ついに、その時が来てしまったと言うべきか。
タテさん、大さん、茶野に続いて、坂本さんまでも。

ひとつのジェフの時代の終わりを感じます。

入団当時は、こんなに欠かせない選手になるとは思わなかった。
万博での2ゴールのデビューが、つい先日のよう。

永輔から引き継いだのは、背番号だけでなく、チームを引っ張ると言う責任感。
姉崎ではいつも、一番先頭で走り、一番大声で、試合に出れば当たり前の全力プレー。負け試合でも、一番早く一番サポーターの近くに駆け寄ってくれていた。
ピッチを離れても、若手への細やかな気遣いを欠かさない。

キャプテンは阿部でも、チームの顔が巻でも、坂本さんは、替えの効かない、チームをまとめる力を持っていた。

その坂本さんが引退する。
大きな穴が、ぽっかりと開いてしまうけれど、クラブに残ってくれると言う。坂本さんの、これから先のサッカー人生がまだまだジェフと共にあるのは、素晴らしい事だ。

今年は、なかなか出番が無かったけれど、アップでも妥協は無かった。

再びJ1へ。
その願いは、後輩へ託す事になったけれども。
いつの日か、J1で指揮する坂本さんが見たい。

坂本さん、長い間、ありがとうございました。
土曜日は、精一杯、コールさせて頂きます。

JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ