JEFSPIRIT News

ジェフユナイテッド市原・千葉とサッカーに関するニュースと雑感記



この感覚はいつ以来か 第7節・大宮戦

image

フクアリに響く遥也のチャントが心地よかった。
難敵を下す2発は、生え抜きの右足から。

今日も、緩む事無く徹底された、90分間のプレス。
走り、競り合い、喰らいつき、前へ進む。
一つ一つのプレーの積み重ねが、5勝2引き分け、5つの完封と言う結果に繋がった。 


メンバーは前節と変わらず。
右SBには北爪が引き続き起用された。
金井は負傷が癒え、サブメンバー入り。代わりにヤマトがサブを外れた。

対する大宮は、ムルジャがスタメン。
家長はサブ入りとなった。 

序盤、両者探り合いの展開。中盤の潰しから、大宮は左の泉澤を使って攻撃を仕掛ける。
対面の北爪が、試合前に対戦を楽しみにしていた相手だったが、やや劣勢を強いられた。
幾度か、北爪の裏を泉澤が狙うシーンがあり、危ないピンチもあった。

そういったシーンでも、パウリーニョや、中村らが、北爪に声をかけて、叱責と修正をしていた。
徐々に北爪も、落ち着きを取り戻しているようだった。

時間の経過と共に、ペースを握ったのはジェフ。
中盤でボールが奪えるようになり、攻め込んでセットプレーのチャンスを得る。
そのセットプレーから、何度かキムがゴールに迫るものの、精度を欠いて得点できない。

この日も最前線の森本から始まるプレッシングは健在。
おかげでまた、森本は頭から流血し、パウリーニョは足を傷めるなど、諸刃の剣のような激しい守備だ。
そのせいで、一度に二人が治療のためアウトしてしまい、一時的に9人のゲームを余儀なくされたほど。

なんとか凌ぎ、逆に前半の最大のチャンスはパウリーニョから。
奪ったボールを持ち込んで、ペナルティエリア内から左足でクロス。
ネイツがドンピシャで合せたものの、枠を外れて、先制には至らない。

結局0-0の前半も、ベンチの岡本や金井が、笑顔で選手を出迎えて、雰囲気を上げていく。
笑顔が多いのはいいことだ。

後半、大宮も反撃を試みるものの、際どいプレーまでは至らない。
しっかりと前線からのプレスを効かせたジェフが、大宮を狭いゾーンに押さえ込んで、自由にプレーをさせていない。中盤を経由しようとすれば、パウリーニョと勇人が喰らい付き、戻せばそこに、森本・ネイツ・井出がプレッシャーをかける。長いボールを放り込めば、キムと大岩が対空戦を制して、シンプルにボールを弾き返す。裏を狙われれば、そこには高木が飛び出して、穴を作らせずにクリアする。

それぞれのプレーに迷いが無い。
やるべきことを、各自が淡々とこなし、じわりと大宮を締め上げているようだった。
 
ただ、そう言うプレーをしていても、チャンスを作れているかと言うと、そうでもなかった。
特に後半は、シュートチャンスまでなかなか持ち込めずに居たので、先制点次第では、大きくゲームバランスが大宮に傾いてもおかしくない展開だった。

交代のカードが切られる。

前半から、やや押し込まれていた北爪に代えて金井。
攻撃力のある金井が入ったことで、より大宮が押し込まれる。
金井は、守備でも粘り強くボールを絡め取って、右で優勢を作り出す。

続いて切られたカードは田中。
イエローをもらっていた谷澤に代えての交代。
これまでは、ここで代えられていたのは井出だっただけに、意外とも言える交代。
田中はそのまま左に入る。

この交代に、奮起したのだろうか。
遥也が最終盤に一気にギアを入れた。去年までだったら、スタミナ切れの時間帯。
さらに一歩踏み込んで走る。田中の右足クロスに、つま先で合せてコースを変え、終盤に待望の先制点を奪う。
ベンチの岡本に抱きつき、歓喜の輪が広がる。

そしてさらに、80分、遥也が右でボールを持ち、いったん中央の中村からタテパスがネイツに入り、リターンを受け取った遥也が、ドリブルからコースを突いたクリーンショットを叩き込む。これがやりたかったと本人がコメントした通りの、これが井出遥也のゴールと言うものが、ついに飛び出した。

フクアリを揺らす、「いーで はーるーやー ラーラ ラーラ ラララー」のチャントの、締めの「ハルヤ!」のシャウトがフクアリに響いて、フクアリが我が子の活躍を祝福しているかのようだった。 

セレッソ戦では、ここから不覚をとったものの、この試合は残りの時間をしっかりと潰しきった。
クローザーのサトケンが、全力プレスを続けた森本に代わって入り、パウリーニョがアンカーに入って、最後の大宮の攻勢をいなす。

難しい相手ではあったが、90分間集中してハードワークを続けたことが、勝利と言う結果に繋がったのだろう。
守備陣も5試合目の完封。充実したチーム状態だ。

再び首位に立ったが、7節での首位に大きな意味は無い。
これから先、さらに気を引き締めて戦えるか。
去年の湘南がそうだったように、追われる立場でさらに突き放せるか。
90分間の集中と、一戦必勝の積み重ね突っ走りたい。

次は木山さんの率いる愛媛。 
きっと、ジェフ対策をしっかり練って来るだろう。
それを弾き返せるか。
厳しい試合になるだろうが、首位を守って、フクアリに戻ってきて欲しい。 続きを読む
JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

重馬場だからこそ差が出るハードワーク 第6節・京都戦

image

激しい雨。ボールを蹴っても、水溜りで止まり、踏ん張ろうとしても足が流れる。
やろうとするサッカーが両チームできない中、やるべきことをやりきったのはジェフだった。

スタメンは、前節負傷の金井がベンチからも外れ、ルーキーの北爪が初先発。
水曜日の激闘から中3日、それ以外にも変更が出るかとも思ったが、不動のメンバーとなった。 

立ち上がり、京都が攻勢を仕掛ける。
何本かシュートまで持ち込まれるものの、完全に崩されたシーンは無く、徐々に反撃の機会を伺う。
両チームの選手が、雨に苦しみ、相手GKが滑ってペナルティエリアを出てしまい、ハンドをとられるなど、セットプレーも多くなる。
そんな展開の15分、右サイドからFKをタイスケが蹴りこむと、キーパーが弾いたボールにキムが詰めて、貴重な先制点を奪う。

追いつきたい京都だが、時間の経過と共に、局面局面での厳しさに差が出てくる。
水溜りで止まったイーブンボールへ喰らいつき、蹴り合いでアバウトになったボールを追いかけ、繋ごうとする相手を激しく追い立てる。運動量では、明らかにジェフが優勢。トップの森本から最終ラインまでが、キレる事無く、愚直な守りを続けていた。

後半に入り、雨に特に苦しんでいた井出を田中に交代。
こう言う重馬場のピッチ、井出よりも田中のフィジカルが活きて来る。
采配の妙は、この交代で、田中をそのまま右に入れず、谷澤と位置を入れ替えて左へ置いたこと。

京都がその対応に合せる間もなく、その2分後にパウリーニョから田中への展開。
田中が、左利きかと見紛うばかりのピンポイントクロスをネイツに合せ、2-0とリードを広げる。

ゲーム展開をしっかりと掴み、その後は京都に反撃らしい反撃を許さない。
放り込ませず、逆に、奪ってからのカウンターで、さらに京都の体力を奪う。
守りでは、個々が集中を切らさず、中途半端なボールをハッキリとクリアすることで、隙を与えなかった。
初先発の北爪も、智をはじめ、経験ある京都の選手たちに気後れすることなく、堅実なプレーを続けた。

誰が、と言うわけでなく、全員がハードワークを続けたことが、90分で大きな差になった。
雨の日に、勝ちきるために、やるべきことをやりきった快勝と言えるだろう。

三連戦を2勝1分けで乗り切り、二位をキープ。
ハードワークに、調子の波は無い。
これを続ければ、どんな相手にも真っ向から勝負できる。
頼もしさを感じるゲームだった。

後は、森本のゴール。
この日も、前線から走りまくったが、ゴールだけが遠かった。
次節、ホームで戦う大宮戦は、森本のゴールを声援で呼び込みたいものだ。 
JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

逆転にチームの成長を感じる 第5節・C大阪戦

image

観戦出来て良かった。
この試合をナマで観れてなかったら、発狂してたところだった。

フクアリに到着出来たのは、19時半過ぎ。
平日雨とは思えない人の入り。
ピッチに目をやると、ジェフペースで試合が進んでいた。

つい3日前に試合があったと思えないほど、よく動く選手たち。
特に前線の選手たちの絡みが格段に良くなっている。
手数をかけず、ワンタッチでどんどん前にボールを繋ぐジェフに、セレッソが後手を踏んでいる。

何度もチャンスを作るものの、あと一歩足りない。もどかしい。
前半終了間際のネイツのシュートはポスト、さらに森本のシュートもキーパー正面。
0-0。しかし、中身の濃いゲーム。

後半に入り、円陣ダッシュが綺麗に散る。
今年はここも良くなった。
いけるって感じが、グツグツと沸いてくる。

セレッソも修正して来て、ピンチも迎えるものの、紙一重で踏ん張るジェフ。
待望の先制点はセットプレーから。

再三、左のヤザーとタイスケが仕掛けていたが、セレッソが堪らずファウル。
蹴るのはタイスケ。 低いボールが森本へ。ヘッドで触ったボールが相手に当たり、キーパーを弾き、飛び込んだのはネイツ!泥臭く押し込んで先制。

さらに、そのすぐ後にも、ネイツが左に流れて、右足で巻いたコントロールショットを華麗に決める。
ネイツの2得点で、2-0。
どうだ、現役スロベニア代表の力は!と、吼えるジェフサポ。

こうなれば、後は残りの時間をどうマネジメントするか、だけだったが。
(自分が途中から見た時間は)圧倒的とも言えるジェフペースの風向きが変わったのは、2つの出来事。

1つは、金井が足の違和感を覚えて、田中にチェンジしたこと。
そして、飛び出したフォルランのゴールだった。

後ろから見たボールを、ゴールの位置もロクに見ずに、感覚だけで振りぬいたワールドクラスのゴール。
死に体だったセレッソに再び息吹を与え、そしてジェフには、攻めて攻めてハイになって忘れていた、疲労感と、追いつかれるかも知れない恐怖感を呼び覚ますゴールになってしまった。

何も恐れることはなかったのだが。
セレッソのプレッシャーをマトモに受けてしまう。

ゲームを落ち着かせるため、サトケンが投入されるが、いち選手でどうにもならない、大きな「流れ」がフクアリを包みつつあった。

フォルランにカカウ。何だかんだ言っても、力のある選手だ。
ノせてしまっては、分が悪い。

75分過ぎ、まずフォルランのシュートっぽいクロスが、カカウへの絶妙なアシストになって同点とされる。
さらに、今度はジェフの右サイドで粘られたところを、逆サイドで待つフォルランに通り、なんと逆転を許してしまう。

圧倒的な攻勢から、ものの数分で同点、そして逆転。
信じがたいが、やっぱり、彼らは別格の「個」の力を持っている。

逆転され、さすがにスタンドも意気消沈する。
けれど、今年のジェフは、ここからが違った。

82分、ぺナルティエリアの外で待ち構えていたパウリーニョが右足を一閃!
強烈なシュートが、そのままゴールに吸い込まれる。
ネイツに続き、圧倒的なゴラッソで再び同点に。

さらに、その一分後。今度は、森本の突破から、ネイツ、アドと繋いで、ディフェンスを突破。
アドが右足を振り抜いて、なんと逆転に成功する。
これまでだったら、このまま負けていただろうに!

だが、何と言う馬鹿試合。
この一撃でも終わりを見なかったゲームは、92分。
山下のゴールで4-4に追いつかれて、ついに打ち止めになる。

75分からの5得点なんて。
「あの」試合すら超えてしまっている、本当になんて試合なんだ!

ホームで勝てなかったのは痛い。勝てた試合だけに。
しかし、出し切った感はある。前を向いての引き分けだった。

今季。運動量、メンタル、連携、 様々なものが良くなってきている。
成長の途上ながら、いいゲームが出来つつある。
勝ち点2の喪失は本当に痛いが、若いDF陣には相当な経験になったのでは。

各選手のコメントも前向き。
今日の内容をさらに突き詰めて、続く京都、大宮とのゲームを乗りきって欲しい。

今日の試合をナマで観たサポは、ほんと期待以上のものを見られたと思う。
成績も、動員も、 この先につなげたい。そして、それが出来る土壌が出来つつあると思う。

小雨模様の天気と違って、心は随分と晴れやかだ。 
JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

ハードワークを貫く 第4節・岡山戦

image

第4節とは言え、首位攻防戦。
互いにここまでは、守りをベースにして好スタートを切ったが、その勢いどちらが本物かが試されるゲームだった。

フクアリは、午前中までは写真のようなお花見日和だったものの、予報通りに試合中は雨に。
一転して寒さが戻った中、熱戦が繰り広げられた。

スタメンはまたも変わらず。
サブにはヤマトが負傷から戻って初のベンチ入り。GKには岡が入った。
鈴木隆行や、コーキ、北爪、グッピーはベンチ外。
すでにここからして、厳しい競争状態だ。

伊藤大介や、竹田をはじめ、ジェフや千葉県ゆかりの選手の多い岡山。
今年からは長澤新監督が指揮を執る。どんなチームかと岡山サポさんに伺うと、つなぐ事も、放り込む事も、カウンターも、「みんな出来る」とのこと。あまり通り一遍等ではないらしい。さて。

コイントスに勝った岡山は、コートチェンジ。
ブーイングが響く中、キックオフとなった。

ゲームが始まると、お互いに切り替えの早い、激しいゲームに。
岡山は、最初からフルパワーで最前線からチェイシングを仕掛けてくる。
大介ですら、結構な勢いで追っかけて来るので、高木のキックが乱れたほどだ。

運動量と、コンタクトを恐れない、ややラフとも言えるプレー。
ジェフが苦手とするタイプ。
けれど、今日はと言うか、今年のチームはそれに怯まずに正面から受け止めて戦っていた。

前線の森本、中盤のパウリーニョやネイツ、ディフェンスの大岩にキム、それぞれ、当たり負けしないフィジカルを持った選手が、それぞれにサボらずに役割をこなしている。ガツガツと肉弾戦の様相になり、森本、勇人が頭を切ってテーピングを巻く。岡山の選手も何度も弾かれて、度々試合が中断する。

やや荒れ気味の展開。
その中で、ジェフは、キムや森本が惜しいチャンスを迎えるものの、あと一歩の精度を欠いて先制できない。

ぴりぴりとした展開のまま、後半へ。
岡山もギアを上げて来たが、それ以上にアクセルを踏んだのがジェフだった。

48分、左サイドから、タイスケのクロスを勇人がダイレクトキャノンで合せて決定機を作ると、そのすぐ後にもタイスケが切れ込んで惜しいシュートを放つ。さらにしばらく後には、この日二度目の勇人キャノンがぶっ放されるも、また惜しい軌道を描いて枠外へ。

ペースが落ちることなく、ぐいぐいと岡山を押し込んでいく。
展開が早く、選手たちは普段以上に疲れたろうが、この日は目に見えて運動量が下がるシーンは無かった。
スコアは膠着しているので、選手交代が難しかったが、一枚目はハルヤに代えて田中。
わりと長い時間を託されての交代となった。

お互い潰し合いの、ガードの上から殴り合い。
このまま点が入らないんじゃないか頭をよぎり始めた80分過ぎ。
ついに均衡が破れる。

左を崩し、ヤザーが持ち替えて、逆サイドへボールを送ると、田中の動きにDFが釣られたその裏から、身体ごと飛び込んで来たのは金井!頭で合せてついに中林の壁を破り、1-0。リードを奪った。

残り時間の少ない中でリードを許した岡山は、前線に本来DFの植田を送り込んでパワープレー要員に。
言われたとおり、臨機応変な戦いぶりで、シンプルにボールを放り込んでくる。
前がかりになった岡山のプレッシャーは相当なもので、何度か危ないシーンを作られたものの。

全員が身体を張って、虎の子の一点を守りきって、勝ちを収めることが出来た。
この勝ちは大きい。

例年のジェフなら、こう言う試合は引き分けか負け。 
後で、あの試合勝ててればというのが鉄板だったが、勝ちきることが出来たのは本当に大きい。
3月は3勝1引き分け。勝ち点10で首位となった。

明らかに運動量が上がり、当たりも強くなった。円陣ダッシュも様になりつつある。
これが続けられれば、いや、続けなければ、その先はこじ開けられない。

そして、次節からは、C大阪、京都、大宮の三連戦。
去年との違いを見せることが出来るか。
序盤の山場がやって来た。 

まずは水曜日。どんなゲームを見せてくれるか。
年度初めの平日なんて厄介極まりない日程だけど、とにかくフクアリへ。
大きな勝ちを立て続けにつかめるよう、頑張ってゆきましょう。 
JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

旧友の力を知るが故に 第3節・栃木戦

image

元々観戦予定ではなかったんですが、会社が休みになったのでグリスタまで行って来ました。
JR東日本の「休日お出かけパス」2670円+足りない区間の往復運賃(320円×2)で。
上野東京ラインが開通したので、東京駅から「快速ラビット」で宇都宮まで一本。
電車でもずいぶん行きやすくなりました。

良いお天気に恵まれたグリスタ。
しかし、試合の方は晴れ晴れとした内容とは行きませんでした。

メンバーは前節と変わらず。
サブも、北爪が外れて鈴木隆行が入った以外は変更なし。
 開幕連勝の勢いのままに、三連勝を狙います。

対する栃木は、二年前までの主将・パウリーニョを迎える、特別な一戦。
試合前の選手紹介では、パウリーニョに大きな拍手。
恩返しを喰らう訳にはいかないと、気合十分でした。

三月にも関わらず、やや暑いくらいの陽気の中キックオフ。
中盤で主導権を握ろうとするジェフに対し、栃木が採った戦術は、徹底して中盤を飛ばすこと。
パウリーニョのボール奪取能力の高さは、他のどのチームより彼らが知るところ。
その彼にボールを奪われてハーフカウンターを喰らえば、ピンチの山が出来ることを十分に分かっていたんでしょう。その彼を飛ばして、前線に長いボールが供給されます。

加えて、ジェフがボールを持てば、サイドに必ず枚数をかけて、ボールを奪いにやってくる。
ジェフはもう少し、中から攻めたり、サイドが詰まったときにもっと早く逆サイドに逃げたり出来れば、その栃木の包囲網を破れたんでしょうが、どうにも動き出しが鈍く、まんまと網にかかってしまいます。

森本まではボールが入らず、奪って攻めてもサイドで渋滞する悪循環。
打開するようなミドルや、ドリブルが出来ず、ボールが外へ外へ逃げて、シュートまで持ち込めない悪い時のジェフそのまんまに。

ただし、前半は大きなピンチはなし。
この試合でも、高木が非常に落ち着いていて、栃木の攻撃を冷静に潰してゆきます。

後半に入り、やや栃木が攻撃のピッチを挙げた事で、ゲームが徐々に動き出します。
ジェフも、井出のカットインからのシュートや、ネイツのドリブル突破などでアクセントをつけつつ、左のタイスケという武器を抜きにかかります。何度か、サイドからの崩しの試みがあった中、タイスケが左を完全に破って上げたクロスを相手が腕で弾いてしまい、PKに。
これを森本が沈めて、何とか先制に成功します。

ところが、その直後。
セットプレー崩れから、前線に残っていたDF尾本に、素晴らしいボレーを叩き込まれて、たちまち同点に。
危なかったシーンは、ここぐらいだったんですが、ものの見事に決められてしまいました。

その後は、攻め立てるものの、迫力不足。
前まで運びかけて、井出が後ろ向きにドリブルを始めてしまうようなシーンもあり、勇気が足りない展開に。

かといって、誰を変える?
と言われると、なかなか難しい展開で、時間ばかりが過ぎてしまいます。

井出に代わったアドも、いまいちゲームに乗れず。
3節でようやく出場機会を得たコーキも、わずかな時間の中では、セットプレーを蹴るくらいしか見せ場は無し。
結局、じりじりする、煮え切らない展開のままにタイムアップを迎えてしまい、ドローになってしまいました。

本当に、栃木とはこんな試合が多い。

栃木に上手く守られた感はありますが、ジェフに思い切りが無かったのがドローの要因でしょう。
強引にでもシュートを撃つ姿勢が足りなかった。
その中では、古巣との対戦に気合十分のパウリーニョが、時折見せていたミドルのようなシーンを、もっと他の選手が見せられれば、と言う不満は残りました。

試合後、仲間内では、「ドローが妥当な試合」だったし、またアウェイでのドローを肯定的に考える向きもありました。 ただ、やっぱりこう言うドローを、勝ちに変え、より劣勢な試合でもドローに持ち込むような逞しさがないと、J1昇格は難しいもの。

一戦必勝の気持ちで、本当に勝ちたい試合でした。
次は、首位に立つ岡山との対戦。
その後も、強敵が続きます。気合入れてゆきましょう。 
JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

ずっと求めていた“心臓” 第2節・水戸戦

これだけ動き、これだけ潰してくれれば、周りはどんなにラクだろう。
パウリーニョ。ジェフの新主将。
今日、フクアリに来たジェフサポの多くは、この新主将に魅了されたんじゃないだろうか。

−−−−森本−−−−
谷澤−−井出−ネイツ
−パウロ−−勇人−−
太亮−−−−−−金井
−−大岩−−キム−−
−−−−高木−−−−

メンバーは全く前節と変わらずで迎えた、ホーム開幕戦。
相手は、長崎同様に今季を迎えるにあたって、大きく選手を入れ替えた水戸。
とは言え、運動量と、フィジカル、そしてシンプルな攻撃は健在だ。

キックオフと共に、お互いが正面からぶつかり合う潰し合いの様相。
お互い、ジャブの打ち合いから徐々にペースアップして、ゴール前へと迫り始める。

その中心となったのがパウリーニョ。
中盤のあらゆる場所に顔を出しては、そのボールを戻さずに、シンプルに前へ運んでゆく。
相手ボールになるや、彼の「ボール狩り」が始まる。猛烈な勢いで追いかけ、フィジカルコンタクトや、スライディングを恐れず、とにかくボールを引っ掛けにゆく。水戸がカウンターを仕掛けようにも、ほとんど自陣で攻撃の芽がパウリーニョに吸われていく様は、さながらダイソンの掃除機のようだった。

そのパウリーニョを中心に、森本やネイツ、他の選手たちも、しっかりとボールを追いかけていく。
去年よりも展開が速く感じるのは、パウリーニョがボールをこねず、前へ運ぶ事と、それに周囲が連動して、走っているからだろう。プレスが面白いようにはまり、チャンスが生まれ始める。

森本が抜け出してシュートを撃ったシーンは、相手の好守備に阻まれたが、FKも絡めながら、チャンスの増え始めた20分過ぎ。左でフリーになっていた中村から、鋭い左クロスが上がると、中央でネイツがお手本のようなヘディングシュートで、幸先良く先制弾を叩き込む。

さらに、30分過ぎには、パウリーニョのFKから最後は金井のゴール。
(ただし、これは正直、帰宅後見たVTRでオフサイドのように見えたが)
2-0として、試合を有利に運んでいく。 


後半に入り、今度はホーム側でのゴールを期待して応援する。
しかし、中村のクロスからネイツが合せた決定的なシュートは、叩きつけ過ぎて、枠を外れてしまう。

後半は、全般的に水戸ペース。
ビハインドを負って、前に出るしかない柱谷監督。
次々に選手を変え、運動量を切らさずにジェフにプレッシャーをかけてゆく。

ジェフは、前半に比べてボールを繋げなくなった。
運動量が徐々に落ち、奪ったボールを前に運ぼうとしてミスが出る。

一方の水戸は、シンプルにボールを繋いで、ジェフゴールに迫りだす。
ただ、危ないシーンはあっても、枠内シュートはほとんど許さず、時間と共にゲームをクローズにかかる。
選手交代もあるにはあったが、試合展開は大きく変わらず。

追加点こそ奪えなかったものの、失点も許さず、時間をしっかり使ってタイムアップ。 
開幕二連勝。久しぶりに調子の良い春になった。


今日は、各選手が良かったが、誰か一人を挙げるなら、やっぱりパウリーニョだろう。
プレーが効果的なだけでなく、試合前の円陣をみても、試合中の身振り、味方への叱責をみても、主将としてチームの中心だった。本当に頼もしい“心臓”が加わったものだ。

彼だけでなく、ネイツ・金井の新加入二人も得点し、13,000人の観客に新しいジェフを見せられた。
上出来なホーム開幕だ。
さあ、これを続けて行こう。続きを読む
JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

完封発進 第1節・長崎戦

開幕戦に勝利。
長崎に勝利。
完封勝利。

今日は、これだけで十分だったのでは。
攻守共に、まだまだと言える出来ではあったけれども、「一戦必勝」の気持ちは昨年と何も変わらない。
苦しい試合をモノにして、勝ち点3を掴んだことは何よりだ。

−−−−森本−−−−
谷澤−−井出−ネイツ
−パウロ−−勇人−−
太亮−−−−−−金井
−−大岩−−キム−−
−−−−高木−−−−

開幕スタメンはこのメンバー。
ちょっと意外だったのは、トップ下の井出と右の金井。
それぞれ晃樹と北爪の先発も予想されていたから、チャンスを得た二人には大事な試合になった。

去年との違いは、やはり最終ラインに智が居ないこと。
穴埋めの補強も無かったから、正直心許ない。
そして前線からはペスが消えた。
何だかんだ言いながら、ペスの「個」の力に助けられた事は多かった。
これらの穴を全員で埋めて、その上を目指す。
今年のジェフはそう言うチームだ。

ゲームが始まると、立ち上がりは静かな展開だった。
メンバーが大幅に変わった長崎は、以前のような強烈な走力がみらない。
序盤、サイドを崩され、一点モノのピンチもあったが、高木が好セーブでこれをしのぐと、今度はジェフのチャンス。 
金井の右からのクロスを森本がヘッドで合わせ、こぼれ球に井出!
幸先良く先制点を奪う。
いい所に詰めていた、起用に応える一発だった。

ここから、しばらくジェフの時間帯が続いたものの、追加点は無し。
新加入のネイツは、時折良さを見せるものの、まだチームに融合されている感ではない。
チーム全体で正直、ミスも多く、ややフラストレーションを抱えた前半だった。

後半に入っても大きく展開は変わらない。
ビハインドの長崎が攻撃を仕掛けた事もあって、押し込まれる時間帯が長くなる。

少々気になったのは、クリアを簡単にコーナーに逃げてしまうこと。
また、あまり狙いの無いクリアが多いこと。
そのせいで、CKを与えてしまう事が多かったし、ボールを奪ってもカウンターに中々繋がらなかった。
恐らくは、危ない横パスをするリスクを避けて、セイフティーファーストを徹底しているのだろう。
このあたりは、これからの課題だ。

後半最大のピンチは、勇人がラインギリギリでクリア。
逆に最大のチャンスは、金井のクロスを谷澤がふかして失敗。
谷澤はいつもの谷澤だったが、余計なイエローもあり、要所を押さえられなかった。

その後も両チームとも、あまりシュートまで持ち込めない展開が続き、そのままタイムアップ。
1-0で開幕戦を掴むことが出来た。


試合を通じて目立っていたのはパウリーニョ。
ボールに絡む回数がダントツに多かったのでは。
出足鋭く、ボールに喰らいつき、手数をかけずシンプルに繋ぐ。
組んだ勇人は、かなりやり易かったろう。

勇人も、一点モノのピンチを救った事で大いに貢献。
それに、試合を通じて安定していた高木も、今日の勝利の立役者だった。

心配だった守備陣も、まずは完封勝利で良いスタートになった。
前述の繋ぎの問題や、細かいことを挙げれば色々あるけれども、結果を積むことで起用に応えて欲しい。

攻撃面では、森本がシュートを出来るシーンが少なかった。
サイドに流れるシーンも散見され、相手のマークが集中して、やりにくさを感じているようだった。
今季はより我慢を強いられるかも知れないが、やって貰うしかない。


今節の他クラブを振り返ると、降格組みのセレッソが引き分け、大宮が辛勝、徳島が引き分けだった。
やはり今季のJ2、一筋縄では行きそうにない。

最後に笑うには、本当に一戦一戦、勝てるゲームを勝ちきり、引き分けそうなゲームを勝ちに変え、負けゲームを引き分けに持ち込み、大敗を決してしない、その積み重ねしかない。
6年目のJ2、勝ち点1、得失点差1を最初からしっかりかみ締めて、足元とゴールを見つめて戦って欲しい。
さあ、開幕だ。 
JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

ハングリー精神の注入

開幕を目前に控えたこの時期に3人もの若手選手の加入が発表された。

新加入選手のお知らせ(公式)

FW 能登 正人 選手 背番号33 (バンコクFC/24歳/181cm・71kg)
DF 河津 良一 選手 背番号34 (専修大/22歳/177cm・70kg)
DF 伊藤 槙人 選手 背番号35 (駒澤大/22歳/183cm・74kg)


タイ1部からの移籍に、大卒が2名。
正直、実力の程は未知数。
キャンプからの練習参加で、Jでのプレーの機会をようやく掴み取った。
特にDFの2人に関しては、ジェフ側の補強事情によるところも大きいのだろう。

シーズン直前で、予期しない選手の加入は、10年前の水野晃樹を思い出す。

プレーで結果を出しさえすれば、晃樹のように大きく羽ばたく事も可能だろう。
彼らに期待したいのは、ともすれば日曜日のようだと例えられたチームのゆるい空気に、
生き残りを賭けたハングリー精神を叩き込む事だ。

その意味でまた思い出すのは、途中加入で奮闘した要田のプレー。 
プレーできる喜びを、スタンドまで伝わるような気迫に変えて、全力のプレーをしていた。

そう言うプレーが出来るなら、きっとチャンスは訪れるだろうし、結果もまた出せるだろう。

一日も早く、フクアリのピッチでコール出来ることを願って。
能登選手、河津選手、伊藤選手、ジェフにようこそ。
JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

再構築、道半ば TG・山形戦

image

ちばぎんカップが、ACLの影響で残念ながら今年は実施されず。
その代わりとは行かないまでも、新チームのゲーム形式のお披露目が、プレーオフを戦った山形を招いて、フクアリで行われました。 続きを読む
JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

開幕スタメン予想

さて、開幕まで一ヶ月。
情報も限られてますが、思いつくままに開幕スタメンの予想。
3/8はどうなっていることやら。
続きを読む
JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

2015シーズン前、補強雑感

プレーオフ決勝から一ヵ月半。
早いもので、2015シーズンの新体制発表となりました。

まだ開幕までに動きはありそうな感じですが、
ここまでの補強について、書いておこうと思います。
まずは、1/17(土)現在の戦力の振り返り。

[現有戦力]
GK 1.岡本、21.高木、△22.岡
DF 2.大岩、3.田代、20.キム、◎27.浦田、◎4.北爪、◎28.乾、○13.金井、▲24.栗山
MF 6.田中、7.勇人、8.谷澤、25.佐藤祥、26.井出、14.町田、16.佐藤健、17.中村、◎30.仲村、☆5.パウリーニョ、○29.水野
FW 9.森本、19.オナイウ、☆11.ペチュニク

監督 関塚

[凡例] 
「☆」・・・新外国籍選手  /「◎」・・・新人
「○」・・・移籍加入(完全)/「△」・・・移籍加入(期限付き)
「▲」・・・レンタル復帰 

[IN]
○コーチ 菅原
○コーチ 小倉
○フィジカルコーチ 里内
△GK 岡(185cm・75kg/J1甲府) 
▲DF 栗山(179cm・76kg/J3町田) 
◎DF 浦田(177cm・69kg/千葉U-18)
◎DF 北爪(177cm・71kg/専修大)
◎DF 乾(187cm・63kg/桐生第一高) 
○DF 金井(174cm・60kg/J1鳥栖)
◎MF 仲村(165cm・61kg/千葉U-18)
○MF 水野(173cm・66kg/J1甲府) 
☆MF パウリーニョ(177cm・77kg・ブラジル/J2栃木)
☆FW ペチュニク(189cm・83kg・スロベニア/レッドスター・ベオグラード(セルビア)) 

[OUT]
コーチ 武藤→J2福岡
フィジカルコーチ 大塚→J2札幌
GK 碓井→J1清水
DF 山口智→J2京都
DF 竹内→J1名古屋 
DF 天野→J1横浜FM
MF 山口慶→引退
MF 山中→J1柏
MF 兵働→J2大分
MF 幸野→J1FC東京
MF ナム→未定
FW 大塚→J2北九州
FW 戸島→J3町田(レンタル)
FW ケンペス→未定
FW ジャイール→未定
続きを読む
JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

人事を尽くして天命に敗れる プレーオフ決勝・山形戦

image

昨日の味スタ、本当に総力戦でした。
選手も指導陣も、フロントスタッフも、地域もサポーターも。

それでも敗れた。
同じだけ強い想いをぶつけてきた、相手に。
ほんの僅かな差で。

山形には、J1でこの勢いのまま活躍して欲しいし、 それだけの力はあると思います。

不甲斐ない試合だった。
誰それが良くなかった、そう言う感想も目にします。
けれど、自分の目には、誰しもが出せる限りの全力を尽くしていたようにしか見えなかった。

サッカーの内容は、いまいちだったかも知れません。
相手の勢いに押されて、バックパスを選んでしまったり、慣れない大舞台に緊張が見えたり。
普段通りの力が出し切れなかったと言われれば、確かにそうだったでしょう。

けれど、それでも全力でしたよ。
誰しもが、後一歩を掴み取ろうと、もがき、苦しんでいた。

山形が先制点を取るまで、時計の針が止まっているんじゃないかと思うほどに時間が流れるのがゆっくりに感じたけれども、点を取られてからは、時計が壊れているんじゃないかと思うほど、今度は時間が早く流れていった。

本当に、あと一歩。
必死、決死の総攻撃も、同じだけ必死な相手に弾き返されて、笛の音と共に、
水を打ったように静まり返る空気。
急に風が冷たく感じて、

ピッチに崩れる選手を、ただただ呆然と見ているしかなかった。
二年前にも見た、二度と見たくなかった光景。

負けるってのは、こう言うこと。
この負けは、ただの一試合の負けではなく、シーズンの全てが凝縮されたもの。
全力の全力を尽くして、まだ何かが足りない。
今日、この時に至るまでに、もっと出来たであろう何かが足りなかったと言うこと。

走力。判断力。
何が足りなかったんだろうと、静寂の中で、回らない頭の中で考えていました。

それでもまた、時間は過ぎて、こうしてジェフの歴史が刻まれて、
新しいシーズンはやって来るわけで。

今日、こうして、20,000ものジェフサポと共に、声を枯らし、この悔しさを共有出来たことを想い新たにしつつ。
来季また、第一節から、「一戦必勝」を積み重ねて。

来季こそ、J1復帰を掴み取りましょう。
みんな、一年間、お疲れ様でした。 
JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

【ご協力のお願い】 味スタをホームに。

明日のプレーオフ決勝、味スタをジェフイエローに染め抜くため、
応援の事前準備にご協力下さい。

ご協力可能な方は、明日10時 味スタ 北2ゲートへご参集下さい。

必要人員1,000名規模。
宜しくお願いします! 
JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

姉埼神社行って来ました

image
明日のプレーオフに向け、姉埼神社に勝ち運貰いに行って来ました。
おみくじは17番で大吉、タイスケがやってくれるんじゃないですかね。
神主さんから、運を引き寄せる扇飾りもお土産に頂きました。

J1復帰まであと一つ。
勝ちたい気持ちを強く持った方が、勝利を手繰り寄せられます。

山形は強いし、勢いを持っているけれども、
我々の方の勝ちたい気持ちの方が強いと断言出来ます。

明日は、味スタで声を枯らし、
人事を尽くして天命を待ちましょう。

オシム語録から、明日の試合への心構えを一つ引用。
「必ず勝ち点3を取りにいく。引き分けを狙うことはしない。そう思った時点で負ける。
引き分けのために全員で守るなんてことは絶対にしない。」
 
一戦必勝! 

JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

ユナイテッド後援会 「UNITED AWARDS 2014」開催のお知らせ

プレーオフ決勝戦は12/7(日)ですが、
その一週間後の12/14(日)に、ユナイテッド後援会主催の「UNITED AWARDS 2014」が、
千葉みなと駅近くの、ホテル「ポートプラザちば」で、開催されます。 

毎年、シーズン前に開催されていた激励会が、シーズン後に変更になったもので、
選手やスタッフと歓談しながら、シーズンを振り返ることが出来る企画になっています。

会員以外の方も、当日入会で参加できますので、ぜひお誘いあわせの上ご参加ください。
申し込み受付は、12/3(水)までとなっています。
詳しくは、ユナイテッド後援会のホームページで。

 「UNITED AWARDS 2014」のお知らせ
JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

シード権確保。さあ、あと一つ。 最終節・讃岐戦

一筋縄では行かないと思っていた最終節。
苦しい戦いではあったけれど、選手達がピッチで結果を出してくれました。

この試合の結果いかんで、3位もあれば、プレーオフ圏外もあった試合前。
普段通りにとは思っていても、どこか身体に余計な力が入っているような試合の入りでした。
プレーの一つ一つが、どこか萎縮したような感じで、ショートパスが精度を欠いて、相手に渡してしまうようなシーンが度々。反対に讃岐は、入れ替え戦に向けて気持ちの切り替えが出来ているようで、伸び伸びとプレーしていました。

讃岐優勢で試合が進んだ30分に大きなアクシデント。
センターサークル付近で、森本と讃岐DF藤井が接触。
森本は意識を失って、受身も取れずにピッチに崩れ落ちてしまい、救急車で搬送される事態に。
幸いその後の病院の検査で、異常は無いとの事でホッとしましたが、30分近い中断となりました。

森本の代わりに投入されたのは、ケンペス。
難しい状況での投入だったにも関わらず、大仕事をやってくれました。
前半終了間際、キムからのロングフィードをトラップすると、右足一閃。
バーを叩いたシュートが、跳ね返ってネットを揺らす、豪快な一撃で先制点をもぎ取ります。

ケンペスは、人差し指を両方の手で立て、森本の背番号「11」を作ってみせ、
ライバル関係ながら、チームの中の雰囲気のよさを感じさせました。

後半も、流れは大きく変わらず。
このまま勝ちきりたいジェフは、あまり前には出ずに、慎重な試合運び。
慎重すぎて、ろくにシュートも撃てず、逆に何本も危ないシーンを作られてしまったものの、とにかく今日も勝ちきることが何よりも重要。幸野に代えて、山中。町田に代えて井出を終盤に投入して時間も使い、粘って粘って、反撃をかわして、1-0でタイムアップとなりました。

中断があった事で、他会場は全て先に結果が出ていました。
磐田が1-1で引き分け、ついに最終節にして3位に浮上。
プレーオフは一試合目がシードされ、味スタでの最終決戦に勝てば、と言うところまで進む事が出来ました。

天皇杯も残すジェフにとっては、一試合目がシードになったことで、今週は水曜日の天皇杯に集中でき、そして森本の回復を待つ時間も取れると言う、考えられうる限りベストな結果になりました。

しかしまだ、何も成し遂げていません。
ただあるのは、J2に落ちたあの日の悔しさ、昇格を逃した二年前の悔しさ、 それだけです。
その全てを、ぶつけられる舞台に戻ってくる事が、ようやくできました。
あと一つ。ただ一つ。
まさに、一戦必勝で、J1復帰を掴み取りましょう。

第42節・讃岐戦 試合結果 (公式)

J2最終順位表(Yahoo!スポーツ)

J1昇格POは千葉、磐田、山形が進出…逆転3位の千葉がシードに(SOCCER KING)

FW森本が緊急搬送のアクシデントも…讃岐下した千葉が逆転3位!!(ゲキサカ)

千葉 J1昇格POへ 関塚監督 納得の勝利「チームとして一歩前進」(スポニチアネックス) 

2014J1昇格プレーオフ チケット情報 (Jリーグ公式)
※ジェフは、ホーム側です。

JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

大一番だけど

勝ち点3差で迎える土曜日の磐田戦。
間違いなく、今季で最も盛り上がる試合になると思う。
とにかく結果が欲しい。

ただ、そうは言いつつも、この試合で何かが決まる訳じゃない。
42分の1試合。勝っても、負けても、引き分けても、その先がある。
その事を忘れないようにしたい。

それにしても、磐田との対戦でこう言う緊張感がある試合は、
2005年のアウェイゲーム以来だろうか。
あの時は、ジェフが一方的に恨み辛みをぶつけただけだったから、
双方の意地と意地がぶつかるような試合は、
優勝を掴み損ねた2003年のアウェイ戦まで遡るか。

その両方が、アウェイのゲームだった。
それが、今回はホームで戦える。

J2暮らしが長くなり、その間にスタジアムを離れてしまったジェフサポも多い。
願わくば、この一戦に集い、溜まった想いを声援に変えてぶつけて欲しいものだ。

磐田も、この試合に賭けて来るだろう。
それを弾き返し、勝利を引き寄せるのは、これまでの苦しい時期を知っているからこそ作れる、
フクアリの空気だろう。 

久しぶりに、試合前から楽しみな一戦。
良い空気を作って、勝ちましょう。 
JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

この流れを逃すな! 第38節・群馬戦

時間は後半40分。
スコアは、0-1。

秋葉め、上手くジェフ対策を練ってやがる。
森本はガチガチにマークされ、左サイドは何重にも守りを固められてる。
本職じゃない慶の右サイドの緩い守りとはえらい違いだ。

既に井出、ケンペス、兵働を投入。
攻勢はかけてはいるものの、打開の糸口が掴めない。

群馬はボールを奪えば、手数をかけずに中盤を飛ばして前線に蹴ってくる。
前の選手は総じて仕掛ける意識が強い。
孝太にやられた失点が重く圧し掛かる。

正直、今日はこのまま逃げ切られるかと、頭をかすめていたところだった。
それがまさか。

中央にボールが渡る。
よく見えなかったけれども、ペスが左足を振り抜いたのはかろうじて分かった。
勢い良くシュートが突き刺さり、けれども喜びもしないペスの姿がある。

ああこれは。
これで終わる気は無い。
勝ちきるつもりだなとスタンドに空気が伝わる。

前節の森本の強烈なゴールの余韻も相まって、
群馬のスタンドの半分を埋めた黄色いサポーターから、
「この試合勝つぞ」と、気炎が上がる。

時間はもう無い。
とにかく前へ。
ペスが、井出が、何度かチャンスを掴みかけるが、ミートしない。

ロスタイムも2分が過ぎ、左の崩しから、ペスがシュートを放つ。
外れたと思った軌道のシュートが、突然方向を変えてゴールに飛び込んだ。
まさかのオウンゴール。逆転。

こう言う事は、めったにあるもんじゃない。
それこそ、孝太が胸で飛び込んだ小瀬か、それとも2008年の最終戦か。

ゲーム内容はよくなかった。
群馬のゲームだった。
しかし、勝ったのはジェフだった。
重い、意味のある勝利。

強く感じるのは、大きな流れを掴みつつある事だ。
それを、しっかりと掴むことが出来るか。
それとも、みすみす逃してしまうか。
運だけじゃ説明できないものを、手繰り寄せるのは、最後まで全力を尽くし、
相手の意思を挫けたかどうかだろう。

そして迎える、ホーム・磐田戦。
一ヶ月前、 この試合を、こう言うシュチュエーションで迎えると予想できただろうか。
「こうだったら良いな」ぐらいに思っても、それが現実となるとは。

次節が全てでは無いのは分かっている。
けれども、シーズン終盤、大事な試合をホームで迎える事が出来る喜びが抑えられない。
こうなったら、緊張感も含めて、楽しんで勝ってやろう。
今季がどう言う結末を迎えるにしろ、絶対に磐田戦は面白い戦いになる。

その空気を作るのは、選手であり、サポーターだ。
さあ、一週間後が楽しみになった。 
JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

リアル・タイガーショット炸裂! 第37節・大分戦

大分との対戦成績は確かに良い。
けれど、大事なところで壁になって来たのも大分だ。

優勝まであと一歩だった臨海の試合しかり、
記憶に新しい、二年前のプレーオフ決勝の国立しかり。

そして、今日もまた、今季のJ1昇格への生き残りをかけた重要な一戦。
大分は前節松本に敗れ、ジェフ以上に、この試合への気合は強烈なものがあった。
それを、ホームで挫くことが出来るか。

ジェフのスタメンは、リーグ戦のレギュラーメンバー。

−−−−森本−−−−
谷澤−−町田−−幸野
−−健太郎−勇人−−
中村−智−−キム−慶 
−−−−高木−−−−

コートチェンジをされて始まったゲームは、序盤から激しい展開になった。
大分は、徹底してロングボールを前線に送り込む戦術。
その球の出どころの中心になっていうのは、ボランチのダニエル。
屈強なフィジカルだけでなく、ポジションのツボを押さえた守備で、厄介な壁となって立ちはだかる。

対するジェフは、相手のDFウラ狙いと、サイドアタックを併用。
以前よりも明らかに、「前へ」ボールを出す意思がハッキリしていて、
健太郎からのパスや、勇人の飛び出しに、二列目の三人が絡んで攻撃を組み立てる。

慌しい展開で始まった前半。
ゲームを動かしたのは、谷澤の一撃だった。
右サイドに流れたヤマトからのボールを中央で上手くコントロールすると、
反転してDFをかわし、GKの頭を抜くループシュート。

先制したジェフと、追いかける大分。
お互い、チャンスは作るものの、決定的と言えるチャンスはそう多くない。
ジェフは、高木を中心とした守備陣が、今日も集中して守っており、 
攻め込んでもいたので、二点目が欲しいところだったが、前半はそのまま1-0で終了となった。

後半。さらに大分のペースは上がる。 
交代のタイミングもジェフよりも早く、より一層、ダニエルを中心とした守りから、
手数をかけずに前線にボールを放り込んでくる。
単純だが、何度もやり続けられると、じわじわとダメージが蓄積する。

特にジェフは連戦。よく頑張ってはいたが、フィジカルでは、大分の方が優勢の状況下、
時間と共に運動量が落ち、サイドが高い位置を保てなくなっていく。

跳ね返しても、前でキープができず、ボールがすぐに戻ってくる。
余裕の無いバックパスが増え始め、そこを大分が狙ってくる。

そんな最中、接触プレーで、GK高木が頭を負傷してしまう。
傷から血が出ているのか、なかなかプレーを再開できない。
5分以上は治療していただろうか。
ゲームにぽっかりと、大きな時間的な穴が開く。

ゲームが再開して、ジェフも交代のカードを切り始める。
1枚目は、勇人から大岩。
慶をボランチに上げて、サイドと中央の守備の強化をはかる。
大岩は、副将らしく、プレーだけでなく、大きな身振りでラインを上げろと指示を飛ばす。

これで落ち着くかと思ったが、ポジションを変えた慶が、ミスパスをダニエルに渡してしまい、
絶体絶命のピンチ。やられたと思ったが、ダニエルが外してくれて、何とか事なきを得る。

ジェフはさらに、幸野に代えて井出のカードを切る。
ロスタイム直前、その井出が中央に踊り込んで、強烈な左足シュートを放つ。
決定的な追加点になるかと思ったが、わずかに枠を外れて、お互いに決定機をモノに出来ない。

そのプレーのすぐ後。
ジェフの左サイドでボールを受けた大分FW為田が、切れ込みながら、
角度の無いシュートを放つと、これが絶妙なコースに決まって、ロスタイム間近で同点とされてしまった。
沸き立つ大分のゴール裏、意気消沈しながらも、奮い立とうとするジェフの選手たち、スタンド。

そして、それは、唐突にやって来た。
中央でボールを受けた健太郎から、ペナルティエリアの少し外側に居た森本にタテパスが入る。
絶妙なトラップで追いすがる大分のディフェンスを引き剥がすと、
身体を捻りながら、全体重を乗せた強烈な左足シュートを放つ。

一直線に飛んだボールは、大分のGKの手を弾いて、勢いを殺すことなく、ゴールネットに突き刺さった。
静まり返る大分のゴール裏。それだけの威力のある、鮮烈な一撃だった。
大分の守備とか、何もかもを無効化する強烈な個の力。
ストライカーのストライカーたる所以、そのもののようなゴールだった。

かつて、「怪物」と言われたのは、だからか。
まざまざと。そして、ようやく見せつけてくれた。 

ロスタイムは7分。
大分は、それでも最後まで攻め込んできた。
けれども、こちらも必死に守りを固める。
長い長いロスタイムがようやく終わり、そして勝利をもぎ取る事が出来た。

これで三連勝。順位は五位のまま。
しかし、とてつもなく大きな勝ち点3だ。

何よりフクアリで、久しぶりにこう言う熱くなる試合を見ることが出来た。
最後のゴールだけでなく、90分を通じて、選手の運動量、執着心、前へ出る姿勢が変わってきていると感じる。
シーズン最終盤に来て、今季最高の状態になりつつある。

選手達が口々に言っていたように、まだ五試合が残っている。
そして、ジェフは、自動昇格には遠く及ばず、プレーオフ進出を守れるかどうかという位置でしかない。
それを肝に銘じて、目の前の戦いに挑むのみ。
その為のサポートをするのみだ。

次は群馬。一人でも多く現地で声援を。
JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

田代の日 天皇杯準々決勝・C大阪戦

試合はスカパーでやったゴールシーンと、田代のクリアくらいしか観れていませんが。 
何はともあれ、遠征組の皆さん、お疲れ様でした。

フォルランとカカウの2トップを見たときには、これは厳しいなと思ったけれども、
リーグ戦ここ2試合の流れを上手く引き継いで、ゲームをコントロールして勝利。

特に、決勝点に繋がるプレーと、決定機を防いだ田代は、
スタートはCBで、途中からポジションをボランチに上げてチームを支え、
怪我と出場停止リーチで不安を抱えるリーグ戦の守備陣に明るい材料をもたらしたのでは。

上昇気流のまま、日曜日のホームゲームに繋げて欲しい。
天皇杯だけでなく、リーグもトーナメントのようなもの。
この流れを止めぬよう、サポーター、スタジアム一体の空気を作って盛り上げてゆきましょう。 
JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

急に遠征に行きたくなったら



Fire TV Stick(新型)
Amazon

DAZNをTVで観戦する為にどうぞ。






オシム元監督関連書籍


Number PLUS
イビチャ・オシム
日本サッカーに告ぐ2014
文藝春秋 (2014/4/14)

過去にNumber誌上で掲載されたオシム元監督のインタビュー記事を集めたもの。ジェフ時代について触れた内容もあるので、当時を知らない方もぜひ。



オシムの言葉
フィールドの向こうに人生が見える
木村 元彦 (著)
集英社文庫(2008/5/20)

ジェフサポのバイブル。旧ユーゴ時代監督時代の奮闘に涙し、オシム監督と共に戦った日々に奮い立ち、感謝出来る一冊。文庫版では、代表監督時代38頁を大幅加筆。



オシムが語る
シュテファン・シェンナッハ(著)、 エルンスト・ドラクスル (著)、 小松 淳子 (著)、 木村 元彦 (著)
集英社インターナショナル(2006/12/15)

ジェフの監督として来日する前、オーストリアで2002年に出版された本の和訳です。サッカーの話に止まらず、御大の哲学、人となりに触れる事が出来る一冊。御大自身が語った言葉が多い本で読み応えがあります。



イビチャ・オシムの真実
ゲラルト・エンツィガー (著), トム・ホーファー (著), 平 陽子 (著)
エンターブレイン(2006/11/24)

以前、サッカーJ+で連載されていた、ジェフ入団前までのオシム監督の半生を語る一冊。元々はオーストリアで刊行されたもの。現地の視点での同監督の分析が興味深い。



引き裂かれたイレブン〜オシムの涙〜[DVD]
ビデオメーカー(2007/03/21)

オシム監督の旧ユーゴ代表監督時代の苦悩を収めたドキュメンタリー。ユーゴスラビア紛争に伴う代表の崩壊までが生々しく記録されている。サッカーよりも、民族紛争と戦争と言った、当時のユーゴの困難な状況を知る上で貴重な資料。



オシムからの旅
木村 元彦 (著)
イースト・プレス (2011/12/21)



イビチャ・オシムのサッカー世界を読み解く
西部 謙司 (著)
双葉社 (2007/04)



オシムの伝言
千田 善 (著)
みすず書房 (2009/12/23)



オシムのトレーニング
千田 善 (著) 、イビチャ・オシム(監修)
池田書店 (2012/4/12)



オシムの戦術
千田 善 (著)
中央公論新社 (2010/05)



勝つ日本
田村 修一 (著)
文藝春秋 (2012/4/10)



考えよ!
なぜ日本人はリスクを冒さないのか?
イビチャ・オシム (著)
角川書店(2010/4/10)



恐れるな!
なぜ日本はベスト16で終わったのか?
イビチャ・オシム (著)
角川書店(2010/10/9)



祖母力 うばぢから
オシムが心酔した男の行動哲学
祖母井 秀隆 (著)
光文社 (2008/1/24)





サッカー雑誌・MDP・新聞の切抜き等の整理にオススメ


2013年モデル
スタンドタイプ型
ドキュメントスキャナ
PFU ScanSnap SV600
本を分解せずにスキャンOK
A3まで対応



2012年モデル
ドキュメントスキャナ
PFU ScanSnap iX500 FI-IX500
速度を強化した新型モデル。


2011年モデル
ドキュメントスキャナ
PFU ScanSnap S1500 FI-S1500-A

型落ちで手頃な価格に。本や雑誌を丸々スキャンするようならコレ。


2012年モデル
ドキュメントスキャナ
ScanSnap S1300i FI-S1300A

10ページ単位のスキャンが主ならコレ。ただしA3キャリアシートは不可。


2010年モデル
モバイルスキャナ
PFU ScanSnap S1100 FI-S1100

価格と携帯性が◎。数ページのスキャンならコレで十分。A3キャリアシートも使えます。


行けないアウェイは
スカパーで



【日本赤十字】
東北関東大震災義援金受付


livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ