飛車角落ちの大宮相手に、一方的に攻め込みながらも突き崩せない。
1点をもぎ取るために、恐ろしいほどにパワーが要る。水本・水野を強行出場させ、岡本を外して立石を先発させても、どんな形でも良いから、とにかくこの試合は勝たなくてはならなかった。掴んだはずの「きっかけ」を失ってしまった、ナビスコのガンバ戦と神戸戦の結果を受け、正に背水の危機感がチームに宿っていた。

試合前から、ピッチに現れた立石に大きなコールが起こる。
いつもより大きな歓声は、誕生日や久々の出場へのものではなく、「なんとかして守り抜いて欲しい」と言う願いを込めたものだった。スタメンは、いつも通り。五輪組の二人が居る事が、ある意味では「異常」だったが。

続きを読む

JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ