20100925台風通過中のユナパ。
試合前日にも関わらず、見学者は20人ほど。姉崎の頃を思い起こさせる。

Bコート前では、選手たちがシュート練習を黙々と行っている。
時折、坂本の高い声が響き、勢いのあるシュートが決まる度に、メンバーの中から歓声が起こる。ミドルシュートを打ち込み、こぼれ球を狙う練習。両サイドからのクロスに合わせる練習。間断なく攻撃の精度を高める練習が続く。

インターバルを挟み、ハーフコートでのミニゲーム。
細かいエリアでのパス回しの反復は、今季の定番の練習だ。
チームを3つに分け、入れ替えながら全体で意識を共有する。試合前日とは言え、納得の行くまで身体を動かすのが、江尻監督の練習だ。1時間半ほどのメニューをこなし、軽く身体をほぐした選手たちが上がっていく。


今日は、江尻監督と話をしようとユナパにやって来た。
こう言うチーム状況、こういう天候だからこそ、話をする機会があるのではないかと思っていた。練習を終えた江尻監督がこちらを見つけると、「何かありますか?」と話かけて来てくれた。ユナパになってから、なかなか聞けなかったが、久しぶりに監督の生の想いを聞くことが出来た。

江尻監督は、「自分は昇格を諦めていない。人生を賭けて勝負する。」と熱く語り始めた。

結果を出せていない現状。監督としての苦しい立場。その中でも、熱く芯に一本通っているのは、サポーターと同じ、いや古河時代からの歴史を背負う人間として、それ以上の「ジェフを何とかしたい」と言う信念だった。ジェフがそのスタイルを確固たるものにしつつあった2006年。そこからの瓦解。2008年最終節の残留劇。外からジェフを見ていた時代、彼自身どれだけジェフの低迷を歯痒く思っていたか。

その中で自ら火中の栗を拾った昨年。
どうにかして、もう一度ジェフらしいスタイルを創り上げたい。この先に繋がるジェフのスタイルを、何としても残したい。他の監督と比べての経験の無さを、江尻監督自身認めながらも、それでも自分の信念を貫くと強く言い切った。

その為に、どんな苦境であっても、絶対に諦めずに戦い抜く。
その思いを選手に伝え、それが出来る選手を、ピッチに送り込むのが、自らの仕事だと言った。


実際、監督としての経験や引き出しは、まだ足りないのかも知れない。
しかし、江尻は現役時代と変わらずに江尻だった。我々サポーター以上に、ジェフを愛し、全身全霊をもって、このクラブを立て直したいと言う想いでは、一番の監督だろう。
「この黄色いユニフォームに、エンブレムに自分は誇りを持っている。同じ想いの、サポーターにも応えなくなくてはならない。そのための選手を、明日の栃木戦では送り出すし、自分達のサッカーをやり抜きます。」
退路無き、迷い無き境地。それが、今の江尻監督だった。

江尻は江尻なりに、「ジェフはジェフのサッカーをやる」と言い切った。
ならば、それに応えて最高のプレーをするのが選手であり、最高の応援をするのが我々サポーターと言うものだ。明日の栃木戦、そしてその先の10試合、我々の力の限りを尽くして勝利しなければならない。

gate_flag

結果が出ない。それを監督を代えろの一言で済ますのは簡単だ。
だが、想いを同じくして戦っている監督と戦う事がサポーターでは無いのか。我々は、何を「応援」しているのか、それを一人一人のサポーターが今一度考えるべきではないだろうか。

この監督の気炎・覚悟が、文章でしか伝えられない事が悔しくてならない。
戦うも、諦めるも、自らの意思次第。江尻は戦うと言った。我々はどうか。
残り11試合。最高の応援で、結果を掴もうじゃないか。
JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ