4連勝同士の対決となるFC東京戦。
共に、この試合が今季終盤戦への重要な試金石へとなる事を自覚している。下位に低迷した今季、ここまでの勝利は自分達のサッカーを目指しながらも、どこか「とにかく勝ちきる」こと、目先の勝利を重視した戦いだった。

だが、降格の危機をほぼ脱した今、残された僅かな試合で、ジェフが進むべき道を確かにする事もまた重要だ。前監督が築いた、走力と連動性、切り替えの速さと思考力が一体となったジェフのサッカー。それが出来るか、それで勝てるかもまた重要な要素だ。

その意味で、ホームに迎えるFC東京はまたとない相手。
ここで、自らのサッカーを持って打ち倒す事が出来たなら、自信は確信へと一歩近づく事が出来るだろう。

前回の対戦では、あまりにも悪いジェフの姿があった。
誰の責任でもなく、全てが悪かった。あの再現は、まさかあるまい。

4-4-2・DVでバランスよく構え、縦に早く抜ける原東京のサイドの裏を抉り、復活した茂庭の裏をどうやって突くのかが勝利の鍵になる。
ジェフの右には、栗澤と金澤が、左には石川と徳永が対面する。その意味では、右で攻め、左で守るような展開が要される。だからこそ、奮起が求められるのは智の左サイドだ。ここで攻め込めるようならば、東京はかなり押し込まれる事になるだろう。プレッシャーがきつくても、前に前に運ぶこと。それが、東京の出鼻をくじく。

もう一つのキーは、2TOPの選択か。
巻と新居か、巻とレイナウドか。それとも、レイナウドと新居か。その組み合わせ次第で、東京DF陣の対応もかなり変わるだろう。そろそろ、レイナウドが決める予感がする。大宮戦でも、荒れたピッチの中で正確なコントロールを見せたレイナウド。涼しくなったフクアリのピッチで、躍動する姿が見られそうだ。

反対に守備では、好調を維持する下村の奮闘に期待したい。
ここでボールを奪えれば、中央が薄い東京は一気にバランスを崩す。パスだけでなく、思い切りのよいシュートで、アクセントをつけて欲しいものだ。戻すプレーはいらない。

好調同士の戦いだけに、最初から激しい戦いになりそう。
前回対戦の倍返しをするつもりで、最初からトップギアで行って欲しい。勝てば10位は確定。目指すは、一桁。そしてその先だ。


■予想先発
GK立石、DF大輔・中島・水本、
MF下村・勇人・智・晃樹・浩平、FWレイナウド・巻


JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ