今朝のスポニチ他によると、フル代表候補に水本・水野・山岸らがリストアップされており、中でも水本の選出が有力とのこと。

ご存知の通り、水本は1対1の地上戦・空中戦に絶対的な強さを発揮するマンマーカー。相手からボールを奪い取ること、決定的なピンチでは躊躇無くマークを捨ててでもピンチを潰す判断力が魅力の選手。結城のような機を見ての攻撃参加も回数も今年になって増え、セットプレーでも得点に絡み始めている。日進月歩の成長にも応援のし甲斐のある選手だ。
ただ、一方でボールを奪ってからの繋ぎのパスの精度や、夏場の終盤戦のスタミナには課題を残しており、フル代表はもう少し先かとも思っていた。先代は使い続ける事で成長を促そうとしているのだろうか。現在の代表には専門のセンターバックタイプが少なく、中澤の代表引退示唆もあって、呼ばれればチャンスだろうが。

しかし、昨日は大分の深谷が候補と報道されたり、本当に呼ばれるかは分からない。
ただ、少なくとも周囲を納得させるには、Jでの分かりやすい結果が必要だろう。現在、チームの失点は下から7番目の41失点。当然、DFだけのせいでは無いが、チームとしての失点を減らす事で評価も上がる。

先日の京都戦の後は、無失点に安堵したのか良い表情をしていた。
まずは、週末の大分戦で深谷との候補対決で結果を出したいところだ。

<スポニチ>


JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ