ブログネタ
ジェフ千葉 に参加中!

やるか、やられるか。
それしかない試合だ。
例え、アウェイであろうとも、J1に残る為には、1−0でも良い。5−4でも良い。
必要なのは勝ち点3だけ。必ず勝たなければならない戦いだ。

ジェフは現在15位。
危機的な状況には変わりは無い。
浮かれた気持ちに、冷や水を浴びせた新潟戦の引き分け。ホームで、しかも内容的にも押し込まれての引き分けは、ジェフサポの残留に賭ける気持ちを、今一度引き締める為に十分なインパクトがあった。
今まで以上の、強い気持ちを持って、この試合に立ち向かわなくてはならない。

この試合、アウェイである事がミラー監督の選ぶ布陣にどのような影響を与えるか。
ここまでの戦い方を踏襲するならば、ボランチに戸田を置き浩平が右に入る、京都戦に近い守備的な布陣を敷いてくる事だろう。しかしながら、絶対に勝ち点3が必要なこの試合において、敢えて、監督はその逆を衝いて来るとみる。

すなわち、ホーム用と同じ浩平をボランチに深井を右に置く、攻撃的布陣だ。
FWにはレイナウド。前線ミシェウと共にタメを作らせ、二列目以降の飛び出しを最大限に活かす。
攻撃を前面に押し出し、先制点を奪う。前に出ざるを得なくなる大宮の裏を衝き、さらに突き放して、終盤の巻投入で逃げ切る。

−−−-レイナウド-−−−
谷澤−−ミシェウ−−深井
−−下村−−工藤−−
良太-エド−池田-坂本
−−−−岡本−−−−


対する大宮は、春に対戦した時に苦渋を舐めさせられたデニス・マルケスは負傷で欠場濃厚。また、ペドロ・ジュニオールも、既に移籍してしまって居ない。
このため、現在はFWには長身のラフリッチを配し、彼を基点としてロングボールを前線に送り込む戦術を取っているが、結果は出ていない。攻撃に関しては、全く別のチームになってしまった。

ラフリッチは、パワーも技術もある選手だが、速さはさほど無い。エドにマークさせれば問題はないはずだ。また、周囲に絡む、藤本や小林大には個人技もあるが、彼らにも圧倒的な速さはない。引いて、守られたとしても、新潟戦のようにカウンターへの対応で防戦一方になる事は無いはず。自信を持って押し込めば良い。

つまり、この試合に関しては、如何にホームの如く自分達のサッカーが貫けるかだ。
敵は、自らの弱気。相手に合わせてしまうこと。
相手を怖がる必要は無い。大宮がどれだけ強い気持ちでこの試合に臨もうとも、ジェフは、チーム一丸となってそれ以上の気持ちをぶつけて勝ちに行く。

その空気を作れるか。
選手の、監督の背を押す応援を。
フクアリの空気を、大宮に作れ!

JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ