大分との対戦成績は確かに良い。
けれど、大事なところで壁になって来たのも大分だ。

優勝まであと一歩だった臨海の試合しかり、
記憶に新しい、二年前のプレーオフ決勝の国立しかり。

そして、今日もまた、今季のJ1昇格への生き残りをかけた重要な一戦。
大分は前節松本に敗れ、ジェフ以上に、この試合への気合は強烈なものがあった。
それを、ホームで挫くことが出来るか。

ジェフのスタメンは、リーグ戦のレギュラーメンバー。

−−−−森本−−−−
谷澤−−町田−−幸野
−−健太郎−勇人−−
中村−智−−キム−慶 
−−−−高木−−−−

コートチェンジをされて始まったゲームは、序盤から激しい展開になった。
大分は、徹底してロングボールを前線に送り込む戦術。
その球の出どころの中心になっていうのは、ボランチのダニエル。
屈強なフィジカルだけでなく、ポジションのツボを押さえた守備で、厄介な壁となって立ちはだかる。

対するジェフは、相手のDFウラ狙いと、サイドアタックを併用。
以前よりも明らかに、「前へ」ボールを出す意思がハッキリしていて、
健太郎からのパスや、勇人の飛び出しに、二列目の三人が絡んで攻撃を組み立てる。

慌しい展開で始まった前半。
ゲームを動かしたのは、谷澤の一撃だった。
右サイドに流れたヤマトからのボールを中央で上手くコントロールすると、
反転してDFをかわし、GKの頭を抜くループシュート。

先制したジェフと、追いかける大分。
お互い、チャンスは作るものの、決定的と言えるチャンスはそう多くない。
ジェフは、高木を中心とした守備陣が、今日も集中して守っており、 
攻め込んでもいたので、二点目が欲しいところだったが、前半はそのまま1-0で終了となった。

後半。さらに大分のペースは上がる。 
交代のタイミングもジェフよりも早く、より一層、ダニエルを中心とした守りから、
手数をかけずに前線にボールを放り込んでくる。
単純だが、何度もやり続けられると、じわじわとダメージが蓄積する。

特にジェフは連戦。よく頑張ってはいたが、フィジカルでは、大分の方が優勢の状況下、
時間と共に運動量が落ち、サイドが高い位置を保てなくなっていく。

跳ね返しても、前でキープができず、ボールがすぐに戻ってくる。
余裕の無いバックパスが増え始め、そこを大分が狙ってくる。

そんな最中、接触プレーで、GK高木が頭を負傷してしまう。
傷から血が出ているのか、なかなかプレーを再開できない。
5分以上は治療していただろうか。
ゲームにぽっかりと、大きな時間的な穴が開く。

ゲームが再開して、ジェフも交代のカードを切り始める。
1枚目は、勇人から大岩。
慶をボランチに上げて、サイドと中央の守備の強化をはかる。
大岩は、副将らしく、プレーだけでなく、大きな身振りでラインを上げろと指示を飛ばす。

これで落ち着くかと思ったが、ポジションを変えた慶が、ミスパスをダニエルに渡してしまい、
絶体絶命のピンチ。やられたと思ったが、ダニエルが外してくれて、何とか事なきを得る。

ジェフはさらに、幸野に代えて井出のカードを切る。
ロスタイム直前、その井出が中央に踊り込んで、強烈な左足シュートを放つ。
決定的な追加点になるかと思ったが、わずかに枠を外れて、お互いに決定機をモノに出来ない。

そのプレーのすぐ後。
ジェフの左サイドでボールを受けた大分FW為田が、切れ込みながら、
角度の無いシュートを放つと、これが絶妙なコースに決まって、ロスタイム間近で同点とされてしまった。
沸き立つ大分のゴール裏、意気消沈しながらも、奮い立とうとするジェフの選手たち、スタンド。

そして、それは、唐突にやって来た。
中央でボールを受けた健太郎から、ペナルティエリアの少し外側に居た森本にタテパスが入る。
絶妙なトラップで追いすがる大分のディフェンスを引き剥がすと、
身体を捻りながら、全体重を乗せた強烈な左足シュートを放つ。

一直線に飛んだボールは、大分のGKの手を弾いて、勢いを殺すことなく、ゴールネットに突き刺さった。
静まり返る大分のゴール裏。それだけの威力のある、鮮烈な一撃だった。
大分の守備とか、何もかもを無効化する強烈な個の力。
ストライカーのストライカーたる所以、そのもののようなゴールだった。

かつて、「怪物」と言われたのは、だからか。
まざまざと。そして、ようやく見せつけてくれた。 

ロスタイムは7分。
大分は、それでも最後まで攻め込んできた。
けれども、こちらも必死に守りを固める。
長い長いロスタイムがようやく終わり、そして勝利をもぎ取る事が出来た。

これで三連勝。順位は五位のまま。
しかし、とてつもなく大きな勝ち点3だ。

何よりフクアリで、久しぶりにこう言う熱くなる試合を見ることが出来た。
最後のゴールだけでなく、90分を通じて、選手の運動量、執着心、前へ出る姿勢が変わってきていると感じる。
シーズン最終盤に来て、今季最高の状態になりつつある。

選手達が口々に言っていたように、まだ五試合が残っている。
そして、ジェフは、自動昇格には遠く及ばず、プレーオフ進出を守れるかどうかという位置でしかない。
それを肝に銘じて、目の前の戦いに挑むのみ。
その為のサポートをするのみだ。

次は群馬。一人でも多く現地で声援を。

JEFSPIRIT.com BBS(掲示板)へ