最後まで戦い、3PKとはいえ、アウェイでドロー。
今やれる事はやった。
そう、肯定的に捉える事も出来る。

けれど、自分には、2位の町田にチームの成熟度の差を見せられた、限りなく敗戦に近い試合だったと感じた。この試合でも、3失点。優也の活躍と、ポストに当たらなければ、さらに失点は増えていた。複数失点する事が当たり前になっていて、感覚が麻痺しつつある。
これは、異常な事なんだ、こんなに点を獲られて良いはずが無い。

今日でシーズンの2/3が終了した。
現実問題、昇格は困難。
今季の残り試合をどんな位置付けで戦うのか、チームのありようが問われている。


−−−−−

IMG_20180812_133805

IMG_20180812_183134
低い雲が空を覆い、蒸し暑さに拍車をかける野津田。
今回は、ユナイテッド後援会のバスツアーで参戦。

この試合からエスナイデル監督がベンチに戻って来たジェフは、
前節からメンバーを大きく入れ替え。

LINEUP111534254870520
ロドリゲス→優也、勇人→アンドリュー、矢田→茶島に加え、
レンタルで獲得したばかりの下平を、乾に代えていきなりスタメンで使って来た。

試合前、エスナイデル監督は、「相手陣地でボールを奪ったら、相手のフォワードが早く動き出してボールをそこに蹴るというのは分かっています。」と、町田の戦いぶりについては理解していた。
それは、ここ何試合もの失点の原因にも通じるもので、理解していても、解決策を示せていないのが大きな問題だった。下平の獲得、投入は、抜本的な問題解決ではなく、あくまで、ベターな選手に置き換えることで、問題を小さくしようとするものだった。

1534089661562
試合が始まり、その下平は、無難なプレーを見せ続ける。
その中で、ロングフィードをラリベイにピタリと合わせ、チャンスを作るシーンも作った。
先任の乾よりも、守備に対しての意識が強く、1対1になっても粘れる。
そこは良かった。

が、ジェフの守備の問題はそれだけじゃ済まない。
ちょうど、町田は格好の比較対象だった。

ジェフと町田は、近しい戦いをしていた。
すなわち、前線からプレスをかけ、それをシンプルに前に運んでゴールを目指す。
ハイライン、ハイプレス同士のミラーゲームのようだった。

が、その細部が異なる。
例えば、サイドの守備。
町田は、ジェフの選手がボールを持つと、2人が対処に当たる。
ジェフは、サイド攻撃を仕掛けようとするも、有効なボールがほとんど上げられない。

対して、ジェフのサイドの守備は、サイドバックの裏にボールを出されて、
あるいは、そこでボールを持たれてから、それをマークにあたる選手が、後ろから「間に合えぇぇぇぇっ!!」ぐらいの勢いで、一か八かで追っかけて対応する。

そんなんだから、しょっちゅう、致命的な1対1を作られてしまうし、
開幕戦の増嶋が犯してしまったように、後ろから相手を倒してしまったりする。
そう、開幕戦の頃から、ほとんど改善できていないのだ。

サイドがそんなだから、フォローに入る選手のプレーも、余裕が無くなる。
今日の1失点目、きっかけになったフリーキックは、アンドリューが犯した、不要なバックチャージからもたらされたものだった。

同じような戦いをしていても、偶然性に頼っているのがジェフで、
詰め将棋のように確率を上げているのが町田だった。

そうして、オウンゴールから失点した後も、
試合展開自体は五分五分に近いように見えても、
攻められている回数が多くは無くても、
よろい致命的な状況に陥っているのは、ジェフの方だった。

44分、2失点目。
ジェフの右サイドから深々と突破を許し、ペナルティエリア内に戻ったアンドリューが何とかクリアするも、それを拾われ、平戸に反転しながらシュートを決められてしまう。


1534089535289
後半開始と共に、矢田旭を印象の乏しかった浩平に代えて投入。
矢田自身のコンディションは上々で、ゲームへの溶け込みもスムーズ。
けれども、まだこの段階では大きな流れは変えられない。
むしろ、町田の時間帯が増えていく。

54分には、ジェフのCKからカウンターを受け、
一気にシュートまで持ち込まれるも、ポスト。
さらに、60分にも波状攻撃を受けて、連続でシュートを喰らう。

ポストと、優也のセーブが無ければ、このあたりで、0-4までリードれていただろう。
が、それでも防ぎきれず、63分には、再び右を破られ、
詰めていたアンドリュー、鳥海も及ばず、最後は下平もかわされて、
再び平戸に、その能力の高さをまざまざと見せ付けられて3点差とされる。

正直、この時点で、今日はかなり厳しいと思っていた。
クロスは上げても、シュートにはいけないシーンばかりだったから。

1534089598801
ただ、途中投入の矢田の展開力、突破力と、
指宿の長い足を活かしたキープと、意外性のある突破は、
船山、為田の両翼のDFライン裏への抜け出しを導き、
わずかばかりの可能性は見せていた。


が、まさか、ここからこんな展開になるとは。。。

74分に、CKの展開。指宿が中に上げようとしたボールが
相手の手に当たって、PKを獲得。これを指宿が自身じ鎮めて、まず1点。

77分、指宿がDF裏に抜け出して、ペナルティエリア内で倒され、PK。
船山が沈めて、2-3とする。

さらに、81分。
今度は、町田の左翼を抉って、クロスを上げようとすると、
これがまた手に当たって、PK。船山が決めて同点。。。

IMG_20180812_203623


IMG_20180812_205159
こんな短時間で三発のPK。
どれも、妥当な判定だったので、ピッチ内もそこまで揉めなかったけれども、
陸スタで、反対側が見えづらい野津田だけに、ホーム側のサポからすれば、
納得できない心情は、正直、分からないではない。

当然、スタジアムの空気は、ここでは感じた事が無いぐらい、
殺伐としたものがあったけれども、
それも「珍しい記録」として、しばらくすれば片付けられるぐらい、妥当なものだった。

そうして、試合を振り出しに戻したジェフ。
戻されてしまった町田。

町田も、ジェフよりは、ケアをしていた両翼の裏側が、
セーフティリードに気が緩んだか、
あるいは、連続PKの浮ついた空気に、一瞬集中が途切れてしまったか。
とにかく、あの時間帯だけだった。

お互い、ドローでは終われないと攻め合うも、精度を欠き、
決定的なチャンスは迎えられない。

ジェフは最後の攻撃のコマとして、為田に代えて、乾をウイングで投入も、
スコアは動かずにタイムアップとなった。

IMG_20180812_205846
最初に書いたように、試合は町田のものだったと思う。
細かい部分の精度がだいぶ違った。
町田は、順位だけのチーム力がある。

ジェフは、PKで無ければ、得点は奪えなかっただろう。
クロスが、当たらずに、そのまま上がっていれば、ファーに流れたか、
それともキーパーにキャッチされたか、点にはなっていなかったと思う。

酷暑の中、選手の頑張りは認められるべきもの。
けれど、この試合でも問題は解決せず、「足踏み」を感じてしまった。

ユナパレポを読んでも、監督、コーチ陣が、敵を分析できていない訳ではないし、下平を獲得したように、問題点がどこにあるのかを分かっていないわけじゃない。

けれど、それを、チームにどう落とし込んで、ピッチで改善するのか。
それが、できていない。
分かっていても、選手に伝わらなくては。

それはつまり、日々の練習の中で、改善方法を身体に教え込む事が出来ていないとも感じる。「わかっていて、改善できない」もどかしさに、ジェフの問題の大きさを感じてならないのだ。
JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ