のしこりは、我々日本人が想像も出来ないほど大きいものがあります。

今回、宮本さんが取り組まれているのが、スポーツを通じて、この問題に取り組むこと。
分かってはいても、なかなか何をどうすれば、手助けが出来るのか分からない中で、実際に現地に赴かれ、色々な人たちと一緒に問題に取り組んでいる宮本さんの姿勢と活動に、とても感銘を受けた次第です。

今回、その活動と核となるなるスポーツアカデミーの運営資金をクラウドファンディングを通じて募られています。すでに目標額の150万円は達成されていますが、12/15まで引き続き協力者を募っているとの事です。
自分も少額ながら、御大への恩返しに少しでもなればと思い、参加させて頂きました。

興味をもたれた方は、ぜひリンク先の記事に目を通して頂ければと思います。 
JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

フクアリを作る(1)

image

来週には今季最終戦ですが、先日、フクアリペーパークラフトをGETしたので、これからボチボチと作ってゆきたいと思います。ペーパークラフトというと、手軽に出来そうな感じもしますが、これは結構手ごわそうな感じ。そのぶん、フクアリの再現度も高い、マニアックな逸品ですので、やりがいと出来上がりの感動も大きそうです。

さて。

image

一枚めくると表2には、フクアリ神社側から待機列の風景。
フクアリのスペックが簡単に記載されています。
いつの写真でしょうか?ユニからすると2010年くらい?この角度、あんまり見ない写真ですね。

そして表2対向には、組み立て方が。 
「あせらず、じっくり取り組むのが一番のコツです。」と、まず一言。

image

そして、NHK教育「できるかな」世代には、懐かしい感じの組み立て方のコツが。
ピンセット・・・久方ぶりに工具箱から引っ張り出して来ますか。。。

image

 パーツシートは8枚まで。
このページとか、よーく見ると、ゴールネットの黄色に緑の十字柄とか、ホント、細かいトコまで再現されてます。
普段のフクアリを知っているジェフサポなら、ここまで作りこんでるかと、感心するのでは。

image

とりあえず、あせらず、じっくりとの事なので、これから不定期にボチボチ組んでいきます。
完成したら、これがちょうど入りそうなケースとか、グローボのダイソーにでも探しに行きますかな。

オンラインショップでもまだ在庫があるので、気になった方はぜひ。
思うに任せない事もあるけど、人生は続いていきますので。
フクアリを組み立てながら、これまでの10年を振り返って、これからの10年に思いを巡らすとしましょうか。
 
JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

TG 城西国際大戦

昨日のアウェイ・岡山戦から一夜。
ユナパでは、14時から城西国際大学とのTGが行われました。
雲の切れ目から、この時期にしては強い日差しの刺す、雨上がりのユナパ。
スタンドには、遠征帰りも含めて数十人ほどのサポーターが観戦に訪れていました。

image

全員で円陣を組んでから見えてきたスタメンは、豪華。
ほとんどトップメンバーといっても良い面子。

−−−−−阿道−−−−−
谷澤−−−井出−−−水野
−−パウロ−−勇人−−−
金井−栗山−−伊藤−北爪
−−−−−高木−−−−−

さて、これでどんな「差」を大学生相手に見せてくれるだろうかと観てました。

前半1分に、早速コーナーを獲得。晃樹が蹴るも、合せられず。
その後も、まあ当たり前ながらジェフペースで試合は展開。
6分には、勇人から左の金井に出たボール、金井のクロスに谷澤がフリーでボレーシュートを放つも、ポストに当たってノーゴール。その後も、8分に谷澤、9分に金井と、立て続けにシュートを放つものの、ゴールにはならず。

攻勢も、ゴールをなかなか奪えず、展開が落ち着いてきてしまいました。
それでも、17分には、パウリーニョのパスに、阿道が抜け出して左足でキーパーをかわしてゴール。
さらに、直後の18分には、ペナルティエリア左でボールを受けた谷澤が、相手ディフェンス2人をかわして、右足でファーにカーブをかけたシュート。これがポストに当たりながらゴールに入って、2-0とします。

てこずりながらも、得点を奪ったことで、なんとなくホッとした雰囲気に。
これから先、手元のメモは、34分の北爪のクロスから阿道のシュートまで間が空いてしまいます。

誰が、とは言いませんが、この2点のリードで、調整試合という感じで、流し運転に入った選手と、試合に出たくてアピールしたい選手とで、どうも試合に対する温度差がついてしまった様子。
目ぼしい展開無く、35分でホイッスル。どうやら、35分ハーフで組んでいたようでした。

前半で目立ったのは、谷澤。このレベルでは、キープ力と意外性に差があり過ぎで、ボールを深くキープして、配給する「タメ」を作る役割で、前線の基点になっていました。

また、昨日の試合でPKを獲得した阿道も、得点を決めてアピール。ただ、どうにも阿道は、舞台が大きく、熱くならないと、なかなかプレーがノって来ない感じ。淡々とした感じがしてしまうのは、自分だけでしょうか。

井出も、慣らし運転という感じでプレー。
良くも悪くも井出らしい感じではあるものの、キレ味はいまいち。相手のディフェンスに囲まれて、抜けないシーンが目に付いて、これといったシュートシーンも目に付きませんでした。周囲も、あんまり井出のリズムに合せてあげられてなかったかな。

さて後半。
メンバーを交代して、システムは4-4-2に変更。
ジェフ側のゴールに期待して席を移動して観戦。

−−−阿道−−隆行−−−
井出−−−−−−−−金井
−−パウロ−−能登−−−
乾−−栗山−−伊藤−北爪
−−−−−岡−−−−−−

目を引くのは、隆行の手を抜かないプレー。
トップで出番なく、この試合も後半からの出場ですが、一番試合に飢えて意欲があったのは彼だったかも。
後半8分には、シュートを放つも、ノーゴール。
他にも惜しいシーンまでは作るものの、仕留めることは出来ず。

他に目だっていたのは、前半から飛ばしていた、右を駆け上がる北爪のスプリント力。
去年の大学No.1サイドバック。期待の4番を活かしきれなかったのは残念。
この日は、何本もクロスを上げたり、上げられないまでも、深く右を抉ったりと、精力的なプレー。
彼もまた、試合に出たい気持ちがよく見えていた選手でした。
image


けれど、ゲームの方は、後半なかなかフィニッシュまで持ち込めず。
逆に、10分には城西の77番にカウンターから惜しいシュートを放たれ、12分にも87番にポスト直撃のシュートを放たれるなど、むしろ城西の方がチャンスが多い展開に。正直、これはちょっと。

裏を簡単に取られがちなこと、思うに任せない展開にイライラして、相手選手にそれをぶつけてしまう選手が居たのが残念。力の劣る大学生チームなんだから、それはちょっとくらい激しく来たり、ユニを掴んだりもするでしょ。それをものともしないくらいの、個の力も、連携も見せて欲しかったんですが。

結局、スコアは後半は動かずに、2-0のまま終了となりました。
ちなみに、後半途中から、来季加入が決まってる、城西のGK大野君がジェフ側で交代出場してました。
相手の惜しいシュート、一本抑えてましたね。

試合後の選手たちは、一様に穏やかでしたが、なんとなく淡々とTGが終わっていった感じも受けました。
もう少し、試合の中で課題を消化するだとか、やろうとしている「形」が見えるだとか、きらりと輝く選手がいるだとか、観る側としては色々期待していく訳ですが、この時期のTG、そう言うのを観るのはやっぱ難しいですね。
ユースっ子とかいると、また違うんですが。

試合前に組んだ円陣もそうですが、TGだから仕方ないのかも知れないけど、気乗りせずにやると、意味が無いものになってしまう。厳しいシーズンになったけど、たとえTGであっても、もっとプロらしさを見せてくれるジェフであって欲しいと思います。

image

さて、来週は今シーズン最後の試合。
最後の最後まで、足掻いて、もがいて、やりきる。そう言うジェフを見せてください。 

image

JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

完成度の差 第34節・大宮戦

試合が終わって空を見上げたら、真ん丸いお月様がぽっかりと。
今日の中秋の名月は、大宮さんの白星でしたか。

春に戦った時は、こちらの方が完成度は上だと感じたけれど、今日の試合では逆に感じた。
あれから半年のチーム作り、どっちが腰を落ち着けて取り組めたか、
そして、試合を決めるコマを持っているか。
悔しいけれども、その差が結果に出ました。 

大宮の昇格は間違いないでしょう。
二度とJ2に戻って来ないよう、来季の健闘を祈ります。

さて。

負けはしましたが、この試合、特に前半は、ここ数試合あまり目にしなかった攻撃の連動が見られました。
パウリーニョをはじめ、フィールドを大きく使ったサイドチェンジで相手を揺さぶり、右の晃樹、左の金井がサイドを抉るシーンを何度も作り、それにパウリーニョのミドルや、セットプレーからの大岩らのシュートで、大宮ゴールを脅かしました。

大宮が繋ぎながら前に出てきてくれたことで、パウリーニョの良さが生き、中盤でのカットが機能していた事がその一因だと思います。ジェフからすれば、ここで先制点を挙げて、さらに相手が前に出る状態を作りたかった。
コイントスで西日を背にするエンドも取れて、ここまではプラン通りだった。
けれども、幾度もチャンスを作りながらも、得点を奪うまでには至らなかった。
やっぱり「惜しい」で終わってしまうのは、精度の不足、相手の虚を突くスピード、プレー判断の速さの不足、それらが現れているのでしょう。

対して大宮。
開始早々に家長が撃ったシュートもそうだったけれど、一発一発の精度が高い。
いや、高くなっていた。

春にやったときは、今日のジェフと同じように精度不足だったように思います。
それが、半年の間に連携を深め、ムルジャや家長の個の力が、組織の中で活きるようになっていた。
チーム作りに迷い、レンタルでツギハギをして、なかなか連携の上がらないジェフとは対照的。

ムルジャの個人の力を引き出して、ジェフの攻勢を潰した先制点、そして、反撃の出鼻を挫く追加点。
特に二点目は、シュートを最初に打った選手から、最後に詰めた選手まで、複数の選手がなだれ込む、集中力の高いゴールでした。
「差」を見せつけられました。

ただ、ここで言いたいのは、大宮も決してシーズン当初からこうでは無かったと言うこと。
ジェフは、今日の前半でようやく、攻撃のきっかけらしきものを掴み始めてきた程度。
ここから残り8試合を考えたとき、今日の手応えを、得点に繋げるべく、ひたすら反復練習しかないでしょう。
焦って、うろたえて、ぶっ壊している時間はもうない。

良かったところに目を向けて、それを次に繋げなくては。

厳しい状況なのは、順位表を見れば誰でも簡単にわかるけど、諦めるにはちょっと早過ぎる。
あがいて、応援して、どうなるか見届けてやりましょうよ、今年のジェフの選手たちを。 
JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

遠い2点目 第32節・北九州戦

せっかく森本が2試合連続と気を吐いたのに、勝てませんなあ。
1点は獲れるけど、2点目が獲れない。
そして、守備が踏ん張りきれないのが、ここ数試合。

良くなって来ている部分もある一方で、特に攻撃の流れが相変わらず改善できていない。
良くなった部分は、松田の加入による前線からのプレスの強化と、多少無理な体勢からでもシュートを撃ちにいく姿勢。「攻めながらもシュートまでは撃って来ない」と思われていた部分が多少なりとも、彼のおかげで改善されたかと。

ただ、その姿勢がチーム全体には全然波及していない。
監督が話している、細かなミスの部分もそう。
せっかく、速攻を仕掛けられそうなタイミングで、足元でボールをもたつかせてしまうネイツや、もたついてしまうまで、ネイツを孤立させて、フォローアップの少ない切り替えの遅さも相変わらず。
森本のトラップの大きさや、他の選手もどうしても攻撃となるとスピードダウンして、相手に守る時間を与えてしまっている。そこいらは、監督も再三再四課題に挙げているので、練習で改善を図っているのだとは思うのですが、それが出来ないまま、残り10節になってしまいましたね。

そう、残り10節と考えれば、現実的に今年の残りの目標は、何とかプレーオフに残る事でしょう。
残念ながら。

そこに行き着く為にも、2点目を奪いに行い、勝ちに行くサッカーをしなくては。
開幕前、監督が話していた3点獲るサッカーのためには、相手の意表を突く速さが必要。
ミスを恐れず、勇気を持って、勝負を仕掛けてもらいたいものです。 
JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

フクアリ10周年記念ユニ

ユナパに立ち寄ったら、フクアリ10周年記念ユニの実物が
入り口にディスプレイされてました。

image
続きを読む
JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

自信を取り戻せ 第23節・群馬戦

時間の経過と共に、なんだか糸が絡んでいくような試合だった。
出だしこそ、今日こそは序盤から攻めきる、シュートで持っていく、そういう意識が見て取れたが。

いい流れのうちに点が取れず、逆にワンチャンスで決められてしまうと、
途端に、プレーに迷いが出て、プレーエリアが窮屈になり、よく見たことのある、ボールを回すばかりの展開が増えていった。

・・・自信を無くしてしまっているな。。。
各選手の力が、上手く噛み合っていない。
判断が遅れて、相手が守る時間が出来てしまっている。
焦りが焦りを呼んで、ミスが増えてしまう。

タイスケや、森本ら怪我人が出て、新加入選手も入って、ただでさえ難しい時期。
落ち着く時間が欲しいところでこの連戦。
チームマネジメントは本当に大変だろう。

耐える時期かなと思う。
噛み合うまでには、ちょっと時間がかかりそうな気がする。
きっかけを掴むまで、もう少しかかるかも知れないけれど、前向きな変化を、良いプレーを、ポジティブに捉えて、シーズンを戦っていくことが必要だと思う。

シーズン当初と違って、苦しいシーズンになってきたけれど、じっくり腰を据えて戦いたい。
選手達が自信を取り戻せるような声援を。 
JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

ハードワークを取り戻せ 第16節・群馬戦

久々の更新が、連敗の後になってしまい残念。
今日は、これも久しぶりにマイカーで、群馬まで遠征して来ました。

折からの強風で、横断幕どころか、ゲーフラや手旗も禁止。
スポンサー幕や看板、果てはベンチまで撤去。
そして雨予報がすっかり外れた晴天で気温がぐんぐん上がった中での13時キックオフ。
パウリーニョを欠き、予想された苦戦を覆すことが出来ず、
前節の北九州戦に続いて、未熟さを露わにしたゲームに終始してしまいました。

敗戦の原因として、一つには強風への対応。
荒天にしっかり対応した京都戦とは全く正反対で、試合を通じて風に影響されるハイボールを蹴り、
足元で繋ぐプレーや、ドリブルに活路を見出す、強風なりの戦い方が出来なかったこと。

群馬の2得点を見れば、対応の差は歴然としていました。
ベンチからの指示が如何ようなものだったか分かりませんが、ほとんど形らしい形が試合を通じ作れませんでした。

二つに、軽率な森本の退場。
札付きの審判に、早々にイエローを貰いながら、二枚目に注意して戦うことができなかったこと。
この退場で、かなり苦しい状況に追い込まれてしまいました。

森本は無得点が続き苦しい状況ですが、シュートまでもなかなか持ち込むことが出来ず、
怪我明けからは、序盤戦のような迫力あるプレスも陰を潜めている。
奮起が必要でしょう。

三つに、失点後の集中力の低下、気落ち。
パウリーニョや、勇人の欠場が影響しているのでしょうか。円陣ダッシュもてんでバラバラ。
失点した後にも、バッタリと倒れこんだりうなだれたり。
それはいいにしても、失点するや切り替えられず、ズルズルと引いてしまって追加点を喰らう。

この一戦の大事さが分かるなら、この勝ち点1の重さが分かるなら、
身体ごと当たるなり、 ファウル覚悟で止めるなり、猛烈なプレスとカウンターでとにかくシュートを放つなり。
必死さがもっと見えていいんですが。

立て直せるリーダーが居ない。
なら、全員が意識をもう一度構え直せと。
去年のプレーオフのような思い、もうしたくないとなぜいま踏ん張れないのかと。

勇人が再三話している通り、今年のジェフは全員がサボらずにハードワークをして、はじめて勝てるチーム。
勝てないのは何故か?ハッキリ言えば、サボってる部分があるからですよ。

走る、競り合う、声をかける、一歩前に出る、シュートを放つ、自らの気持ちを振る立たせ、もう一度戦う。
その部分が出来てないから、序盤の出来て居たことが出来なくなっている。

それは、誰か特定の選手が居て出来るって言うのではだめで、
全員が同じ気持ちで、自分が出たら、もっとやってやると言う気持ちを込めて戦わなくては。

それが出来ていれば、負けても、もっと感じるものがあるはず。
やれることをやらずに、出せるものを出し切らずに居るから、こうもやもやっとした気持ちばかりが残るのでしょう。

パウロや、勇人が居ないと、それが出来ないと言うのなら、
他の選手たちは、もっと悔しいと思って、自分を変えていかないと。

今日は、もっとやれる試合だったはず。 
負けたことより、出し切れなかったこの感覚が悔しい。

上と少し差がついたけど、シーズンはまだ先がある。
もう一度全員が、ハードワークを取り戻して、90分の中で自分を絞りつくして欲しい。
ジェフは弱い。勝つには、とにかく全身全霊の力をまず出し切ることだ。 
JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

戦術浸透着々と TG 筑波大学戦

今日は、ユナパにて筑波大学とのTG観戦。
昨日の遠征組からも何名か出場。
スタメン目指し、しのぎを削っていました。

(結果は、公式参照)

14時半からと日差しの強い中でのゲームにも関わらず、スタンドは概ね埋まる盛況ぶり。GW最終日でもあり、たくさんのサポーターが詰めかけていました。

さて、ゲームの方は、以前観たTGに比べて、トップのやり方が浸透して来た感じ。前線からのプレス、中盤でのボールカット、鋭さが増していました。

筑波大は、レギュラーナンバーは、9番と6番くらい。それ以外は、大きな背番号。大学生らしく、コーチングの声がよく出ていて、フォローの早い良いチームでした。

それに対してジェフは、序盤から前線の隆行、也真人、田中らが相手を追い込み、パスがブレたところを、ボランチに入った祥や、CBの田代が刈り取る展開。
特に、祥のパスカットからのオーバーラップは、外連身が無く、見ていて気持ちの良いものでした。

一方、TGの常で、連携には不十分さもあり、トップに比べると、安易に後ろに戻るシーンや、パスの連携が合わず、ミスになるシーンもありました。
中盤で言えば河津は、全体的に粗削り。丁寧さも欲しいなと思いました。

そう言えば、河津をはじめ、也真人、栗山、北爪、専修大OB4人が揃い踏みでしたね。

前半30分頃、カウンターからのチャンスが潰れたか?と思っていたところ、後方の右サイドでボールを持った田代がアーリークロス。
これを隆行が頭でちょこんと合わせて先制。

さらに、そのすぐ後、ペナルティエリア内で囲まれながらもボールを持った田中が、つま先でボールを流し込み、2-0。
ポンポンと点が入ります。

さらに、前半の終了前、この日のハイライトとも言えるプレーが。
中盤、センターサークル付近で自陣から吶喊して来た祥がボールをかっさらい、その勢いのまま、右サイドをドリブルで駆け上がって、その前方を走る隆行にパス、隆行はスピードを殺さず、身体の向きを変えボールを左足で、キーパーの頭の上を巻くシュート。

これが決まって、3-0。
祥と、隆行のイメージがバッチリ噛み合った、ナイスゴールだった。
こういう、切り替えの早い攻撃が常に出来れば…。前半は、これで終了。

後半前に選手交代。
隆行や、田中、田代はお役御免。

田代も良かった。
トップで見せているような出足の鋭さはこのTGでも健在。自分で前にボールを運ぶ意識があるのが良い。

後半、京雅や、ユースの氣田くんなど、さらにフレッシュなメンバーが登場。中でも氣田くんは、ユースで観戦した時よりもえらく積極的。
昔々のタケ(林丈統)っぽくもあり、コーキ(水野)のようでもあり。自分で仕掛け、シュートまで持って行こうとする意識が良い。

何だろう、同じユースの斎藤拓海くん(この試合にはおらず)にしろ、トップと一緒にやると、より吹っ切れるような。ユースの試合の時は、そこまで目立っていなかったのに、活き活きしていた。

逆に、攻撃陣では、能登はちょっと空回りしていたような。
最たるプレーが相手に前線からプレスをかけて、ボールを奪って完全に1対1になったシーン。
味方から、「絶対決めろよ!!!」と声が飛ぶくらいのシーンだったけれど、ループを狙ってボールは明後日の方向へ。それ以外のシーンでも、結構、ムラっ気が。
やっぱり、彼も「素材」感の強い選手なんですかね。

ゲームは、その後、CK崩れの流れから、浦田のクロスに河津が頭で合せて追加点。
それ以外にも点が決まりそうなシーンはあったけれども、決め手を欠き、逆にミスから一点を返されて、4-1で終了。

途中からは、乾も出場してました。
乾にしろ、京雅にしろ、時折光るプレーはあるけれど、その光る回数がまだまだ増えてこない。
周りとの連携であったり、身体作りであったり、何かしら足りないところがまだあるんだろう。

全体としては、サブ組も、チーム力が上がっているように思う。
シーズンが進むにつれ、出場停止や怪我人が徐々に出てきている。
一日も早く、この中からトップに追いつき、追い越す選手が出てきて欲しい。
JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

圧し掛かる疲労 第12節・東京ヴェルディ戦

今年のジェフの戦いを支えて来たハードワーク、それが初めて発揮できなかったゲームだった。

理由はいくつも挙げられる。
中三日、中二日の連戦と、移動。
森本、勇人の負傷。
そして、この時期の13時開始と言う、暑さの中でのゲーム。

走らなければと、頭では分かっていても、あと一歩が繰り出せない。
クリアボールが雑になり、選手の距離が空いてしまう。
相手も条件は一緒。
とは言え、動かないものは動かない。

ゲーム序盤から、ヴェルディもジェフも、攻守の切り替えの早さが見られない。
ボールがあちこちで引っかかり、アバウトなクリアボールが空高く舞う。

ジェフは先発にヤマトが居たのだから、恐らくは地上戦で、速くボールを繋ぎたかったのだろう。
けれど、こんな大雑把な展開では、ヤマトは開店休業状態。
狙いが見えず、攻撃の形が作れないまま時間ばかりが過ぎていき、
早々にこれは一点勝負のゲームだと察しがついてくる。

後半に入り、少しずつお互いがリスクを犯しだす。
ゴール前深くまで攻め込みはするものの、双方共に決定機をモノに出来ない。

ジェフは、ヤマトから井出にチェンジ。
さらに、田中を北爪に代えて、金井を前に上げる。
最後は、ネイツをアドに代えて、一点を獲りにかかる。

リスクを犯す分、ピンチも迎える。
ブルーノ・コウチーニョの1対1をはじめ、3点分くらいの危なっかしい場面があったが、
相手の精度不足もあって、何とかしのぐ。

最後の見せ場は、ロスタイム直前。
パウリーニョが攻め上がって相手をかわし、クロス。
金井のスルーしたボールをアドがシュートするも、相手キーパーの正面に当ててしまい、
絶好機を逸してしまう。

守備陣の健闘に応えられず、試合はそのままドロー。
アウェイ、試合内容を考えれば、勝ち点1を拾ったと言えるだろうか。 
厳しいゲーム内容、厳しい結果になってしまった。

それにしても、この次もまた中二日で讃岐。
メンバーを固定しているだけに、疲労度が激しい。
カードも増え、次は谷澤が出場停止だ。

磐田、大宮、福岡が勝利し、上位陣はさらに混戦に。
それだけに、これから先、さらに気候が暑さを増し、怪我人や、出場停止が増えた時にどうするか。
そして、一点をもぎ取るために何が出来るのか、考えさせられるゲームとなった。

この勝ち点1を無駄にしないため、状況を整理して次に切り替えるしかない。
より体力的には厳しいゲームになる。
控え選手の奮起、怪我人の復帰にも期待したいところだ。 
JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

急に遠征に行きたくなったら



Fire TV Stick(新型)
Amazon

DAZNをTVで観戦する為にどうぞ。






オシム元監督関連書籍


Number PLUS
イビチャ・オシム
日本サッカーに告ぐ2014
文藝春秋 (2014/4/14)

過去にNumber誌上で掲載されたオシム元監督のインタビュー記事を集めたもの。ジェフ時代について触れた内容もあるので、当時を知らない方もぜひ。



オシムの言葉
フィールドの向こうに人生が見える
木村 元彦 (著)
集英社文庫(2008/5/20)

ジェフサポのバイブル。旧ユーゴ時代監督時代の奮闘に涙し、オシム監督と共に戦った日々に奮い立ち、感謝出来る一冊。文庫版では、代表監督時代38頁を大幅加筆。



オシムが語る
シュテファン・シェンナッハ(著)、 エルンスト・ドラクスル (著)、 小松 淳子 (著)、 木村 元彦 (著)
集英社インターナショナル(2006/12/15)

ジェフの監督として来日する前、オーストリアで2002年に出版された本の和訳です。サッカーの話に止まらず、御大の哲学、人となりに触れる事が出来る一冊。御大自身が語った言葉が多い本で読み応えがあります。



イビチャ・オシムの真実
ゲラルト・エンツィガー (著), トム・ホーファー (著), 平 陽子 (著)
エンターブレイン(2006/11/24)

以前、サッカーJ+で連載されていた、ジェフ入団前までのオシム監督の半生を語る一冊。元々はオーストリアで刊行されたもの。現地の視点での同監督の分析が興味深い。



引き裂かれたイレブン〜オシムの涙〜[DVD]
ビデオメーカー(2007/03/21)

オシム監督の旧ユーゴ代表監督時代の苦悩を収めたドキュメンタリー。ユーゴスラビア紛争に伴う代表の崩壊までが生々しく記録されている。サッカーよりも、民族紛争と戦争と言った、当時のユーゴの困難な状況を知る上で貴重な資料。



オシムからの旅
木村 元彦 (著)
イースト・プレス (2011/12/21)



イビチャ・オシムのサッカー世界を読み解く
西部 謙司 (著)
双葉社 (2007/04)



オシムの伝言
千田 善 (著)
みすず書房 (2009/12/23)



オシムのトレーニング
千田 善 (著) 、イビチャ・オシム(監修)
池田書店 (2012/4/12)



オシムの戦術
千田 善 (著)
中央公論新社 (2010/05)



勝つ日本
田村 修一 (著)
文藝春秋 (2012/4/10)



考えよ!
なぜ日本人はリスクを冒さないのか?
イビチャ・オシム (著)
角川書店(2010/4/10)



恐れるな!
なぜ日本はベスト16で終わったのか?
イビチャ・オシム (著)
角川書店(2010/10/9)



祖母力 うばぢから
オシムが心酔した男の行動哲学
祖母井 秀隆 (著)
光文社 (2008/1/24)





サッカー雑誌・MDP・新聞の切抜き等の整理にオススメ


2013年モデル
スタンドタイプ型
ドキュメントスキャナ
PFU ScanSnap SV600
本を分解せずにスキャンOK
A3まで対応



2012年モデル
ドキュメントスキャナ
PFU ScanSnap iX500 FI-IX500
速度を強化した新型モデル。


2011年モデル
ドキュメントスキャナ
PFU ScanSnap S1500 FI-S1500-A

型落ちで手頃な価格に。本や雑誌を丸々スキャンするようならコレ。


2012年モデル
ドキュメントスキャナ
ScanSnap S1300i FI-S1300A

10ページ単位のスキャンが主ならコレ。ただしA3キャリアシートは不可。


2010年モデル
モバイルスキャナ
PFU ScanSnap S1100 FI-S1100

価格と携帯性が◎。数ページのスキャンならコレで十分。A3キャリアシートも使えます。


行けないアウェイは
スカパーで



【日本赤十字】
東北関東大震災義援金受付


livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ