今日は体調不良の為、バックスタンドから観戦。
久々にTV観戦以外では、90分間試合の流れを追って観る事が出来た。

試合は3-0で勝利する事が出来たけれども、課題は変わらずに多いなと感じた試合だった。

ジェフは前節、長崎に敗戦。
そのからスタメンを少し弄ってきた。
山中、田中、サトケン、竹内が外れ、谷澤、井出、兵働、天野がスタメン。
怪我の山中以外は、戦術的な変更が原因と考えられた。
井出、兵働のスタメンは、鈴木監督の「繋ぐ」意思がより強固になったように感じる。

ゲームが始まると、珍しくジェフがラッシュをかけた。
前へ前へボールを送り込み、細かいパスでサイドを崩し、クロスでフィニッシュを伺う。
開始早々の兵働のミドルを皮切りに、2分には左サイドを中村が突破し、中央でケンペスが頭で合わせ、早々に先制点を奪う。その後も、兵働のミドルや、町田・井出のシュートで熊本ゴールを脅かす。
熊本は後手を踏んで、ジェフの攻撃を許し続けていた。

ただ、ここで畳み掛けられないのが今のジェフ。
相手は、養父の散発的なミドルと、サイドからのクロスで好機を演出するも、正直キレがあまり無い。ジェフ同様、フィニッシャーが誰なのかが、伝わってこない。
プレッシャーは弱い。
にも拘らず、どうにも自分でペースを緩めてしまう。

原因は、やっぱり前線の動き出しの悪さ。連動性の無さ。
如何せん、二人以上が連動して、相手を崩しにかかる形が作れて居ない。
ボランチに収まったゴールは、どうしても出しどころが少なくて停滞がちになる。
折角、兵働を使っているのに、パスの出しどころがない。

畳み掛けるチャンスを自ら手放し、結局、1-0のままゲームは後半へ。

熊本も、このままではいけないと反撃に出てくる。
が、これが好都合。逆手を取る形で谷澤が輝いた。

前半から、井出とポジション交換して、右サイドに張っていた谷澤が、面白いように相手を攻略していく。前半は左の中村中心だった攻撃が、何度も右にボールが出るようになる。
相手からしたら嫌らしいコトこの上無いが、谷澤にボールが出ると、タダでは終わらない。相手に当ててコーナーにしてみたり、はたまた自分で切れ込んでみたり。

追加点は流れのままに谷澤から。
右の深いところから上げたクロスが養父に当たってOG。
2-0となる。

前半、後半とも早い時間に点がとれて、ますます勢いがつきそうな流れだったが、予想も出来ないアクシデントに見舞われてしまった。GKと1対1になりかけた井出がGKと接触。
よけた際に残った足が、相手のGKに当たってしまい、判定は何と一発でレッド。

ヨコから見ていたけれども、どう考えてもレッドは厳しすぎる判定。
場内が騒然となり、ここから判定も荒れに荒れだす。
神経質な笛に、乱発されるイエローにイライラが募る。

数的優位になった熊本は、巻を投入し、反撃の機会を伺う。
ジェフは、町田を左MFにして、4-4-1の布陣でしのぐ。

しかし、数的不利とは、正直あまり感じなかった。
熊本の攻めに相変わらず迫力が無い。スタミナも、スピードも。
これまでの対戦相手のように、カウンターを喰らう恐れをあまり感じないのだ。

五分五分か、ジェフよりの展開の中、ダメ押しが入る。
ケンペスがペナルティエリアの右でキープしていたボールを谷澤に預けると、反転してループシュート。これが決まって3-0とする。

ゲームの趨勢は決まっていた。
ここから先、20分ほどは、竹内、勇人、田中とカードを切り、ゲームを落ち着かせ、クローズさせてゆく。ゲームはそのまま、3-0で終えることが出来た。


スコアだけ見れば快勝ではあるものの、素直に喜べない。
今日は、相手の不調もあって、あまりにも選手がフリーになっている時間が長かった。

ボールを前に運ぶには、フィニッシュに繋ぐには、その為の動きや勇気が今日も足りなかった。もっと撃てたと思うシーンがあったし、フォローが無く孤立するシーンも何度も見られた。

勝って兜の・・・とは言うけれども、今日の試合の内容はまだまだ。
ただ「繋ぐ」ではなく、ゴールへの最短ルート目指して、全てのスピードを上げていって欲しい。相手に関係なく、自らが主導権を持ち続けられるように。

JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ