開幕戦、力を出し切れずに敗れ、焦燥ばかりが募る。
ブーイングで出迎えねばならないのが、悔しい。そうするのは、このチームで何かを成し遂げたいから。今年こそ優勝をしたいから。けれども、この日の戦いからは、「優勝」の二文字などとても口に出来ない。不可解な采配からは、新シーズンへ向けての期待と、掴みかけていた自信の両方をいっぺんに失いかねない危うさを感じた。名古屋は強かった。しかし、勝てる可能性も十分にあった。勝利の可能性を、自ら手放してしまう。“自滅”とも言える危険な敗戦では無かっただろうか。

アマル監督は、何がしたかったのか。
それが見えてこないのが、何より怖いのだ。

続きを読む

JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ