成田空港に帰ってきた途端に、日本協会の川淵会長の口から出た次期代表監督にオシム監督と交渉しているとの発言(この件は、トップページの方で)。

この発言によって、ドイツW杯の反省や責任の所在、あまつさえ「ジーコ監督」の存在すら、どこかに追いやられてしまって、次期代表監督のセンセーショナルな話題にマスコミまで一気に染まってしまった。自分は、この「失言」は「意図的」なものであると思う。川淵会長が、説明し辛いW杯の結果から世間の目線を逸らせる為に、そうしたのだと推察する。

仮にオシム監督が代表監督に就任したとしても、こうした姿勢・体制を是正しない限りは、日本代表が真に強くなる事は無いと思う。こうした次期監督の話を進める前に、川淵会長そして日本協会には、このW杯の結果に対する責任の明確化と、今後への反省と取り組みをハッキリさせて欲しい。反省無くしては、何も成長は無い。この4年間が本当に「何も無かった」ことになってしまう。

御大は、「商業主義」や「干渉」を何よりも嫌う。
その御大に声をかけると言うのなら、まずは自らの襟を正してから臨むべきだ。

JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ