昇格も降格も無くなった終盤戦。
ここからは、何故戦うのか、何の為に戦うのか、
答えの無い問いを抱きつつ、
目の前の試合に勝つためにただ全力を尽くす、
自分達自身との戦い。

吹っ切れた気持ちを、ホームのピッチにぶつける選手達の姿がありました。

LINEUP111541323779857
前回、岐阜戦からは守備を中心にメンバー変更。
優也、増嶋、下平がスタメンを飾り、前線は船山を頂点とするゼロトップ。
システムは、4-3-3のアンカーでスタートし、
後半からは、4-5-1のドイスボランチへと変えて、相手の出足を押さえつつ、
ハーフカウンターを狙う采配。

1541345935977
試合は序盤から荒っぽい展開に。
3分に増嶋が受けたイエローカードを端緒に、何枚ものイエローカードが飛び交う展開に。両軍の小競り合いも起こってしまいます。主審がカードで威嚇してゲームをコントロールしようとするタイプだったので、それを意識したプレーが、両軍共に随所に出ます。

主審には、もう少し、カードに頼らないマネジメントを見せて欲しかったのが正直なところ。

ゲームは早々に動きます。
10分、船山のCKに増嶋が頭で合わせて先制。
これまで試合に出られなかった悔しさをぶつける、見事なヘッド。

その後もジェフは、特に左の下平・也真人・船山が絡んで、幾つかのパスを繋げてチャンスを作るものの、崩しても中の枚数も高さも足りず、シュートまでは持ち込めない展開。

反対に徳島は、やや前がかりなジェフの背後を衝こうとシンプルなロングボールを多用。
また、主審の特性を利用して、ファウルを貰ってはセットプレーからもチャンスを伺ったり、キーパーが優也である事を見越して、少しでも前に出ているなら、ミスを狙って遠目からもゴールを狙うなど、状況に合わせた戦いぶり。

ただ、ちょっと気になったのは徳島の出足の悪さ。
これまでの徳島なら、もっと強気なプレスと、枚数をかけた攻撃が見られたのに、この日はなかなかエンジンがかからず。やはり、ジェフと同じモチベーションの問題があったのかも。

展開は変わらず、ハーフタイム。
ジェフは、前半終了間際に鳥海が足を傷めて、エベルトに交代。
そして、後半へ。

IMG_20181104_150438
前述したようにドイスボランチへの変更を行った後半は、20分ぐらいまでジェフが怒涛の攻勢。プレスからボールを奪っては、タテに船山、也真人、矢田、茶島を走らせて、ハーフカウンターからシュートシーンを量産。

しかし、フィニッシャーとなった船山が、どうしても決められない。
この日は、残念ながら、彼の日とはならず。

得点は決められないものの、切り替えの早いカウンターでチャンスを量産したこの20分間は、ジェフとしても、かなりやりたいサッカーが出来た時間帯だったのでは。
課題は、カウンターを発動しても、中に人がおらず、組み立てのし直しになってしまうシーンが多々あったこと。中に、2人、3人が飛び込んできていれば、もう数点入ってもおかしくなかったところ。

良い形を迎えながらも、シュートを決められない船山。
ちょっと雑なシュートも増え出して、エスナイデル監督からは「落ち着け、落ち着け」と、ジェスチャーが飛びます。20分間に、10本ほどシュートを固め撃つも、追加点は得られず。この間、船山のシュートは半数の5本。

嫌な予感が漂う中、徳島は反撃の切り札として前線にウタカを投入。
さすがに、上手い。そしてパワーがある。

25分には、矢田もキーパーとの1対1を決めらず、
そこからカウンターを喰らって、ウタカに狙い澄ましたシュートを撃たれるも、ゲリアが何とか間に合ってクリア。これが決まっていたら、試合の流れが変わっていたかも。本当に値千金のクリアでした。

両軍、駒を変えつつ、1点を狙う接戦に。
ジェフは、時間が経過しても衰えない也真人の運動量に、隙あらば狙ってくる茶島のミドル、そして時間が経てば経つほど冴えを見せるアンドリューの攻撃参加が絡んで、徳島の守備陣をかく乱し、弾かれても、弾かれても、攻勢を仕掛けます。

そうして向かえた、85分。
左の也真人から、中央に攻め残っていた増嶋へ。
増嶋が触って流したボールに、小島がボレーで合わせて、2点目を奪います。

1541345889539
エンブレムにキスをする小島と、
よほど嬉しかったのか、満面の笑みで小島を祝福する船山。
久しぶりに、穏やかな選手達の顔を見ることが出来ました。

そして、試合終了まで、時間稼ぎをすることも無く、攻め続けて、2-0で勝利。
ホッとした空気が、選手達、スタンドを包んでいたのが印象的でした。
ヒーローインタビューに、オブラディ。
もっとたくさん見たかったなあとしみじみ。


今日も、もっと楽に勝てたろうとか、守備の問題とか、思うところはあるものの、
ホームに戻って来て、選手達が、吹っ切れた様子で、戦ってくれていたのが何よりでした。
ヒーローインタビューで増嶋から「ジェフを応援して貰えるように」とありましたし。。。

最後まで普段以上にあらゆるところに顔を出しまくっていた也真人、
奪って、攻め上がって、飛び出して、パワフルなプレーを見せたアンドリュー、
そして、俺が決めてやるんだと、エゴを丸出しにして攻める意志をプレーで示した船山。

彼らをはじめ、もう何も無いこのゲームに、何を表現するのか、
その誇りが垣間見えたゲームでした。
少なくとも、一週間前とは違う、気持ちが伝わって来るゲームでした。

今季も、残り2試合ですが、選手達も、観る我々も、
モヤモヤは全てピッチにぶつけて、戦いきりたいものです。


最後に、今日フクアリまで駆けつけた徳島サポも。
無理をしてまで、フクアリに駆けつけたのは、同じくクラブを思う気持ち、
誇りがそうさせたからだったのでは。
お互い苦しいシーズンになったけれども、来季、もっと上の順位で戦えることを願っています。

JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ