昨日、FC東京戦前のサポーターミーティングに参加された方はご存知かと思います。
サポーター有志による、年内早期のサポコミ開催を求めた署名活動がはじまりました。

ジェフユナイテッド再生を目指して

多くのサポーターがジェフの現状を心配しています。
二年連続のJ2残留、六年連続で成績が前年を下回る異常事態や、観客動員の減少。
サポは、繰り返される中身も結果も無い試合に、やり場の無い思いを溜め込み、応援を止めてしまった仲間も居ます。

ベストを尽くしていると言いながら、なぜこうなってしまっているのか。
そうしたサポの疑問に、クラブは真摯に向かい合おうとしていません。
今季もこのまま、何の説明も行わないままに、シーズンを終えようとしているようです。

このままで良い訳がありません。
このままシーズンを終えて、シーチケの営業を受け、分かりましたと更新できるでしょうか。
クラブは、現状を、そしてこれから先のジェフをどうしたいのかを、サポに説明する責任があると思います。

今回、サポーター有志が立ち上げてくれた署名活動では、
まず、年内早期(12月11日(日)まで)のサポコミ開催を求めています。 

12月3日(土)水戸戦で集約し、署名に参加したサポの総意としてクラブに対して届けます。
その後もし、早期のサポコミを開催するつもりが無いとの回答であった場合には、説明責任を果たさないクラブをサポーターとして信任出来ず、三木社長の退陣要求も辞さないと言う内容になっています。

詳細は、リンク先ページをご確認下さい。
ジェフユナイテッド再生を目指して
署名用紙ダウンロード(PDFファイル)

尚、活動にあたっては、署名だけでなく、当日の署名活動や署名用紙の集計など活動に協力下さる有志の募集も合わせて行っております。時間が限られている為、水戸戦当日にぶっつけの活動になる事が予想されますが、ぜひ、署名の趣旨をご理解いただき、活動に賛同下さいますようお願いいたします。

※インターネット署名も開始になりました(12/1)

JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ