試合の感想を文章にするとき、
終わってすぐにその熱さのままに書いた方が良い試合と、
逆にしばらく時間を空けてから書いた方が良い試合がある。

先日のヴェルディ戦は、後者の試合だった。

この数試合、ジェフが苦しんでいる。
素晴らしい内容を見せたベルマーレ戦で勝てなかった事が、
歯車を狂わし、全ての回転を悪くしてしまっている。

山形戦では、ミスから同点に追いつかれ。
岐阜戦では、出場停止選手が3名出る中で、
新加入のオヘーダを先発させ、連携が乱れ、敗れてしまった。

「流れ」は気まぐれなもので、ほんの少しのきっかけで、
ふっと離れていってしまう。

LINEUP111504947379397

ヴェルディ戦も難しい試合だった。

熊谷が出場停止となり、キムボムヨンも欠場。
ここ数試合でポジションを掴みつつあった溝渕も、前節の出来が影響したのか、
この日はベンチにすら入る事が出来なかった。

対するヴェルディは、好調を維持。
プレーオフ圏内の6位につけている。
ジェフとしては、勝たなくては追いすがれない。
ヴェルディとしては、ここで叩いておきたい相手であった。

試合を通じ、優勢を維持したのはヴェルディだった。
ジェフは、どことなくプレスがぎこちない。
単純なプレスの密度もベルマーレ戦と比べれば薄かったし、
何より厄介だったのが、ヴェルディが、彼ららしい「上手さ」を随所で発揮していた事だった。

例えば、ボールを難しい体勢で受けとった時、
他のチームだったらキープできないようなものを、粘り強く自分たちのボールにする。
チョロチョロ、ガツガツ煩かった安在のように、
1対1で対峙したとき、狭いエリアでもドリブルで抜いて来る小技がある。

そして、さらにゲームを難しくしたのが、
ドウグラス・ヴィエイラと、アラン・ピニェイロの2人の外国籍選手。
この二人にボールが入ると、途端にパワフルになる。

それらが、有機的に絡み合って、ヴェルディペースを作り出していた。
天皇杯での対戦時とは全く違う。

ジェフは、久々の先発となったサリーナスがゲームになかなか入れない。
前線の5人ーーーラリベイ、清武、也真人、矢田までは、スムーズなのだが、
サリーナスのところで、歯車が砂を噛んだように動きが悪くなっていた。
船山を先発から外した選択が、うまくプラスに働かなかった。

前半はゲームが動かず。
ここまで、オヘーダと若狭が先発しているディフェンス陣も、大きな破綻なく無難にこなしている。
そして、迎えた後半。

数少ないチャンスを先にゴールに結び付けたのはジェフだった。
クロスボールからのこぼれ玉がラリベイの足もとに収めると、
狙い澄ましたグラウンダーのシュートを、サイドネットに突き刺した。

後半、サポーター側に攻めるようになり、勢いは増していたが、
これは、ラリベイの嗅覚と技術だからこそのゴールだった。
思わず、「上手い!」と声に出してしまった。

このゴールで勢いづき、ジェフの流れだったのだが、
ヴェルディはすぐさまにドウグラスが同点弾を突き刺し、
さらに、ハイラインのケアの為飛び出したオヘーダの裏にロングシュートを梶川にねじ込まれ、
瞬く間に逆転を許してしまった。

「流れ」をキープできない。
相変わらずなジェフの悪癖に、もったいなさばかりが募る失点の仕方だった。

ヴェルディからすれば、逆転は望外のものだったろう。
やや引いた形で、ゲームを落ち着かせようとする空気を感じた。
篭られると、厄介だ。

ジェフは、65分にサリーナスに代えて大久保を投入。
この交代の時のフクアリの空気がなんとも言えず、奇妙だった。
シーンと静まり返り、サリーナスへも大久保にも、コールが続かない。

みんな、図りかねていたのだろう。
この交代の意味合いを。

大久保は最終ラインに入り、乾と山本真が前にポジションを上げた。
久しぶりに見る3バックだった。守備時にはWBの2人が下がって、5バックのようになっている。
そして、吉凶を窺う前に、その大久保が結果を出してしまう。
点を取って来いとは送り出されていないだろうが、
投入後すぐ、クロスボールをヘッドで叩き込み、同点弾を叩き込む。

そこからは、ホームの声援を受けたジェフがやや押し気味の展開で試合が進むも
負けなければ良いと考えているかのようなアウェイチームは、ゆっくりとゲームをクローズにかかる。
80分過ぎから、交代を小刻みに繰り返し、時間を使いながらジェフの隙を狙う。

反対に、勝たなければ差を詰められないジェフは、81分に指宿を投入。
セットプレーでは、指宿、ラリベイ、乾、近藤、若狭、大久保と180cm以上の選手をずらりと揃え、
時には大久保がロングスローを見せて、パワープレーで1点を奪いに行くも、どうしても1点が遠い。

試合は、ドローで終わった。

内容を振り返れば、ドローで助かったゲームだったとも言える。
試合を通じて、ペースを握ってコントロールしていたのはヴェルディだった。
その一方で、勝って差を詰めたい。どうしても勝ちたいゲームだっただけに、落胆も大きい。

やっぱり、チーム作りは一筋縄に行かないなと改めて思う。
ベルマーレ戦で掴んだきっかけから、拍車が一気にかかるかと思ったけれど、
ミスや、出場停止や、ちょっとした楔で、脆さが顔を出してしまう。

今季も残りは11試合。
プレーオフを窺うには、ここからが正念場。
「3歩進んで、2歩戻る」ような、試合結果が続くけれど、
今季の集大成を残り試合では出しきって、選手も、サポーターも、
今季は良い成長が出来た一年だったと振り返れるように、やりきって終わりたい。

JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ