JEFSPIRIT News

ジェフユナイテッド市原・千葉とサッカーに関するニュースと雑感記



オシム監督、帰国

b20fd92e.jpg
今朝、成田からオシム監督が帰国されました。空港に集まったサポーターは20〜25人ほど。

予定では、8時20分過ぎには空港に到着の予定だった監督でしたが、寝坊?したとの事で、到着は9時過ぎに。しばらくして、出発ロビーの奥からでもすぐにわかる、大きな体がゆっくりと現れました。
サポーター達の姿を見つけた、監督の奥さんがまず大喜び。
カメラを撮り出し、「あなたが撮ってよ」と言う感じでサポーターの輪の中に奥さんが入って、監督がカメラマンに。その後、監督も入って記念写真。この時点ではチームスタッフが誰も居なかったので、誰も監督に上手く言葉では伝えられませんでした。けれども、ゲーフラを広げたり、監督の写真のパネルを掲げたり、それぞれのやり方で監督に気持ちは伝わったのではないかと思います。

しばらくして、小倉コーチ・吉野コーチが登場。
さらに祖母井統括部長が到着。監督との間に立って、通訳を買って出てくれました。先日の、姉崎でグリダーレさんと話をされた時のように、「今年の成績も応援のおかげ」「ジェフサポーターは数は少なくても、熱心で心強く思っている」とおっしゃってくれました。
「来年またお出迎えをしなくてはならないので」と、サポーター某氏が用意していた来年のカレンダーに再来日の日付?をシールで貼り付けた監督。笑顔で、そのカレンダーを懐にしまっていました。

最後に、集まった皆に祖母井部長やコーチ陣も加わって再度記念撮影。
続投、でOKですよね?監督!再来日を待ってますから、よい休暇を過ごしてきて下さい!

JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

野本、新潟シンガポールへ

今季で契約が終了した野本選手の新潟シンガポールへの移籍が内定しました。
遠く離れた異国の地で、彼の姿がなかなか見れなくなってしまうのは残念ですが、彼の地で逞しさを更に身につけて、Jの舞台で対戦できる事を楽しみに待とうと思います。
頑張れ、野本!

JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

オシム監督が続投意向

今年最後の練習となった9日、オシム監督が条件付ながら続投の意向を示したとの事。
条件とは、阿部・村井・茶野ら主力の残留と、DF・FWに即戦力となる若手選手を獲得すると言うもの。
三年目を迎えるにあたって、これまで足りなかったあと一歩を踏み出す為に、その意欲がクラブにあるのか、それを監督がクラブに問うていると言っていいだろう。後はクラブがどれだけの本気度を見せられるか、だ。資金が少ないのは皆わかっている、その中でどうやりくりするか、投資する資金を作り出せられるか、フロントの手腕の見せどころだ。

JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

サッカーW杯アジア最終予選、日本の初戦は北朝鮮

W杯ドイツ大会アジア最終予選の抽選会が9日、マレーシア・クアラルンプールで行われ、日本はB組に入り、イラン、バーレーン、北朝鮮の3か国と対戦することになった。
前々回フランス大会の第三代表決定戦で死闘を演じたイランは言わずもがな、近年急速に力をつけているバーレーンが同組と厳しい組み合わせになった。また、両国間で多くの問題を抱える北朝鮮も同じ組に。
最終予選と言うこれ以上無い真剣勝負の舞台で、日本サッカーが日韓W杯を経てどこまでレベルアップしたかを亜細亜各国に見せ付ける決戦が始まる。あのフランスを前にした予選のように、魂を揺さぶる試合を観れるのだろうか。日本という国に対して、今の選手達がドコまで誇りを持って戦ってくれるのか。ジェフの選手達は、代表選手に食い込めるのか。楽しみでならない。


<日程表「Road to Germany」>

2月 9日 北朝鮮(H)
3月25日 イラン(A)
3月30日 バーレーン(H)
6月 3日 バーレーン(A)
6月 8日 北朝鮮(A)
8月17日 イラン(H)


JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

臨海ゴール裏改修が一年凍結

千葉日報より。

市原市の佐久間市長が、市議会一般質問で言及したもの。蘇我球技場の完成を待って、改修方法を検討するとの事。

記事文中で相変わらずクラブの「市原」から「千葉」への呼称変更について触れられていたが、いい加減決まった事に対してグチグチ言い続けているようだと、心象が悪いよ佐久間さん。先日の市民意識調査の結果で、46%の市民がクラブに対して「これまで以上の支援を」と答えている事を勘案しても、引きずってるのは市原市じゃなくて佐久間市長だけなんじゃ?
先日のスタンプラリーイベントでもシラける挨拶をしていたけれども・・・気持ちを込めて応援出来ないなら、顔を出さない方が良いんじゃ無いですか?クラブを応援したいと思っている多くの市民の代表でもあるんですからね、貴方は。

『市原市のホームタウンのあり方を見直しながら、芝生スタンドや市原産の木材を使った木製スタンドなど、規模は小さくても特色のある競技場に改修したいという。』
こんなアイデアが出てくる事自体、10年以上プロサッカークラブのホームタウンをやっているとは思えない。呼称がどうであろうとクラブを支えていく意志があるのか、じっくり考えた方が良いんじゃ無いですか?自覚と覚悟が足らないですよ、市原市さん。


JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

オシム監督インタビュー

またもや監督のインタビューが掲載されています。
そしてまだまだ思案中。アマルさんのコトについても、ちょっと触れられています。監督の言いようは、自分の体のことでチームに迷惑をかけないかも含めて、じっくり考えていらっしゃる様子。どういう結論でも受け入れるから、時間をかけて、出来ればジェフサポが期待する答えを出して下さい、監督。

<クロアチアへ行こう・クロアチアサッカーニュース>


JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

横浜FCリトバルスキー監督が退任

ここのところ、「元ジェフ」の面子が一線から退く姿が目に付きます。
先日来報道のあったリティも、横浜FC監督を退く事になりました。日本に残るのかは不明。
まずは、お疲れ様でした。

<時事通信>


JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

J優秀選手に、GK櫛野、MF村井・阿部

今年のJ優秀選手が発表され、櫛野・村井・阿部の3人が選出。
サカマガで櫛野がGKの年間評価点で一番高かったから、ベストイレブンに現実的なのは彼くらいかな。

<Jリーグ公式>


JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

オシム監督、蘇我スタに立つ!

昨日12/2(木)、オシム監督・選手・スタッフが初めて蘇我スタを見学しました。
ユナイテッド後援会さんのサイトに、その時の模様が紹介されています。監督以下、来年もこのメンバー皆が蘇我スタで躍動できる事を願って止みません。

<ユナイテッド後援会・新着ニュース> <サンスポ>


JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

契約非更改選手(04/12/01)

DFミリノビッチ
MF望月重良
MF金位漫
MF野本安啓
FW羽地登志晃

12/1(水)時点、以上5選手。ジェレの場合は、本人の希望もあったのでいわゆる「戦力外」ではなく、円満退団と言うところだろう。いずれにしても、各選手の今後の健闘を祈ります。

個人的にずっと応援していたので、敢えて言います。頑張れ!野本!!


JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

仙台・ベルデニック監督・越後コーチが解任

昨日付けの紙面から、こちらも寂しい話題。
01年のジェフ躍進の立役者・ベルデニック監督と、旧古河電工時代から草創期のジェフを支えた越後コーチが解任。仙台の監督には、トップチームでの監督経験の無い元日本代表の都並氏が招聘されることになり、監督・コーチ陣が一新される。

仙台は“無理をして”J1に居た頃の、他チームからレンタルされた選手ばかりで構成されたチームから脱却してようやく基盤を固めようとしていたところで、この決定は性急過ぎるだろう。一昨年、さらにその前から準備を進めて今季に臨んでいた川崎や大宮との力の差は認めるべきで、場当たり的な解任はむしろチーム状態を悪化させるだけだ。

せっかく、ベルデニックと長期契約を結びながらこの判断とは。
(ウチは任せたくても任せられなかったのに)
最後は、フロントと監督の確執が表に出るほどになっており、フロントが悪い意味でしゃしゃり出てくるチームはロクなコトにならない。高卒新人を一年で切ったりもしているようだし、固い結束を誇っていた仙台がどうなっていくのか、正直先行きが怖い。

ベルデニック監督・越後コーチ、まずはお疲れ様でした。

<ニッカン>


JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

木澤(水戸)が引退

横浜FCの真中に続いて寂しい話題。
Jリーグ草創期に新進気鋭の右サイドとしてならした、水戸の木澤選手が引退。思えば、同選手も35歳に。当時は、右の木澤・左の永輔という高速サイドバックコンビに、躍進の期待を抱いたもの。その後、鈴木和(京都)の加入等によって出番が減り、ジェフを去っていた。

真中さんもだけれど、正直ここまで現役を続けてくれるとは思わなかった。
本当にお疲れ様でした。

<水戸公式>


JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

“ジーコ選抜”に阿部・村井が代替出場

新潟県中越地震被災者支援のために12月4日に行われる慈善試合:アルビレックス新潟vsジーコ・ジャパン・ドリームチームのメンバーに、阿部・村井が追加召集された。名良橋@鹿島の負傷及び、明神@柏の入れ替え戦出場のため。

何はともあれ、アピールの機会と言うことで前向きに。


JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

順天堂大・藤田を獲得へ

何度か練習にも参加していた、順大のDF藤田義明(180cm/64kg)を獲得することが濃厚になった模様。
TGでは中盤をこなして右やTOP下もこなしていたらしいので、ワリと能力的にはマルチに使えるタイプなのかも。パスが捌ける(判断が早い)のは、今年声をかけている選手に共通する特徴。
DFがある程度足りている事を考えると、層の薄いボランチあたりで出場機会を掴みそうな感じがする。
JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

阿部が変わり始めた?

阿部が何か変わり始めたように思う。
試合中の鬼気迫る表情、磐田戦後の主将コメントでの涙、何か彼の中で心境の変化があるんじゃないだろうか。場内一周の際、阿部だけがサポーター一人一人の顔をじっくりと見つめ、差し出した手を、両手で包み込むように握っていた。

陳腐な言葉だが、「大人になった」とでも言うのだろうか。
これまでに無く、彼が頼もしく思えた瞬間だった。

彼が語った「何か一つでもタイトルを」その願いも、そして近いようで遠かった「代表」も、彼自身の力で手に入れてしまうんじゃないだろうか。気の早い話だが、2005年は阿部の年になりそうな予感がする。


JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

グリダーレさんとオシム監督の会談

昨日27日(土)、姉崎練習場でグリダーレさんの呼びかけによるオシム監督への続投要請企画が行われました。

Web上での呼びかけを見る限り、集まってコールをするくらいなのかと思っていたら、練習後に監督と直接お話できる機会が設けられて、クラブハウスの裏手で即席の会談となりました。グリダーレの2人が代表としてメッセージを伝え、それに対してオシム監督が応える形式。

監督は、「今この場で来年も続けるかを答える事は出来ない。家族、体の問題もあり、ヨーロッパに帰ってから決めたい。ヨーロッパに帰るのは予め決まっていた事で、それは他のチームの監督になると言う事ではない」とおっしゃっていました。

15分ほどにもなる、長いやり取りの中で監督からは、
「戦っているのは私ではなく、試合に出ている選手達だ」と選手の頑張りを労う言葉や、「ジェフのようなクラブは与えられたものの中でやるしかない」「ジェフを『優勝させてくれ』と言われていたなら、監督を引き受けては居なかっただろう。『変えて欲しい』と言われたから引き受けた」「新スタジアムをどうするかは、チーム次第だ」そうした、クラブ全体への言葉を聞く事が出来ました。

その中でもサポーターに向けられる言葉は熱くさせられるもので、「ジェフサポーターは数は少ないが、質はとても高いと思っている」「選手達にもビッグクラブではなく、ジェフのようなチームを応援し続けて行くことはとても勇気あることだと話している」とおっしゃってくれました。

この中で、もちろん続投の結論は出ませんでしたが、最後に代表の一人と握手をし、「私は彼一人と握手をするが、ここに集まった皆さんやジェフサポーターの皆さんと握手をしたと思っている」と話されました。
結論がどうなるかは、本当に分かりません。続けて欲しいけれども、無理は言えません。監督がどう言う決断を下そうとも、それを尊重したいと思います。改めて、素晴らしい監督の下で自分たちはサッカーを観ている。そう思わされました。


JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

U-19日本代表候補にDF水本・MF水野

12/3〜8まで行われるU-19日本代表候補合宿に、ジェフから水本・水野の二人が選出。水野は、Jリーグでの活躍が認められての初選出となる。ライバルは、福岡の右サイド・中村北斗か。


4日には場所不明だが、ジェフとのTGも予定されている。
ちなみに、1/9〜28まで同代表はカタールへの長期遠征。このまま二人が選ばれるかはわからないが、忙しい2005年のスタートになりそうだ。


<JFA>


JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

“機関車”真中が引退

元市原で、横浜FCのDF真中幹夫(35)が今季限りで引退。
草創期の市原で、中盤からセンターバックへコンバートされ、小柄ながら当たり負けしない頑丈な体躯と、溢れ出る闘志で最終ラインを引き締めた。95年1STの好調時、DF“マザー”バシリエビッチと組んだ強固な守備が忘れられない。

J1通算101試合出場/無得点。一度現役を引いた時期があり、引退は確か二度目。
本当にお疲れさまでした。


JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

東京戦展望

前節、チームは見事に蘇った。
消化試合にはさせない強い気持ちが、大勝を呼び込んだ。その強い気持ちをずっと続ける事が出来れば、勝利は引き寄せられるだろう。あと二試合しか2004年の市原のゲームは無い。このメンバーでやるものあと二試合。気持ちを入れて、この試合も勝ちに行く。

<市原>
GK:櫛野
DF:水本、ジェレ、茶野
MF:坂本、勇人、阿部、村井、工藤
FW:要田、サンドロ

<東京>
GK:土肥
DF:金沢、藤山、増嶋、加地
MF:三浦、今野、戸田、石川
FW:ケリー、ルーカス

大輔が出場停止。加えて、前節初ゴールを決めた水野が負傷で恐らく間に合わない。しかし、ここで頼もしい選手達が帰ってきた。茶野・工藤・サンドロと言った面々だ。先週末から通常メニューに復帰し、サテライト組としてコンディションの調整に努めている。実際、この試合に出してくるかは微妙なところだが、残りに試合で2位を目指す為にも、先発出場ではないかと予想する。

これで、DFには右に茶野・左に水本が入り、中盤は勇人がボランチに坂本が右WBと言う本来の形に戻って、トップ下に工藤が入る。前線は微妙だが、コンディションを落としている巻に代えてサンドロを先発させるか。前節初ゴールを決め、徐々にフィットしてきた要田とタイプは似通っているが、面白いコンビになる。

茶野以外の2人を使わない場合は、右WBに楽山を入れるか、ボランチに中島を入れるかで、FWは巻の強行出場だろう。

東京は、前節新潟を相手に4失点。
浦和を完封した鉄壁の守備は影を潜め、増嶋が仕切るDFラインは脆弱さを露わにした。市原とて新潟に3失点しているので他チームのことをとやかく言えないが、ジャーンと茂庭が居るよりは組し易いのは確か。特に茂庭が居ると阿部のFKの障壁として厄介なので、欠場なら助かる。

その他攻撃陣は健在。
特に前節の大敗を踏まえて、気を引き締めて試合に臨んで来る事が予想されるので、大勝の気の緩みが心配な市原とは好対照だ。

村井vs石川、阿部vs今野と言う局地戦、水本vs増嶋のU-19代表の同僚の競演も楽しみな一戦。市原は、再び気持ちを引き締め直して、勝利だけを目指す。


JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

神戸戦展望

先日の天皇杯4回戦で共にJ2のチームを相手に敗れたチーム同士の対戦。
どちらも、敗戦からの精神的な立ち直りがテーマになる。両チーム共に優勝争いとも、残留争いとも離れ、モチベーションの維持の難しい一戦。市原は、敗戦の屈辱を糧にしてホームの観衆にこの試合こそ勇姿を見せたい。

<市原>
GK:櫛野
DF:水本、ジェレ、斎藤
MF:坂本、勇人、阿部、村井、水野
FW:要田、巻

<神戸>
GK:山本
DF:土屋、高木、北本
MF:朴康造、佐伯、丹羽、ホルビ、薮田
FW:播戸、和多田

天皇杯では登録が間に合わずに出場が見送られた要田が出場の見込み。前線で苦闘する巻と2トップを組む。少しでも要田が負担を減らす事で、前線の活性化を図りたい。要田は神戸の在籍経験もあるので、個人的には雪辱戦でもあるはずだ。

中盤の攻勢は変わらず。フィジカル不足を露呈している水野が中島に代わる可能性もある。それ以外は現時点での不動のメンバー。前線が手薄な分、主導権を握れるかはいつも以上に重要だ。
サブに控えるだろう、怪我上がりの工藤をリードした状態で迎えたいところ。
DF陣は計算が立つので、とにかく中盤から前がキーになりそうだ。

神戸も苦しい。外国籍選手二人を欠くのは市原と同じ。その他にも怪我人を複数抱える。
怖いのは、今季絶好調の播戸が健在なこと。1STでやられた和多田も怖い。前線の駒には余裕がある。

反面、守備陣は2NDから高木が仕切るなど不安要素を抱える。
攻低守高の市原、攻高守低の神戸。共に不安を抱えつつ、気持ちの強さで上回れるか、ギリギリの戦いが予想される。


JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ

急に遠征に行きたくなったら



Fire TV Stick(新型)
Amazon

DAZNをTVで観戦する為にどうぞ。






オシム元監督関連書籍


Number PLUS
イビチャ・オシム
日本サッカーに告ぐ2014
文藝春秋 (2014/4/14)

過去にNumber誌上で掲載されたオシム元監督のインタビュー記事を集めたもの。ジェフ時代について触れた内容もあるので、当時を知らない方もぜひ。



オシムの言葉
フィールドの向こうに人生が見える
木村 元彦 (著)
集英社文庫(2008/5/20)

ジェフサポのバイブル。旧ユーゴ時代監督時代の奮闘に涙し、オシム監督と共に戦った日々に奮い立ち、感謝出来る一冊。文庫版では、代表監督時代38頁を大幅加筆。



オシムが語る
シュテファン・シェンナッハ(著)、 エルンスト・ドラクスル (著)、 小松 淳子 (著)、 木村 元彦 (著)
集英社インターナショナル(2006/12/15)

ジェフの監督として来日する前、オーストリアで2002年に出版された本の和訳です。サッカーの話に止まらず、御大の哲学、人となりに触れる事が出来る一冊。御大自身が語った言葉が多い本で読み応えがあります。



イビチャ・オシムの真実
ゲラルト・エンツィガー (著), トム・ホーファー (著), 平 陽子 (著)
エンターブレイン(2006/11/24)

以前、サッカーJ+で連載されていた、ジェフ入団前までのオシム監督の半生を語る一冊。元々はオーストリアで刊行されたもの。現地の視点での同監督の分析が興味深い。



引き裂かれたイレブン〜オシムの涙〜[DVD]
ビデオメーカー(2007/03/21)

オシム監督の旧ユーゴ代表監督時代の苦悩を収めたドキュメンタリー。ユーゴスラビア紛争に伴う代表の崩壊までが生々しく記録されている。サッカーよりも、民族紛争と戦争と言った、当時のユーゴの困難な状況を知る上で貴重な資料。



オシムからの旅
木村 元彦 (著)
イースト・プレス (2011/12/21)



イビチャ・オシムのサッカー世界を読み解く
西部 謙司 (著)
双葉社 (2007/04)



オシムの伝言
千田 善 (著)
みすず書房 (2009/12/23)



オシムのトレーニング
千田 善 (著) 、イビチャ・オシム(監修)
池田書店 (2012/4/12)



オシムの戦術
千田 善 (著)
中央公論新社 (2010/05)



勝つ日本
田村 修一 (著)
文藝春秋 (2012/4/10)



考えよ!
なぜ日本人はリスクを冒さないのか?
イビチャ・オシム (著)
角川書店(2010/4/10)



恐れるな!
なぜ日本はベスト16で終わったのか?
イビチャ・オシム (著)
角川書店(2010/10/9)



祖母力 うばぢから
オシムが心酔した男の行動哲学
祖母井 秀隆 (著)
光文社 (2008/1/24)





サッカー雑誌・MDP・新聞の切抜き等の整理にオススメ


2013年モデル
スタンドタイプ型
ドキュメントスキャナ
PFU ScanSnap SV600
本を分解せずにスキャンOK
A3まで対応



2012年モデル
ドキュメントスキャナ
PFU ScanSnap iX500 FI-IX500
速度を強化した新型モデル。


2011年モデル
ドキュメントスキャナ
PFU ScanSnap S1500 FI-S1500-A

型落ちで手頃な価格に。本や雑誌を丸々スキャンするようならコレ。


2012年モデル
ドキュメントスキャナ
ScanSnap S1300i FI-S1300A

10ページ単位のスキャンが主ならコレ。ただしA3キャリアシートは不可。


2010年モデル
モバイルスキャナ
PFU ScanSnap S1100 FI-S1100

価格と携帯性が◎。数ページのスキャンならコレで十分。A3キャリアシートも使えます。


行けないアウェイは
スカパーで



【日本赤十字】
東北関東大震災義援金受付


livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ