エスナイデル監督は言う。
「ゴールチャンスを作ることはできましたが、それを生かす決定力がなかった。」

その通りではあると思う。
あれだけキープし、相手の倍以上のシュートを放ちながらも、結果は敗戦。
決定力の言葉の前には、どう得点を奪うかと言う問題が立ちはだかる。

そのヒントを誰よりも体現したのが、GKの佐藤優也だったのは、皮肉としか言いようが無い。
最後の攻撃。時計は既にロスタイムを終えようとしていた。
あそこでもし、ボールを大きく蹴っていたら、周りに繋いでいたら、きっと笛は鳴っていただろう。

最後まで諦めない気持ちが、佐藤優也にドリブルを選択させた。
審判も面食らっただろう。
ゲームを切らず、一直線に駆け上がられては、ただ彼を追いかけるしかなかった。
ぐいぐいと持ち上がり、センターサークルも超えて、スルーパスを近藤へ送る。
キーパーにマーカーがいようはずも無い。金沢は全く対応できなかった。

右に展開されたボールは、クロスとなり、ラリベイが渾身のヘッドを叩きつけたが、枠外。
捨て身の攻撃も実らなかった。

「何が何でも得点を奪う」
佐藤優也には、その気持ちがあった。
相手の虚を衝く意外性があった。
ゴールへ一直線に向かうドリブルと、スルーパスがあった。

要はそう言うことだ。

ゴールへの最短コースを衝く、気持ちと、プレー。
それがジェフに足りないものだ。

この支配率に、佐藤優也のような気持ちとプレーが加われば、
勝利を積み重ねる事は、そう遠い話ではない。
やるか、やらないか、それだけだ。

image
 
JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ